遺品整理って具体的にどんなサービス?サービス内容まとめ

不用品記事

サービスカテゴリー

遺品整理業者に遺品整理を依頼するかどうか迷われている方の中には、遺品整理業者に依頼することでどのようなサービスを受けることが出来るか分かりにくいと感じている方も多いのではないでしょうか。

 

ここでは遺品整理業者へ遺品整理を依頼した場合、どのようなサービスを受けることが出来るのか詳しく見ていきましょう。

 

 

遺品整理業者のサービス

 

・不用品回収

遺品整理を行っていくうちに不用品の処分が必要になることでしょう。遺品整理業者では遺品整理時に出た不用品の回収を行っています。遺品整理では大型家具や電化製品、衣類、家庭ごみなど幅広い不用品の処分が求められることになるでしょう。

 

現在不用品の処分方法は多様化しているため一度に全部捨ててしまうことは難しいです。遺品整理業者は不用品回収を行える許可を得ていますので、ゴミ処分のスペシャリストでもあります。そのため一度に不用品の処分を依頼することができます。

 

 

・不用品買取

遺品整理を行っていくうちに不要ではあるものの売却できる可能性のあるものが出てくることがあります。電化製品や家具等売れるものは売ってしまいたいと考えている場合、不用品買取を行って貰うことができます。買取査定も行われますので、売りたいものだけをその場で手放すことができます。

 

ただし貴重品や切手コレクション、ブランド品などは専門店に買取を依頼することでより高値でできる可能性があると言われていますので、その場で売却するかどうかは不用品ごとに考えていくべきです。基本的に1つ1つ買取査定額が提示されることが多いです。

 

 

・お部屋のお片付け(分別)

遺品整理を行う場合、必要なものと不要なものを分類していく作業も遺品整理業者にお手伝いしてもらうことができます。例えば、写真は写真にまとめておくことや衣類は衣類で分類するなどお手伝いをしてもらうことができます。また、数ある遺品の中から探しものを行ってくれる業者もあります。

 

・清掃

業者によりどの程度の清掃を行うかどうかは差があるものの、清掃も行って貰うことができます。簡易的な清掃を行う業者から、特殊清掃まで行う業者があります。業者により特徴が異なりますので、事前に確認することをおすすめします。

 

・合同供養

合同供養は行っている業者と行っていない業者があります。合同供養を行っている業者では不要と判断したもののそのまま捨てることのできない思い出の品などを供養した後で処分してくれます。合同供養されるものとして多いのは、写真や日記、愛用していた衣類等です。合同供養を望まれる方は合同供養を行っている遺品整理業者を選びましょう。

 

遺品の供養は自分自身でお寺等に持ち込んで供養することもできます。その場合は、遺品の供養を行っているかどうかを事前に確認する必要がありますので注意しましょう。

 

・寄付

買取不可ではあるもののまだ利用できる製品を海外などに寄付している業者も少なくはありません。食器類や衣類等、いま必要としている方々に利用してもらうことができます。

 

無料で引き取りを実施している団体に自分自身で送ることもできますが、その場で寄付してしまいたいと考えている方は寄付を行っている業者を選びましょう。

 

 

遺品整理業者が行っている主なサービスは上記の通りです。遺品整理業者の中には、上記サービス以外にも特色あるサービスを実施している業者もあるでしょう。また上記内容を実施していない業者もあります。例えば、単に遺品の分類と回収のみを行う業者も存在します。

 

自分自身が求めているサービスはどのようなサービスなのかどうかを確認した上で、遺品整理業者を選ぶことをおすすめします。このようにサービス内容は業者によりやや違いがあるものですので、納得のいく業者を選びましょう。

 

基本的に遺品整理業者は現場にて無料見積もりを実施しています。そのため複数社から見積もりを依頼し、自分自身の予算と希望に合った業者を選びやすくなっていますので、ぜひ複数業者へ見積もり依頼を行った上で利用する業者を選んでください。ひと昔前では遺品整理業者の数は少なく、選ぶことができない状態でした。

 

しかし現在では遺品整理業者の数も増えていますので、安心して依頼できる遺品整理業者を見つけることはそれほど難しいことではないでしょう。しっかり比較検討し、希望に合った遺品整理業者を利用してください。

 

・エコスマイリーでは、遺品整理にて出た不用品は法令を遵守し、回収・処分のお手伝いを行なっております。

・不用品は全てをゴミとして扱うのではなく各リサイクル品や資源(有価物)、一般ゴミと分別して、全て廃棄処分するより地球環境にとっても、お客様がお支払いするトータルコストの面においても最良の方法にて回収処理させていただきます。資源項目:木類・衣類・金属類・家電類・プラスチック類ガラス類・陶器類・その他輸出可能品類※上記項目以外は一般ゴミとしての委託処理しております。

不用品記事
エコスマイリー
タイトルとURLをコピーしました