自力でソファを処分するための費用!不用品回収業者に依頼した場合と比較

不用品記事

サービスカテゴリー

ここではソファ(2人掛け以上のもの)を自力で処分した際にかかるおおよその費用と不用品回収業者に依頼した場合のおおよその費用を比較検討していきます。ソファは自力で捨てる際にも処分費用がかかることを覚えておきましょう。

 

ソファを処分するための費用は住んでいる地域によって異なる

ソファ(2人掛け以上のもの)は粗大ごみに分類されます。粗大ごみは住んでいる地域の自治体により取り扱いが異なりますが、必ず処分費用が発生する点は同じです。例えば葛飾区ではソファ(2人掛け以上のもの)を処分する場合には、集荷場所を利用する場合2,000円、自分自身で粗大ごみ受付センターまで持ち込むと1,000円かかります。

 

これが品川区では集荷場所を利用する場合1,400円、自分自身で処理場へ持ち込むと700円かかることになり、新宿区では1,200円かかります。このように同じソファであっても処理手数料は住んでいる地域によって異なるものなのです。

 

東京23区の場合ではソファ(2人掛け以上のもの)を自分自身で集荷場所を利用し処分する場合には、およそ1,500円前後の費用がかかります。

 

異なるのは料金だけではありません。住んでいる地域により処分方法が異なります。基本的に電話受け付け後、処理手数料分のシールを貼り指定された日時に指定された場所においておくというものですが、必ず各地自体の公式ホームページの情報を確認してください。

 

ソファを不用品回収業者に回収依頼した際の費用

ソファ(2人掛け以上のもの)を自力で処分しようとすると、東京23区の場合では平均して1,500円程度の費用が必要となることが分かりました。では、不用品回収業者に回収を依頼した場合にはどの程度料金がかかるのか見ていきたいと思います。しかしその前に理解しておいて欲しいのは、不用品回収業者での不用品回収費用は一律に定められているものではないということです。つまり、依頼する業者により回収費用は異なります。

 

不用品回収業者へ依頼した場合では6,000円から12,000円程度の回収費用が必要になります。不用品回収業者は運搬費が掛かりますので、複数の不用品を回収してもらう場合は割安になりますが、1点のみの場合ではこのような回収費用設定にしていることが多いようです。

 

費用だけ考えると自力で処分した場合は1,500円で済みますので、4倍から8倍ほどの費用が発生することになります。

 

 

ソファを不用品回収業者に回収依頼するメリット

自力で粗大ごみとして捨てることのできるソファを高い費用を払い不用品回収業者へ回収を依頼するメリットはあると言えるのでしょうか。実は以外にも不用品回収業者へ回収を依頼することでメリットを感じられる方は多いです。

 

ソファを不用品回収業者に回収依頼するメリットは次の通りです。

 

・自宅からソファを運び出してくれる

・連絡後すぐに処分できる可能性が高い

・買取が可能になることがある

 

まずソファを不用品回収業者に回収依頼するメリットとして1番大きいのは、自宅からソファを運び出してくれるということでしょう。自力で粗大ごみとして捨てる場合、自分自身で集荷場所までソファを運んでいく必要があります。一軒家の場合は自宅前まで運び出すことが多く、その移動距離は少ないです。しかしアパートやマンションに住まわれている場合では集荷場所まで運び出さなくてはなりません。

 

ソファは想像以上に重いです。またサイズの関係上、1人で運び出しにくく人手が必要になります。自力でソファを処分する場合で集荷場所を利用する場合は細かく時間設定もされていますので、捨てために運び出すのは重労働です。

 

しかし不用品回収業者であれば自宅からソファを運び出してくれますので、自宅に居ながら簡単にソファを処分してしまうことができるのです。

 

続いて連絡後すぐに処分できる可能性が高いというものですが、粗大ごみとしてソファを捨てる場合、混雑している際には2週間ほど捨てるのを待たなくてはならないことがあります。引っ越しなどで時間的余裕がない場合では、不用品買取業者へ連絡し当日そのまま処分してもらうこともできますので便利です。

 

そして最後の買取可能になることがあるというものですが、実は不用品回収業者の多くは不用品の買取も実施しています。回収の前に買取査定を依頼すれば費用が発生しないばかりが、収益を得ることができる可能性もあるのです。

 

このように費用のみを比較すると自力で処分した方がお得であるソファも、処分方法を考えると、不用品回収業者へ依頼した方が便利ということもあります。自力でソファを運び出すことができる方の場合では、やはり自力でソファを粗大ごみとして処分してしまうことにメリットがあります。

 

自分が何を重視するかによりソファの処分方法を考えていきましょう。比較検討する場合に必ず住んでいる自治体の粗大ごみに関する情報や、周辺の不用品回収業者の料金のどちらもを事前に確認しておいてください。

・エコスマイリーでは、遺品整理にて出た不用品は法令を遵守し、回収・処分のお手伝いを行なっております。

・不用品は全てをゴミとして扱うのではなく各リサイクル品や資源(有価物)、一般ゴミと分別して、全て廃棄処分するより地球環境にとっても、お客様がお支払いするトータルコストの面においても最良の方法にて回収処理させていただきます。資源項目:木類・衣類・金属類・家電類・プラスチック類ガラス類・陶器類・その他輸出可能品類※上記項目以外は一般ゴミとしての委託処理しております。

不用品記事
エコスマイリー
タイトルとURLをコピーしました