新宿区で遺品整理、お家片づけを行い際に気を付けたいポイントについて

不用品記事

サービスカテゴリー

近年多くの方が困る問題として挙げているのが遺品整理やお家片付けです。
多くのごみの処分が必要となる遺品整理やお家片付けではごみを回収する自治体の指示に沿って処分することが大切です。
今回は、新宿区のごみの処分方法について詳しくご紹介していきます。

新宿区が回収できるごみや資源物

新宿区ではごみによって回収する場所を分けることを推奨しています。

ごみ集積所で回収できるごみ

ごみ集積所で回収できるごみについては、燃やすごみ、容器包装プラスチック、びん、缶、ペットボトル、スプレー缶、カセットボンベ、乾電池、金属・陶器・ガラス、古紙があります。
燃やすごみに関しては生ごみや食用油、紙くず、植木の葉や枝、衣類、紙おむつ、ゴム・皮革製品などが含まれます。
ただ、古紙はできるだけ集団回収に出すのを新宿区は推奨しています。
区に住んでいる10世帯以上の集団が回収品目・回収場所・回収日時を決めて古紙を取りに来てくれるので、省資源化のリサイクルとして集団回収にお願いしましょう。

回収ボックスで回収を推奨している資源

ごみの中には回収ボックスで資源として回収できるものもあります。
紙パックや乾電池、使用済小型電子機器、白色トレイ、インクカートリッジにおいては、できるだけ資源として回収することで、ごみの削減につながります。
回収ボックスは店に置いてある回収ボックスにて処分を行いましょう。
また、使用済小型電子機器は特定の窓口にて回収してもらうこともでき、新宿区では新宿中央公園内の環境学習情報センターに専用ボックスを用意しています。

粗大ごみは申込み制

一辺の長さがおおむね30cmを超える家具や寝具、電気製品、自転車においては粗大ごみとして扱われ、集積所や回収ボックスで処分することができなくなっています。
粗大ごみは大型であることから、事前に処分の申込みを行い、回収日に引き取ってもらうという処分が適切な方法になります。
ただし、粗大ごみの中には収集できないものがあります。
家電4品目とパソコン、自動車やオートバイ、タイヤ、ピアノなどは新宿では収拾することが不可能です。
これらは、メーカーやリサイクルショップ、専門業者に処分を依頼する必要があるのです。
回収できない粗大ごみに困ったら、不用品回収業者のエコスマイリーにお願いするのがおすすめです。
エコスマイリーは急ぎの対応もしているため、非常に頼りになる存在なので、ぜひ利用してみましょう。

・エコスマイリーでは、遺品整理にて出た不用品は法令を遵守し、回収・処分のお手伝いを行なっております。

・不用品は全てをゴミとして扱うのではなく各リサイクル品や資源(有価物)、一般ゴミと分別して、全て廃棄処分するより地球環境にとっても、お客様がお支払いするトータルコストの面においても最良の方法にて回収処理させていただきます。資源項目:木類・衣類・金属類・家電類・プラスチック類ガラス類・陶器類・その他輸出可能品類※上記項目以外は一般ゴミとしての委託処理しております。

不用品記事
エコスマイリー
タイトルとURLをコピーしました