実家の要らなくなった不用品は簡単には捨てられない!正しい処分方法は?

不用品記事

サービスカテゴリー

自身が生まれ育った場所ではあるものの、すでに自分の家ではなくなってしまったとなる実家の空き家状態は、今後多くの人が直面する問題だと言われています。
この記事では空き家問題で困ることとされている、不用品の処分方法をご紹介していきます。
空き家状態の物の処分に悩んでいる方はぜひご覧になって下さい。

不用品には容易に捨てられないものがある

家庭に多くあるとされている処分品の中には、簡単に捨てることができない物がいくつかあります。
多くの家具は粗大ごみとして自治体に依頼すれば処分することが可能になっていますが、家電となるエアコンやテレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機などは特定家庭用機器廃棄物となり処分という捨て方が勧められていません。
家電リサイクル法という経済産業省が制定した法律もので家電はリサイクルすのが一般的となっており、使わなくなった家電から再利用できる一部分を取りだし材料や資源として有効活用し廃棄量を減らすことにつなげる活動が行われているのです。
そのため、家電は容易に捨てることができず、多くの人が悩みに悩んでしまうことでしょう。
家電を処分するためにはリサイクルショップに引きとってもらうことや、オークションに出品することなどが挙げられます。
リサイクルショップに引き取ってもらう場合には、家電の種類や状態によっては買取可能となるものも多いです。
そして買取を行うリサイクルショップによっても付けられる値段が変わってくるので、少しでも高値で引き取ってもらおうとしているのであれば、数店舗で見積りを行ってもらうことをおすすめします。
見積り依頼時は自分で店まで運ぶことが必要ですが、業者によっては店舗までいかずに出張査定を行ってくれる業者もあります。
オークションの場合には、ネットに掲載して買取人を待つだけなので簡単ではあります。
ただ、取引が決まったら運搬方法をや配送方法を設定する必要があり、大きな家電を配送するとなると双方に大きな負担がかかりやすくなっています。

不用品家電は不用品回収業者を利用するという選択も

あまりにたくさんの不用品で悩んでいるのであれば不用品回収業者を利用するのが良い方法と言えます。
不用品回収業者となればいらなくなった家電だけではなく、家具や食器、衣類などあらゆる物を回収してくれます。
また、不用品はただ回収されるだけではなく値段を付けて引き取ってもらうこともでき、さらには自宅まで取りにきてくれるので売るために1つひとつの物を運んだり、配送準備を行ったりの手間がかかりません。
中でも埼玉を拠点にしているエコスマイリーでは不用品回収の実績が多く評判がいいので、ぜひ利用をおすすめしています。

・エコスマイリーでは、遺品整理にて出た不用品は法令を遵守し、回収・処分のお手伝いを行なっております。

・不用品は全てをゴミとして扱うのではなく各リサイクル品や資源(有価物)、一般ゴミと分別して、全て廃棄処分するより地球環境にとっても、お客様がお支払いするトータルコストの面においても最良の方法にて回収処理させていただきます。資源項目:木類・衣類・金属類・家電類・プラスチック類ガラス類・陶器類・その他輸出可能品類※上記項目以外は一般ゴミとしての委託処理しております。

不用品記事
エコスマイリー
タイトルとURLをコピーしました