気になるパソコンの処分方法!費用をかけずに手放すには?

不用品記事

サービスカテゴリー

かつて、パソコンは地方自治体で「粗大ゴミ」という扱いで回収してもらえました。
しかし、平成15年10月1日からスタートした資源有効利用促進法により、粗大ゴミという扱いでパソコンを収集したり、引き取ったりすることができなくなってしまったのです。
そこで今回は、粗大ゴミとして出せないパソコンを捨てるにはどうすれば良いのか、処分方法や買取額が高くなる基準、高値で買い取ってもらうために知っておきたいポイントについてご紹介しましょう。
パソコンの家具買取・家具回収を検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。

使わなくなったパソコンはどうやって処分する?

パソコンを捨てる前に、行わなくてはならない準備があります。
まずは、捨てる前に必要な準備から解説していきましょう。

処分する前にしておくこと

パソコン処分の前に、データの移行とバックアップ、データの消去、廃棄方法を選ぶ必要があります。
データの移行とバックアップは、新しいパソコンにこれまでのデータを移すために行われます。
音楽ファイルや写真データはうまく移行できないケースも少なくありませんが、引越しツールなどを活用すれば簡単にデータの移行とバックアップができるので試してみると良いでしょう。
新しいパソコンへ移す必要がないデータは、DVDに焼いたり、クラウドサービスを利用してバックアップを取ったりすると、後々必要になった時でも安心です。

残っているデータは消す

パソコンには膨大な量のデータが入っています。
不要なデータはゴミ箱にドロップしたり、USBやDVDにフォルダを移したりしても実はデータ自体が消えることはありません。
また、パソコンの中には個人情報もたくさん入っているため、消さないまま捨てると悪用されるリスクも考えられます。
手放したいパソコンを何者かが使い、保存されていたIDなどを不正に利用されれば、商品の購入や銀行振り込みなどもできてしまいます。
そのため、データは必ず全て消してから捨てるようにしましょう。
誰かに譲る場合も、データの削除をしておかないと予期せぬトラブルに発展する可能性があるため要注意です。

処分方法を選ぶ

基本的に自治体で回収してもらえないパソコンは、メーカーや家電量販店、家具買取・家具回収業者に依頼して処分できます。
依頼する場所によって、有料であったり、処分できる対象のパソコンが違ったりします。
また、中にはデータの削除まで行ってくれる業者もあるため、処分にかかる費用などをしっかりと確認しておきましょう。
家具買取・家具回収業者に相談すると、不要になったパソコンが手間をかけずに手放せるため、お得に処分したい人には最適な方法と言えます。

パソコンの処分にはいくつかの種類がある

前述したように、パソコンの処分方法にはいくつか種類があります。
どの方法が手軽で、自分に合っているのか見極めていきましょう。
続いては、処分する方法にはどのような種類があるのか詳しく見ていきましょう。

パソコンを再利用している企業に依頼する

パソコンを再利用している企業の場合は、どのメーカーや自作であっても無償で回収となります。
最も簡単に処分できる方法なので、活用したことがある人もいるでしょう。
基本的に回収してもらえるのですが、ブラウン管モニターや液晶などの種類で処分できないものがあるという点は注意が必要です。
再利用している企業に処分を依頼するとデータの削除まで行ってくれます。
また、HDDを破壊して使えないようにもできるため、自分自身でデータを消す必要がありません。

メーカーに依頼する

使わなくなったパソコンはメーカーに回収してもらうことも可能です。
再利用している企業と同じように、データ削除が可能なのも魅力の1つです。
メーカーの場合は、リサイクルマークが付いているパソコンであれば無料で回収してくれます。
なぜ、メーカーは無料で回収してくれるのでしょうか?
実は、リサイクルマークがついているパソコンを無料回収することで、メーカーに対する安心感を高めるための資源化実績として情報を公表しているのです。
メーカーにとってもメリットがあるため、無料で実施されています。
ただし、リサイクルマークがついていない場合は料金が約3,000円かかってしまうので気を付けましょう。
また、他メーカーのパソコンを回収できなかったり、1台ごとに申請する必要があったり、予想以上に手間がかかるケースもあるなどのデメリットがあります。

