世田谷区では家具・家電・不用品の処分はどうやるべき?買取・回収業者を活用しよう!

不用品記事

サービスカテゴリー

世田谷区では住まいの環境を壊さないために、ごみの処分に関するルールが決められています。
ルールに沿って正しくごみの処分を行っていくことで、美しい街づくりへの第一歩です。
ただ、そうは言っても詳しいごみの処分ルールを理解していないという方は多くいます。
中でも無料や有料ごみ袋で回収できない粗大ごみに関しての知識が少ない人が多く挙げられるのです。
そこで今回は、世田谷区の大型の家具や家電にスポットを当てて適切な処分方法をご紹介していきます。
お得に捨てる方法も一緒に解説していきますので、ぜひご覧になってください。

世田谷区で不要な家具を捨てるには?

世田谷区ではテーブルや棚、ベッドなど大型の家具は粗大ごみとして処分する、または解体して一般ごみで処分することが可能です。

・粗大ごみ

粗大ごみに該当するごみは、おおむね一辺あたりが30cmを超える不用品です。
粗大ごみを出す際は、事前に電話にて回収を依頼し、粗大ごみ処分券を購入してから処分が可能となっています。
購入した粗大ごみ処理券を、不要な家具に貼り付けて初めて粗大ごみの処分ができます。
粗大ごみは収集日当日、玄関先や家の脇など指定の回収場所に置きます。
自身で運搬できるほどのサイズであれば指定のステーションに持ち込んでの処分もできるようになっています。
ステーションに持っていく際は券の購入は不要ですが、重量に応じて料金の支払いが必要になってくるので注意してください。
大型家具を運搬する際は、まず自宅の玄関や窓から出せるかどうか、解体が必要かという点もチェックしておくことも必要です。

・解体して一般ごみ

世田谷区だと粗大ごみは回収日が決まっており、回収の頻度も少ないことからなかなか出すタイミングがありません。
自身の都合の良いタイミングで処分を検討している場合は、家具を解体し袋に入る大きさまで小さくできれば一般ごみとしての処分が可能です。
木製の家具であればノコギリやナタで小さくして処分できるでしょう。
ただ、中には木製でも分厚い板や金属があり、一般工具では切断が困難なものもあるでしょう。
その場合は、無理せず粗大ごみで出すことが怪我にもつながらず安全です。

世田谷区で家電を正しく処分するには?

電子レンジやテレビ、冷蔵庫、洗濯機など大きく重量がある家電の処分も悩む方は多いです。
実は、家電にはリサイクル法が適用されるものとされないものがあり、家具以上に捨て方が少々ややこしくなっています。

・家電リサイクル法対象の4品目の捨て方

家電リサイクル法にあたる4品目とは、エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機が当てはまります。
ただし、家庭用機器に限られ、業務用機器とそれに関連する付属品は家電リサイクル法の対象となりません。
これらの家電は基本的に購入した家電量販店などに回収してもらうか、郵便局でリサイクル券を買って指定の引き取り場所に持ち込んで処分が可能です。
なお、リサイクル料金は家電の種類やサイズ、メーカーなどに応じて異なり、回収してもらう際は別途で収集・運搬料が発生するのでご注意ください。

・4品目以外の家電の捨て方

電子レンジや電話機、携帯電話、ラジオ、デジタルカメラ、パソコン、ディスプレイ、ストーブ、ゲーム機などは小型家電に扱われています。
今までは不燃ごみや粗大ごみで処分することができましたが、これらは金属を含んでおり貴重な資源の無駄を省くために小型家電リサイクル法が施行され、世田谷区でもなるべくリサイクルとして処分することが勧められています。

世田谷区でその他の不用品を処分する方法

自宅では家具や家電以外にも、健康器具や楽器、スポーツ用品、スーツケース、テント、ひな人形、観葉植物など不要な日用品がたくさんあることでしょう。
これらの不用品もどのように捨てれば良いのか悩む方は少なくありません。
ものによって処分のルールが異なるので、ここからはどのように捨てるのかご紹介していきます。

