中央区で不用品を処分する方法とは?家具・家電・不用品は買取・回収業者を活用しよう

不用品記事

サービスカテゴリー

中央区で家具や家電、一部の日用品を処分する場合、一般的なごみでは出せないケースがあります。
地方自治体でごみの処分方法には厳しいルールがあり、それに則って処分しなければなりません。
中央区でも他の地域と同様に細かな指定があるので、ルールを把握していないと処分する際に悩んでしまうでしょう。
そこで今回は、中央区の家具・家電・不用品の基本的な処分方法やお得に捨てる方法を解説していきます。
中央区にお住まいの方は今回ご紹介する内容を参考に、不用品を処分していきましょう。

中央区で不要な家具を捨てる方法とは?

ソファや棚、テーブルやベッドなど、大型の家具は粗大ごみで出すことが可能です。
地域ごとにルールに若干の違いがありますが、中央区では一辺の長さが30cmを超える家具は粗大ごみです。
中央区では解体をしても粗大ゴミとして扱われるので注意が必要です。
出す際は事前に電話で回収を申し込み、粗大ごみ処分券を購入し、それを家具に貼り付けてください。
処理券については、処理券取扱所の標識のあるお店かコンビニで購入可能です。
粗大ごみの種類によって手数料が異なるので、申し込みをする際に確認しておきましょう。
万が一、料金が足りない場合には回収できない可能性もあります。
そして、収集日を迎えたら玄関先など指定の回収場所に置きます。
運搬できる場合は自ら指定ステーションに持ち込みが可能で、券の購入は不要ですが重量に応じて料金の支払いが必要になることがあります。
大型家具を運搬する際は、まず自宅の玄関や窓から出せるかどうか、解体が必要かという点もチェックしておきましょう。
また、中央区では粗大ごみの申し込みをインターネットでも受け付けています。
24時間対応しているため、日中忙しい人も安心して申し込めるでしょう。

不用品交換システム

中央区では、不用品交換システムを採用しています。
「リサイクルハウスかざぐるま」や中央区役所7階環境推進課に設置されている専用のハガキか中央区のホームページでカードをダウンロードし、必要事項を記入し、ポストに投函するかリサイクルハウスかざぐるまに直接持ち込むことで登録ができます。
さしあげます・ゆずります・ゆずってくださいの3種類があり、希望に合う商品があれば電話などで連絡することで取引可能です。
リサイクルにもつながる地球に優しいシステムと言えるでしょう。

家電の正しい処分方法

電子レンジやテレビ、冷蔵庫、洗濯機など大きく重さのある家電の処分に悩む方も多いです。
実は、家電にはリサイクル法が適用されるものとされないものがあり、家具以上に捨て方が難しいのです。

・家電リサイクル法対象の4品目の捨て方

家電リサイクル法にあたる4品目とは、エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機が当てはまります。
ただし、家庭用機器に限られ、業務用機器とそれに関連する付属品は家電リサイクル法の対象となりません。
これらの家電は基本的に購入した家電量販店などに回収してもらうか、郵便局でリサイクル券を買って自治体指定の引き取り場所に持ち込んで処分します。
なお、リサイクル料金は家電の種類やサイズ、メーカーなどに応じて異なり、回収してもらう際は別途で収集・運搬料が発生します。

・4品目以外の家電の捨て方

電話機や携帯電話、ラジオやデジタルカメラ、ゲーム機や卓上計算機、ドライヤーやリモコンなどは小型家電に扱われます。
今までは不燃ごみや粗大ごみで処分されていましたが、貴重な金属を含むため資源の無駄を省くために小型家電リサイクル法が施行されるようになりました。
自治体ごとに回収方法は異なりますが、中央区では回収箱が設置されているので自宅近くにある回収箱へ処分しに行きましょう。
設置場所は、リサイクルハウスかざぐるまや区役所本庁舎、日本橋・月島特別出張所、中央清掃事務所のほかに、毎週土曜は中央区の小学校や銀座中学、日本橋中学に処分することも可能です。
回収箱の投入口は10cm×25cmで、それを超えるものは回収できない仕組みです。
粗大ごみとして処分しましょう。

その他の不用品を処分する方法は?