家電量販店に依頼する

家電量販店でも回収・処分が可能です。
新しいパソコンを買う場合は、下取りとして扱ってもらえる可能性があります。
下取り扱いになると値引きになるため、お得に新しいパソコンを買えるでしょう。
下取り価格は、1万円程度になるケースもあるため、新しいモデルに買い替える場合はかなりメリットが大きい方法です。
下取り扱いで新しいパソコンを買う場合は、データの移行までサポートしてくれる家電量販店もあります。
予め、どこまでサポートしてくれるのかも確認しておくと良いでしょう。
しかしブラウン管モニターなどは回収してもらえません。
そのため、自身が持っている型でも回収可能かどうか、事前に確認してください。
下取りは新しいパソコンを買うことが条件になるため、回収してもらうだけでお金になることはありません。
データ削除は、家電量販店によってできるところとできないところに分かれています。
データ削除が可能な場合でも、不安な人は自分自身でデータを消しておきましょう。

家具買取・家具回収業者に依頼する

自分で処分するのが面倒だと思っていたり、正しい処分方法が分からなかったりする人の場合は、家具買取・家具回収業者への依頼がおすすめです。
使わなくなったパソコンを捨てるのであれば、インターネットなどを使って検索し、専門業者を探してみてください。
家具買取業者の場合は、無料で使わなくなったパソコンを手放せるだけではなく、現金を手に入れられる可能性があるというメリットがあります。
買取査定はWebで見積もりを出せる業者が多いので、見積もりを比較して業者を選ぶと満足度が高い買取額になるでしょう。
ノートタイプはもちろんですが、モニターと一体になっているタイプやデスクトップタイプも買い取ってくれる業者がほとんどなので、家具買取・家具回収業者への依頼は魅力的な方法です。
データ削除に関しては、個人情報の漏洩を防ぎ、企業の信頼度を高めるためにしっかりと行っている業者が増えています。
それでも心配な人は、自分でデータを消しておくと良いでしょう。

パソコンの買取額が高くなる基準とは?

パソコンを家具買取業者に売却するのであれば、できるだけ高値で買い取ってもらいたいと思うはずです。
高値で買い取ってもらいたいと思っても、パソコン査定の基準が分からないという人も少なくありません。
そこで続いては、パソコンの買取額が高くなる基準についてご紹介しましょう。

Windows10が乗せられている

Windowsのパソコンは、Windows10が乗せられているかどうかで査定額が変動します。
Windows10が乗せられているパソコンの中でも、Windows7からアップデートしたものは査定額や買取額が低くなる傾向があります。
なぜなら、Windows7の時代に購入したパソコンで、古いモデルだと判断されてしまうためです。
具体的には、2015年7月以降に販売されたモデルの買取額が高くなりやすいと言えます。
それよりも前のパソコンは、Windows7が乗せられているモデルと見なされ、家具買取業者に売却した場合でも安い査定額を付けられてしまう可能性があると覚えておきましょう。

Macは高く売れる傾向がある

Macは、多くの人が利用しているメーカーです。
圧倒的なブランド力も味方となり、高く売れる傾向があります。
またMacのパソコンは、フォトショップなどを利用する技術力のあるユーザーが多く、Macのファンも少なくありません。
そのため、Windowsと比較すると値段が下がりにくいのです。
旧モデルのパソコンでもスペックがそれなりに高いこともあり、高値を付けてもらえるという点はMacの大きな魅力だと言えるでしょう。

発売されて間もないモデルは高価買取の対象に

パソコンはモデルの入れ替わりも早いですが、発売されてからそこまで時間が立っていないモデルの場合は、高価買取の対象になります。
新モデルとの差も少ないため、新品を買うほどではないけどできるだけ新しいパソコンを買いたいと思っているユーザーには魅力的に見えるものです。
特に、発売されてから1年も経っていないモデルは、高値で買い取ってもらいやすくなっています。
古くなったモデルはただ古いだけでなく、ハードウェアが経年劣化で良くない状態になっていたり、ニーズが少ないため市場価格の相場も低かったりします。
そのため、家具買取業者にとっても買い取るメリットが少なくなり、買取価格も下がってしまうのです。
もしも、発売されたから5年以上経っているモデルの処分を検討している人の場合は、買取に出すよりも下取りに出して新しいモデルのパソコンを買った方が良いでしょう。

