新宿区でオフィスゴミを捨てるには?全て処分は有料?

新宿区でオフィスのゴミ 不用品記事

サービスカテゴリー

新宿区でオフィスゴミを捨てたい場合、どこに捨てれば良いか、そしてどんな分別が必要かご存知ですか?

各地域によって粗大ごみの捨て方も異なりますので、それぞれの方法を理解しておかなければいけません。
新宿区のオフィスゴミの捨て方を紹介します!

新宿区でオフィスゴミはどのように分別するの?

新宿区で大型ゴミが発生した場合、下記に該当するものは粗大ゴミ扱いになります。

「一辺の長さが概ね30cmを超える家具、電化製品、寝具など」

例えば、オフィスのデスクや椅子なども30cmを超えるものばかりですから、粗大ゴミ扱いです。
ただし、30cmを超えるものすべてが粗大ゴミとなるわけではなく、自転車やピアノ、タイヤなどは専門業者での回収が必要になります。

そういったものは管轄の清掃事務所、清掃センターに連絡して引き取ってもらう必要があります。

・新宿清掃事務所
・歌舞伎町清掃センター
・新宿東清掃センター

また、パソコンやモニターは家電リサイクル法の観点からリサイクル品としての回収、または廃棄が必要です。
新宿区の粗大ごみ受付センターでは出すことができないので注意しましょう。

パソコンやモニターは購入店舗、または家電量販店で引き取り可能なところがあります。

新宿区のオフィスゴミは全て有料

新宿区で排出される粗大ゴミ以外のオフィスゴミも全て有料対応になります。
新宿区専用の有料ゴミ処理券(シール)がありますので、それを事前に購入し、ゴミに貼り付けましょう。

例えば事務所に飾られていた陶器、鏡、プラスチックゴミなどすべて有料対応。
新宿区では、ゴミの大きさによって貼るシールが変わります。

有料ごみ処理券料額表
特大・70L相当(プラ専用) 1セット5枚(1枚532円) 2,660円
大・45L相当 1セット10枚(1枚342円) 3,420円
中・20L相当 1セット10枚(1枚152円) 1,520円
小・10L相当 1セット10枚(1枚76円) 760円

参考書や新聞、カタログなども全て有料対応で、本の場合は10cmにつき10リットルのシールを1枚貼ることが義務になっています。
事務所のゴミが多い場合は数万円、数十万円かかってしまうことも想定しておきましょう。

新宿区でオフィスゴミの低コストで処分するには

「オフィスゴミをまとめたら思いの外、シールをたくさん貼るはめになってしまった」、というケースもよくあります。

新宿区でオフィスゴミ

もし想定していた額よりも大きくなりそうなら弊社にご相談ください。
弊社では法人向けオフィスゴミ回収サービスも行っています。

燃えるゴミだけでなく、事務用品や家具、インテリアなどありとあらゆるものまで回収可能です。
物によっては買取をして、現金に換金する事も可能。
その分回収費を抑えることができますので、ぜひ見積もりだけでもご検討ください。
見積もりは無料対応しています。

・エコスマイリーでは、遺品整理にて出た不用品は法令を遵守し、回収・処分のお手伝いを行なっております。

・不用品は全てをゴミとして扱うのではなく各リサイクル品や資源(有価物)、一般ゴミと分別して、全て廃棄処分するより地球環境にとっても、お客様がお支払いするトータルコストの面においても最良の方法にて回収処理させていただきます。資源項目:木類・衣類・金属類・家電類・プラスチック類ガラス類・陶器類・その他輸出可能品類※上記項目以外は一般ゴミとしての委託処理しております。

不用品記事
エコスマイリー
タイトルとURLをコピーしました