家財買取!電子ピアノには売却可能年数があるって本当?電子ピアノの買取査定

一世代前では、電子ピアノと言えばキーボードのような簡単な作りのもので値段も比較的安価なものばかりでしたが、ここ十数年の間にまるでピアノのような電子ピアノが続々と誕生しています。クオリティの上昇と同じように、電子ピアノの販売価格は上がっており、30万円を超すものも珍しくありません。子供の習い事のため、自分の趣味のためと購入した電子ピアノが自宅に残っているのであれば、ぜひ買取査定を依頼しましょう。

 

電子ピアノには売却可能年数がある?

電子ピアノの売却を検討し始めると目にするのが、【古い電子ピアノ】は売ることができないという内容の記事です。【古い電子ピアノ】は、電化製品と同じく買取不可になることが多いと噂されていますが、実際のところ古い電子ピアノは買取不可なのでしょうか。

 

結論から言えば、古い電子ピアノでも売却できないということはありませんが、10年を超えるものは不具合が多く買取できないことがあります。電子ピアノに限らず多くの家財では、あえてアンティーク調を意識したものでなければ、古いものより新しいものの方が売れやすいです。そのため電子ピアノも同様に、比較的新しいものの方が買い取り査定額が高くなりやすい傾向にはあります。

 

電子ピアノの仕組みを理解している方であれば電子ピアノが電子機器であることは理解しているでしょう。10年経過すると、なんらかの不具合が生じてくる可能性が高いです。そのため10年前の電子ピアノである場合、高級ラインの製品や鍵盤の沈みや汚れ傷が一切ないような状態のものをのぞき買取が行われにくくなるのは確かです。

 

10年以上前のものだからとあきらめてしまう前に査定を依頼してみることをおすすめします。その場合には取扱説明書等、付属品を取り揃えておくと良いでしょう。

 

電子ピアノの買取相場額を知りたい場合

電子ピアノ買取専門店もあるほど、電子ピアノの売買は多く行われています。そのため電子ピアノの場合はおおよそのかいとり相場価格を知ることができると言えるでしょう。ピアノ本体に貼り付けられている製造シールにあるモデル番号と記載されている製造年月日を入力することで、ネットでも簡単に買取価格相場を調べることができます。

 

大手メーカーの製品であれば、多少製造年月日が古くても情報を収集できるはずです。電子ピアノはここ数年非常にサイクルが早く次々新商品が誕生していますので、入力間違いには注意してください。

 

買取価格相場はあくまで保存状態が良い場合のものが記載されていることが多いですので、保存状態が非常に良いと感じるもの以外は、そこから少し買取額は下がると考えられます。また注意したいのが買取価格相場として表示された金額がいつ発表されたものであるかです。せっかく〇〇円で売却できると思って査定を依頼したのに、それは数年前の買取価格相場で現在は買取不可の製品だったということもあり得ます。

 

電子ピアノを売却する際は取扱説明書や付属品を取り揃え、長く利用していなかった場合はホコリのケアなどを怠らないようにしてください。また素人目でも分かるような鍵盤の沈みなどがないかも自分自身で確認しておくと良いでしょう。できるだけ高く売却するためには、こうした見た目のケアも大切です。

 

特に忘れてしまいがちなのがペダルのケアですので、ペダルもしっかりケアするように注意してください。

 

では実際にどれくらいの価格で売却できるのかということですが、電子ピアノは1年でその価値が購入金額の半額ほどになると言われています。仮に30万円で購入した電子ピアノであれば15万円になるというわけです。そこからは緩やかに価値が減少していくと言われています。

 

ピアノに比べて価値が減少していくスピードが大きく、最終的には壊れていない場合も買取不可になってしまうのですから、この違いを理解して売却するよう心掛けておきましょう。電子ピアノは電子機器であると考えると納得の買取価格になるものです。

 

電子ピアノの売却を考えている場合

電子ピアノの売却を考えている場合、やはり複数業者に買取査定を依頼することをおすすめします。買取価格相場がある程度定まっているとは言え、やはり業者により買取価格は異なります。特に買取不可となった電子ピアノの場合は他の業者にも査定を依頼してみることが大切です。

 

10年経過したら買取出来ないなどと明確なルールがあるわけではないため、買取を行っている業者も存在するかもしれません。電子ピアノを処分するのは大変ですから、できる限り買い取って貰える業者を探すことをおすすめします。買取査定は無料で行っている業者も珍しくはありませんので、時間がある場合にはぜひ複数業者に見積もりを依頼してみましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました