不要になったエアコンの破棄方法を徹底解説

エアコンはそのまま不燃ごみとして出すことのできないゴミです。不要になったエアコンは適切な破棄をする必要があります。破棄方法を間違えてしまうと不法投棄とみなされてしまう恐れがありますので、正しい破棄方法にてエアコンを処分しましょう。

エアコンの処分は家電リサイクル券必須

エアコンはそのまま処分することができない家電です。家電の中でも特に家電リサイクル法に従って廃棄する必要のあるものです。この家電リサイクル法により廃棄方法が定められているのはエアコンの他、テレビ、冷蔵庫、洗濯機です。これらは家電4品目と呼ばれ、リサイクル料金を支払って廃棄する必要がある家電です。

 

このリサイクル料金を支払うためのものが家電リサイクル券と呼ばれるもので、この家電リサイクル券がないエアコンは処分できません。家電リサイクル券は郵便局にて購入することができます。購入した家電リサイクル券に廃棄するエアコンの情報を記載、その後料金を支払うという仕組みです。

 

エアコンの場合はおよそメーカー等で異なりますがおよそ1,000円前後です。

エアコンの処分方法一覧

 

・購入店にて引き取り依頼

エアコンを買い替えによって処分する必要がある場合、購入店にて古いエアコンを処分してもらうことができる場合が多いです。この場合は購入店にリサイクル料金を支払い処分することになります。

 

・販売店に引き取り依頼

買い替えではない場合も処分するエアコンを購入した店でエアコンの引き取りを実施している店舗もあります。事前に問合せをしてからエアコンの破棄を依頼するようにしましょう。

 

・粗大ごみとして自治体の指示に従い処分

エアコンは自分自身で処分することもできます。処分費用や処分方法は各自治体により異なりますので、必ず自治体の公式サイトを確認する必要があります。一般的には事前に回収センターに依頼の連絡をし、家電リサイクル券を張り付けたエアコンを指定された日時に指定された場所に置いておくことになります。

 

・不用品回収業者へ依頼する

不用品回収業者に依頼しエアコンの回収を行って貰う方法です。自分自身でエアコンを運び出す必要がないというメリットがありますが、運搬料等が別途発生しますので注意してください。

 

・指定取引所へ持ち込み

自治体に回収を依頼せずとも自分自身で指定引き取り所に持ち込むことで処分することも可能です。指定引き取り所により事前連絡が必要である場合もあります。自分自身で家電リサイクル券を購入し、指定引き取り所へそのまま処分を依頼する方法です。リサイクル料金のみで処分することができますので、一番安い料金で処分することができる方法です。ただしエアコンを自分自身で取り外さなければならないなど、専門的知識がない場合には手間もかかります。

 

・買取業者へ買取依頼を行う

エアコンは大きな破損がなく製造年から10年以内のものであれば買取をしてもらうことができることが多いです。製造年が新しいものに比べ値下がり率は高いですが、処分する際に費用が掛かりますので、たとえ1円でも買い取ってもらえるのであれば買い取ってもらう方がお得です。

 

エアコンの処分はこのように必ずリサイクル料金が発生する仕組みになっており、細かく廃棄方法が定められています。たとえ細かく分解してしまった場合でもエアコンはエアコンですので回収してもらうことができませんので注意してください。知らずにそのまゴミ捨て場に捨てた場合でも不法投棄とみなされてしまうこともありますので、必ず正しい手順に従い廃棄するようにしてください。

 

捨て方が分からない場合には各地自体に問合せを行いましょう。エアコンの捨て方が分からないと伝えれば粗大ごみの処分方法について詳しく説明してもらえるはずです。

 

 

タイトルとURLをコピーしました