付属品も重要

パソコンを買い取ってもらう場合、本体はもちろん重要ですが、付属品の存在も重要になります。
特に、工場から出荷された状態に戻すために必要なリカバリーディスクは、特に重要なので一緒に査定してもらいましょう。
その他にも、ノートパソコンの充電に使用するACアダブダも、なければ使用不可と判断され、買取してもらえない可能性が高まります。
もし買い取ってもらえたとしても、査定額や買取額が大幅に下がってしまうことを覚悟しておいてください。

パソコンを高価買取してもらうために知っておきたいポイント

パソコンを家具買取・家具回収業者に高く買い取ってもらうためには、いくつかのポイントを押さえておく必要があります。
最後に、パソコンを高値で買い取ってもらうために知っておきたいポイントをご紹介しましょう。

見た目を綺麗に掃除しておく

見た目が綺麗になるように掃除しておくと、中古のパソコンでも使いたいと思う人が多くなります。
ノートパソコンの天板、デスクトップパソコンのケースは、綺麗な布で拭いておきましょう。
また、ほこりが張り込みやすいキーボードの隙間もキーボードクリーナーなどを使って掃除しておくとなお良いです。
ノートパソコンにシールを張っている人もいますが、シールは元々ついていたもの以外だと減額対象になってしまうため注意が必要です。
シール剥がしを使って綺麗に剥がしておいてください。

付属品をしっかりと揃えておく

本体だけが査定されるわけではなく、付属品も査定金額に影響を与えます。
充電のために必要なACアダプターやバッテリーはもちろんですが、保証書や各種ケーブル、初期設定ガイドなども一緒にしておくと高値で買い取ってもらえます。
また、初期設定に戻すためのリカバリーディスクや基本的な操作などが書かれているマニュアル、購入に入っていた箱は必ず用意しておいてください。
これらがないと大幅に減額されてしまう可能性が高いです。
もちろん、付属品がなくても買い取ってもらうことはできます。
しかし、査定額や買取額に大きな差が出てしまうため、できるだけ付属品をしっかりと揃えた状態で家具買取業者の査定を受けましょう。

動作確認を忘れずに

パソコンを買取に出す前に、リカバリーをします。
その時に、パソコンの状態をしっかりと確認しておきましょう。
液晶の移りに問題がないかなどをこの段階で確認できていれば、動作にも問題がないことを買取業者に伝えられます。
もしも動作確認をした中で何らかの不調があった場合は、買取業者に伝えておいてください。
場合によっては対処できることもあるので、対処できるものはきちんと対処しておくと買取額を下げずに済みます。

使わなくなったパソコンを粗大ゴミに出せれば処分は比較的簡単ですが、粗大ゴミには出せません。
そのため、自分自身でパソコンを再利用している企業に依頼したり、パソコンメーカーに依頼したりといった方法で処分する必要があります。
基本的に無料で処分してもらえますが、リサイクルマークがついていないパソコンは3,000円の費用がかかってしまいます。
もしも費用をかけずに処分したいのであれば、エコスマイリーのような家具買取・家具回収業者への依頼がおすすめです。

・エコスマイリーでは、遺品整理にて出た不用品は法令を遵守し、回収・処分のお手伝いを行なっております。

・不用品は全てをゴミとして扱うのではなく各リサイクル品や資源(有価物)、一般ゴミと分別して、全て廃棄処分するより地球環境にとっても、お客様がお支払いするトータルコストの面においても最良の方法にて回収処理させていただきます。資源項目:木類・衣類・金属類・家電類・プラスチック類ガラス類・陶器類・その他輸出可能品類※上記項目以外は一般ゴミとしての委託処理しております。

不用品記事
エコスマイリー
タイトルとURLをコピーしました