電化製品の破棄はお金がかかる?家電リサイクル法による家電4品目

不用品記事

サービスカテゴリー

電化製品は大きくて重くて捨て辛いから大変と考えている方が多いでしょう。実は電化製品は大きくて重くて捨て辛いだけのものではありません。正しい処分方法が定められている廃棄物となりますので、そのままゴミ置き場に捨ててしまうことはできないのです。

 

家電リサイクル法による家電4品目とは?

家電リサイクル法による家電4品目の前に、家電リサイクル法とは何か?を知っておくべき必要があります。家電リサイクル法とは、家電製品をリサイクルし廃棄物を減らし資源を有効活用するために作られた法律です。正確には特定家庭用機器再商品化法と言うもので、2001年4月から施行されています。

 

簡単に言えば、リサイクルに使うのでゴミとして処分しないようにという意味です。

 

この家電リサイクル法は4品目に適用されています。それが家電4品目と呼ばれるもので、エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機です。これらは粗大ごみとして捨ててしまうと違法になりますので注意しましょう。

 

エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機を処分する際には、購入した店で引き取りを依頼し処分する方法、指定取引所に持ち込む方法、売却する方法があります。

 

 

家電リサイクル法により定められた家電4品目は破棄にお金が必要

家電リサイクル法により家電4品目は破棄する場合にはお金が必要になります。リサイクル料金と運搬料です。リサイクル料金は家電の種類だけではなく購入した時期によっても異なるものですので注意しましょう。

 

ブラウン管テレビ(15型以下)の場合は1,296円から、170L以下の冷蔵庫の場合は3,672円からです。さらにエアコンの場合は972円からとなっており、洗濯機の場合は2,484円が最低でもリサイクル料金として必要になります。

 

別途、廃棄するための運搬費が掛かります。自分自身で取引所にて回収を依頼する場合には運搬費は掛かりませんが、ヘルメット着用を義務としている取引所もありますので十分にご確認の上で回収を依頼しましょう。

 

家電4品目を破棄する場合にはリサイクル料金+運搬料が必要になるということは必ず頭に入れて置いてください。

 

 

家電4品目の破棄方法の種類

家電4品目の破棄方法について詳しく説明していきます。

 

・新規買取店での引き取り

エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機を家電量販店などで新たに購入することで今利用している家電を引き取ってもらうことができます。リサイクル料金分を新規購入家電の価格から割り引いてくれるなどサービスを行ってくれるところもあるようです。

 

新しい家電を搬入する際に回収してくれることが多く、自宅で面倒な手続きを行わずに破棄することができます。

 

・購入店に引き取り依頼

家電を購入したお店に引き取りを依頼するという形の破棄方法です。家電4品目の引き取りについてはルールが定められていないため、お店によ引き取り手続きの形は異なります。郵送することもあれば、引き取りに来てくれることもありますし、お店まで自分自身で運搬するケースもあります。

 

・指定取引所に回収依頼

指定取引所へ自分自身で破棄する家電を持ち込む方法です。指定取引所ごとにルールが定められていますので、中にはヘルメット着用義務となっているところもあります。

 

・不用品買取業者へ依頼

不用品買取業者へ引き取りを依頼するという形の破棄方法です。自宅まで破棄する家電を取りに来てくれるのが一般的です。一度に家電を破棄してしまいたい場合や、引き取り依頼でご自身で運搬が必要だけれど持ち運ぶことができないケースの場合おすすめです。

 

 

悪徳業者に注意し正しい処分を行おう

家電4品目は特に無許可の違法悪徳業者に注意するよう環境省からも注意喚起の呼びかけが行われています。無許可の廃品回収業者や不用品回収業者では、不法投棄を行ったり、誤った方法で家電を破壊し有毒物質が放出されてしまったりという危険があるのです。

 

また高額請求によるトラブルも増えていますので注意してください。業者により運搬費は自由に設定されていますので、破棄費用が業者ごとに異なるということに関しては問題ありません。

 

しかし相場料金を知らない方が多いことを良いことに、法外な請求が行われたり、無料回収と聞いていたのに料金が必要になったりするような悪徳業者がいるようですので十分にご注意ください。

 

 

・エコスマイリーでは、遺品整理にて出た不用品は法令を遵守し、回収・処分のお手伝いを行なっております。

・不用品は全てをゴミとして扱うのではなく各リサイクル品や資源(有価物)、一般ゴミと分別して、全て廃棄処分するより地球環境にとっても、お客様がお支払いするトータルコストの面においても最良の方法にて回収処理させていただきます。資源項目:木類・衣類・金属類・家電類・プラスチック類ガラス類・陶器類・その他輸出可能品類※上記項目以外は一般ゴミとしての委託処理しております。

不用品記事
エコスマイリー
タイトルとURLをコピーしました