・大きな不用品は基本的に粗大ごみ

天体望遠鏡やウォーキングマシン、スキー板など一辺が30cmを超える大型の不用品は粗大ごみで処分できます。
ゴルフクラブの場合は、大きい上に金属とゴム素材が混合しているので、解体するのが大変なので粗大ごみで捨てるのが推奨されています。
また、テントは基本的に可燃ごみと不燃物に分解可能ですが、大田区では一式丸ごとの処分に限り粗大ごみと扱われるため、分けて処分するのが面倒に感じたら粗大ごみとして処分するのを検討しましょう。

・小さいものや分解できるものは一般ごみ

小さな日用品や分解が可能な場合は可燃ごみもしくは不燃ごみで処分可能です。
スキーウェアやスポーツウェアは可燃ごみに含まれますが、新品や状態が非常に良いものは資源ごみで出せるようになっています。
粗大ごみになりがちなスーツケースも小型や布製のものや分解して不燃ごみで捨てることが可能です。

・人形やぬいぐるみは可燃ごみまたはお焚き上げ

日本人形やフランス人形、ぬいぐるみの処分は目黒区の指定袋に入れば可燃ごみで出せます。
付属のケースは不燃ごみとなるので、分けて出すようにしましょう。
神社やお寺にて人形とぬいぐるみのお焚き上げを行っている場所があるので、供養という形で処分することも処分方法の一つになっています。

・観葉植物

観葉植物を処分する際は植物自体と土、植木鉢に分けてそれぞれ適切に処理しなければなりません。
植物は指定ごみに入れて、そのまま可燃ごみとして捨てられます。
入らない場合はカットし、束ねて紐で固定してから、粗大ごみで出すようにしましょう。
土に関しては処分でトラブルが多い不用品になっています。
自宅の庭などに土を捨てる分は問題ありませんが、他人の敷地や公共の土地などで許可なく捨てるのは不法投棄にあたるのでしてはいけません。
土は原則として廃棄物にあたらないため、区では収集ができなくなっています。
リサイクルできるホームセンターに持ち込んで処分してもらいましょう。
他にも土専門の回収業者を利用するのも処分方法の一つとなります。
植木鉢に関してはプラスチック・木製・金属・陶器と種類があり、素材ごとに処分方法は変わります。
プラスチック製であれば、自治体ごとに不燃ごみもしくは可燃ごみで処分できます。
木製は可燃ごみですが、金属や陶器は不燃ごみで処分しなければなりませんので、ご注意ください。

以上のように、日用品系はものによって捨て方が大きく異なります。
世田谷区だと細かい指定もあるため、日用品に使用されているものの素材を良く確かめて処分していきましょう。

まだ使えるものならフリマや譲渡も選択肢に

家具や家電、不用品は捨てる選択をする方が多いと思いますが、まだまだ綺麗で問題なく使えるものは、有効的な資源を捨てているため勿体ないです。
捨てる選択を考えるのではなく、他の人に使ってもらう選択肢も考えてみましょう。
他の人に使ってもらう方法には、フリーマーケットやオークションへ出品、親族や友人、知人に掛け合い譲るという方法があります。

・ネットオークションやフリマアプリのメリット

ネットオークションは以前から人気があり、入札形式で不要な家具・家電・不用品を個人的に売ることができます。
また、フリマアプリも複数あり、気軽にいらないものを売れるサービスが続々と誕生し活用できるようになっています。
粗大ごみや家電の回収では、専用の処理券を購入しなければなりません。
捨てたいものが多いほど必要となる券の枚数も増えるので、お得な捨て方とは言えません。
しかし、オークションもフリマアプリも最低限売れてほしい金額を設定し、入札や注文が入ればちょっとした収入を得られる点が最大のメリットです。
オークションでは、複数の購入希望者が少しずつ金額を上げて入札してくれるので、想像以上に高く売れる可能性もあります。

・譲渡のメリット

不要な家具・家電・不用品をいらないか人に尋ねてみると、欲しいと答える人は実は少なくありません。
不用品を身近な人が引き取ってくれるのであれば、粗大ごみ用の券を購入する必要はなく、貰ってくれる人が喜んでくれるという二重のメリットが挙げられます。
特に思い入れの強い品物は捨てるのも売るのも躊躇ってしまうことが多いでしょう。
もらった人が大切に使ってくれるのであれば、譲る人も心置きなく処分できることでしょう。

家具・家電・不用品回収・買取でお得に処分

ものによっては捨てるのにお金と手間がかかる家電・家具などの不用品ですが、お得に処分したいと考えている方は専門の回収・買取業者の活用がおすすめです。
なぜ業者を使った方が得になるのか、また利用する上での注意点をご紹介します。

