世田谷区で遺品整理やお家片付けをするなら・・・?

不用品記事

サービスカテゴリー

遺品整理やお家片付けをすると、たくさんのゴミが出てきます。
家の中が物で溢れかえり、どこから手を付けたらいいのか分からないという状況になる場合もあるでしょう。
今回は、世田谷区で遺品整理やお家片付けをする時に知っておきたいゴミの分別法などについてご紹介します。

遺品整理やお家片付けで出たゴミはしっかりと分別する

ゴミの分別は、自治体によってルールが異なります。
世田谷区のゴミ分別がどのようなルールになっているか見ていきましょう。

可燃ゴミ

可燃ゴミは、生ゴミや紙くず、衣類、プラスチック類などが対象になります。
中身を目視できる透明もしくは半透明のゴミ袋に入れて出しましょう。

不燃ゴミ

不燃ゴミは、小型の家電製品や鍋、やかん、金属製品、ライター、スプレー缶などが対象になります。
ライターやスプレー缶は爆発の恐れがあるため、他の不燃ゴミと分けてわかるように捨ててください。

粗大ゴミ

粗大ゴミは、1辺が30cm以上になる布団や家電製品、自転車、家具などが対象になります。
粗大ゴミを出す場合は、世田谷区粗大ごみ受付センターに連絡し、事前に申し込みをする必要があります。
事業者から出た粗大ゴミの場合は、収集はもちろんですが持ち込みも受け付けていないため注意が必要です。

資源ゴミ

資源ゴミは、古紙やガラス瓶、缶が対象になります。
資源ゴミの回収は、地域団体で集団回収を行って資源回収業者に引き渡すことで、リサイクルできます。
報奨金は地域の活動に使えるため、メリットが大きい方法です。

リサイクルできるものはリサイクルへ

遺品整理やお家片付けで出たゴミや不用品の中には、世田谷区で回収できないものもあります。
そのようなものは、リサイクルに出すなどの工夫が必要になります。
では、世田谷区で回収できない不用品には何があるのか見ていきましょう。

パソコン

パソコンは、製造メーカーが回収し、リサイクルすることが義務となっています。
自作のパソコンであったり、メーカーがわからなかったりする場合は、一般社団法人パソコン3R推進協会に申し込みをしましょう。

家電製品

家電リサイクル法の対象になるエアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機の4つは、家電リサイクル受付センターに申し込んで処分をする必要があります。
収集料金や運搬料金、リサイクル料がかかります。

リサイクルできるものはリサイクルショップなどへ

不用品の中には、リサイクルできるものもあります。
リサイクルショップや不用品買取業者であれば、不用品を現金化できるのでおすすめです。
夜でも受け付けているエコスマイリーであれば、都合の良い時に問い合わせができるのでぜひチェックしてみてください。

・エコスマイリーでは、遺品整理にて出た不用品は法令を遵守し、回収・処分のお手伝いを行なっております。

・不用品は全てをゴミとして扱うのではなく各リサイクル品や資源(有価物)、一般ゴミと分別して、全て廃棄処分するより地球環境にとっても、お客様がお支払いするトータルコストの面においても最良の方法にて回収処理させていただきます。資源項目:木類・衣類・金属類・家電類・プラスチック類ガラス類・陶器類・その他輸出可能品類※上記項目以外は一般ゴミとしての委託処理しております。

不用品記事
エコスマイリー
タイトルとURLをコピーしました