自宅では家具や家電以外にも、健康器具や楽器、スポーツ用品、スーツケース、テント、ひな人形、観葉植物など不要な日用品も出てくるでしょう。
これらの不用品もどのように捨てれば良いのか悩む方は少なくありません。
ものによってごみのルールは異なるので、一般的にどのような捨て方があるのかご紹介します。

・大きな不用品は基本的に粗大ごみ

サックスやランニングマシン、スキー板など一辺30cmを超える大型の不用品は粗大ごみで処分できます。
ゴルフクラブの場合、大きい上に金属とゴム素材が混合しているので、こちらも粗大ごみで捨てましょう。
テントは基本的に可燃ごみと不燃物に分解しますが、自治体によっては一式丸ごとの処分だと粗大ごみと扱われることになります。
スーツケース・キャリーケースも大きなものになると粗大ごみでの回収が基本です。

・小さいものや分解できるものは一般ごみ

小さな日用品や分解が可能な場合は可燃ごみもしくは不燃ごみで処分可能です。
スキーウェアやスポーツウェアも可燃ごみに含まれますが、新品や状態が非常に良いものは資源ごみで出せます。
粗大ごみになりがちなスーツケースも小型や布製のものや分解して不燃ごみで捨てることが可能です。

・ピアノなど大型楽器は粗大ごみでも出せないケースがある

グランドピアノのような大型楽器は粗大ごみで出せる地域と出せない地域に分けられます。
しかし、実際は回収に対応していない自治体がほとんどで、大型楽器を粗大ごみでは出せない可能性が高いです。
回収を行っていない場合は、不用品回収や楽器専門の買取業者へ相談しましょう。

・人形やぬいぐるみは可燃ごみまたはお焚き上げ

日本人形やフランス人形、ぬいぐるみの処分は自治体ごとにルールが少し違いますが、一般的に指定袋に入れば可燃ごみで出せます。
付属のケースは不燃ごみとなるので、分けて出すようにしましょう。
他にも、神社やお寺で人形とぬいぐるみのお焚き上げを行っているところもあるので、供養という形で処分することもできます。

・観葉植物

観葉植物は土の処分でトラブルが多いです。
自宅の庭などに土を捨てる分は問題ありませんが、他人の敷地や公共の土地などで許可なく捨てるのは不法投棄にあたります。
そのため、処分する際は植物自体と土、植木鉢に分けてそれぞれ適切に処理しなければなりません。
植物は指定ごみに入ればそのまま入れて、可燃ごみで捨ててください。
入らない場合はカットし、束ねて紐で固定し、粗大ごみで出すようにしましょう。
土は自治体で処分方法が異なりますが、中央区では毎週土曜日に中央区にある小学校や銀座中学、日本橋中学において園芸用土の回収を実施しています。
ビニール袋に石や植物、根などを取り除いた土を入れ、持ち込みましょう。
ただし、1日に処分できる量は1世帯で20リットル袋1袋までとなっています。
植木鉢にも種類があるので、種類ごとに処分してください。

このように、日用品はものによって捨て方が変わり、細かい指定があります。
個人で処分する際は、中央区のごみの分類や出し方をよく確認してから捨てるようにしましょう。

使えるものならフリマや譲渡も選択肢に

家具や家電、不用品は捨てる選択をする方が多いと思いますが、まだまだ綺麗で問題なく使えるものになるとごみにするのはもったいないです。
それなら捨てるのではなく、他の人に使ってもらいましょう。
他の人に使ってもらう方法には、フリーマーケットやオークションへ出品、親族や友人、知人に掛け合い譲るという方法があります。

・ネットオークションやフリマアプリのメリット

ネットオークションは以前から人気があり、入札形式で不要な家具・家電・不用品を個人的に売ることができます。
また、フリマアプリも複数あり、気軽にいらないものを売れるサービスが続々と増えています。
粗大ごみや家電の回収では、専用の処理券を購入しなければなりません。
捨てたいものが多いほど必要となる券の枚数も増えるので、お得な捨て方とは言えません。
しかし、オークションもフリマアプリも最低限売れてほしい金額を設定し、入札や注文が入ればちょっとした収入を得られる点が最大のメリットです。
オークションでは、複数の購入希望者が少しずつ金額を上げて入札してくれるので、想像以上に高く売れる可能性もあります。

・譲渡のメリット

不要な家具・家電・不用品をいらないか人に尋ねてみると、欲しいと答える人は実は少なくありません。
身近な人が引き取ってくれるのであれば、わざわざ券を買って処分をしなくて済む上に、貰ってくれる人が喜んでくれるという二重のメリットがあります。
特に思い入れの強い品物は捨てるのも売るのも躊躇ってしまうところがありますが、他の人が大切に使ってくれるのであれば、譲った人も安心でしょう。