・自分で処分や売るのは手間がかかる

世田谷区で家具・家電・不用品回収・買取業者を利用する大きなメリットは、処分や売却に大きな手間を省けることです。
捨てる場合、自分で連絡や指定場所まで運搬するなど色々と手間がかかります。
売る時もオークションやフリマなら出品の準備から配送まで自分の手で行わなければなりません。
特にたくさんの品物を処分・売却する場合は、その分手間がかかることになります。
しかし、家具・家電・不用品回収・買取業者なら連絡をすれば、指定日に受け取りに来てくれる上に、たくさんの品物の回収にも対応してくれます。
買取であれば、現金や口座振込にてすぐに入金してくれるので、非常に楽々と不要なものの処分が可能です。
粗大ごみの収集日が合わない、出品から発送までの雑務が面倒と感じる方は、適切な方法で処分を行う業者に依頼すると手間が省け、素早く家の中をすっきりさせられることでしょう。

・リサイクルショップではなかなか高値が付かないことも

家具・家電・不用品はリサイクルショップで買い取ってもらうのもがおすすめです。
ただ一つ難点を言うのであれば、一般的なリサイクルショップではあまり高く買い取ってくれない傾向にあります。
使用や動作には問題がなくても、わずかに傷があったり、型が古かったりするだけで相場は大きく下がってしまうのです。
しかし、家具・家電・不用品を専門にした買取業者では、高価買取で対応しているところが多いです。
専門的な知識や相場を把握するスタッフが査定するため、総合的なリサイクルショップと比べて高値につながりやすい傾向にあります。
また、フリマアプリやネットオークションは確実に買ってくれるとは限らず、なかなか売れず処分が進まない可能性があるでしょう。
それなら確実に買い取ってくれる業者に依頼した方が素早く処分できるのでおすすめです。

・買い取れない場合は回収ができると便利

状態が悪かったり、型が古すぎたりすると需要はなく、売り物にならないので買取対象にすらならない場合が多くあります。
それは、家具・家電・不用品買取業者も例外ではありません。
しかし、業者の中では不用品回収に対応しているケースもあり、その場合は回収という形で引き取ってくれる場合があります。
万一買取できない場合も考慮して、回収も可能な業者を選んでおくと安心できるでしょう。

・買取や回収できないものは要チェック

上記で述べましたが、見た目や機能的に売り物にならないもの、壊れているものは買取の対象外です。
また、回収の場合では下記の品目は業者で引き取れません。

・他人の権利を侵害する品物(著作権や肖像権、名誉権、工業所有権など)
・盗品
・薬品や医療器具
・重機や弾丸または武器として使われるもの
・中身の入ったスプレー缶やペンキの缶、缶詰
・油や洗剤などの液体 など

さらに、買取・回収業者ごとに取り扱う品目も異なるので、依頼前にホームページや問い合わせて確認しておくと良いでしょう。

世田谷区では家具・家電・不用品の処分方法に細かなルールが定められており、不用品を処分する際には戸惑ってしまうことでしょう。
ただ、ルールを分からないと言ってマナー違反をしてしまっては、住民や回収業者に迷惑をかけてしまいます。
一度にたくさんのものを処分しなければいけないのであれば買取・回収に対応した業者を活用するのがおすすめです。
首都圏にて家具・家電・不用品の買取と回収を行うエコスマイリーは、様々なものを買取・回収してくれます。
回収にかかる費用はリーズナブルで、さらには出張買取も行っているので非常に便利な存在と言えるでしょう。
引っ越しや大掃除などで不要品が多く出た場合には、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか?

・エコスマイリーでは、遺品整理にて出た不用品は法令を遵守し、回収・処分のお手伝いを行なっております。

・不用品は全てをゴミとして扱うのではなく各リサイクル品や資源(有価物)、一般ゴミと分別して、全て廃棄処分するより地球環境にとっても、お客様がお支払いするトータルコストの面においても最良の方法にて回収処理させていただきます。資源項目:木類・衣類・金属類・家電類・プラスチック類ガラス類・陶器類・その他輸出可能品類※上記項目以外は一般ゴミとしての委託処理しております。

不用品記事
エコスマイリー
タイトルとURLをコピーしました