家具・家電・不用品回収・買取でよりお得に処分

ものによっては捨てるのにお金と手間がかかる家電・家具・不用品ですが、お得に処分したいと望む方は中央区を対象にした専門の回収・買取業者の活用がおすすめです。
なぜ業者を使った方が得になるのか、利用する上での注意点をご紹介します。

・自分で処分や売るのは手間がかかる

家具・家電・不用品回収・買取業者を利用する大きなメリットは、処分や売却に大きな手間を省けることです。
捨てる場合、自分で連絡や指定場所まで運搬するなど色々と手間がかかります。
売る時もオークションやフリマなら出品の準備から配送まで自分の手で行わなければなりません。
特にたくさんの品物を処分・売却する場合は、その分手間がかかることになります。
忙しい人ほど面倒になるでしょう。
しかし、家具・家電・不用品回収・買取業者なら連絡をすれば、指定日に受け取りに来てくれる上に、たくさんの品物の回収にも対応してくれます。
買取であれば、現金や口座振込にてすぐに入金してくれるので、非常に楽々と不要なものを処分可能です。
粗大ごみの収集日が合わない、出品から発送までの雑務が面倒と感じる方は適切な方法で処分を行う中央区を対象としている業者に依頼すると手間が省け、すぐに家の中をすっきりさせられるでしょう。

・リサイクルショップではなかなか高値が付かないことも

家具・家電・不用品はリサイクルショップで買い取ってもらうこともできます。
ただ、一般的なリサイクルショップではあまり高く買い取ってくれない傾向があります。
特に使用や動作には問題がなくても、わずかに傷があったり、型が古かったりすると相場は大きく下がってしまいます。
しかし、家具・家電・不用品を専門にした買取業者では、高価買取で対応しているところが多いです。
専門的な知識や相場を把握するスタッフが査定するため、総合的なリサイクルショップと比べて高値につながりやすいでしょう。
また、フリマアプリやネットオークションは確実に買ってくれるとは限らず、なかなか売れず処分が進まず自宅が片付けられないことも考えられます。
それなら確実に買い取ってくれる業者に依頼した方が素早く処分できるのでおすすめです。

・回収ができると便利

状態が悪かったり、型が古すぎたりすると需要はなく、売り物にならないので買取対象にならない可能性があります。
それは、家具・家電・不用品買取業者も例外ではありません。
しかし、業者の中には不用品回収に対応しているケースもあり、その場合は回収という形で引き取ってくれる場合があります。
回収も可能な業者を選び、買取できない時の策も考えておきましょう。

・買取や回収できないものは要チェック

上記で述べましたが、見た目や機能的に売り物にならないもの、壊れているものは買取の対象外です。
また、回収の場合では下記の品目は業者で引き取れません。

・他人の権利を侵害する品物(著作権や肖像権、名誉権、工業所有権など)
・盗品
・薬品や医療器具
・重機や弾丸または武器として使われるもの
・中身の入ったスプレー缶やペンキの缶、缶詰
・油や洗剤などの液体 など

さらに、買取・回収業者ごとに取り扱う品目も異なるので、依頼前にホームページや問い合わせて確認しておくと良いでしょう。

家具・家電・不用品は自治体ごとに捨て方に細かなルールが定められているので、確認してから処分することが大切です。
捨てるにも手間がかかり、費用が発生するため処分するにも躊躇してしまうこともあります。
そんな時には、中央区を対象にしている買取や回収に対応した業者を活用してください。
中でもエコスマイリーは、首都圏で家具・家電・不用品の買取と回収を行い、幅広い品目に対応しています。
リーズナブルな価格設定も魅力なので、引っ越しや大掃除などで不要なものが発生した際は、お気軽にご相談ください。

・エコスマイリーでは、遺品整理にて出た不用品は法令を遵守し、回収・処分のお手伝いを行なっております。

・不用品は全てをゴミとして扱うのではなく各リサイクル品や資源(有価物)、一般ゴミと分別して、全て廃棄処分するより地球環境にとっても、お客様がお支払いするトータルコストの面においても最良の方法にて回収処理させていただきます。資源項目:木類・衣類・金属類・家電類・プラスチック類ガラス類・陶器類・その他輸出可能品類※上記項目以外は一般ゴミとしての委託処理しております。

不用品記事
エコスマイリー
タイトルとURLをコピーしました