壊れた・破れてる古いブランド品は本当に売れる?高価買取につなげる方法とは

不用品記事

サービスカテゴリー

シャネルやルイヴィトンなどブランド品のバッグや財布などを愛用される方は多いでしょう。
元々高価な代物であるため、手放す時は買取店などで売りたいと考える人は多くみられます。
しかし、壊れたものやバッグの内袋などが破れてる、古いものは売れないのではないか、もし売れたとしても高価買取にならないのではと不安になりませんか?
いわゆるジャンク品に扱われる、壊れた・破れてる古いブランド品でも買い取ってもらえる可能性は高いです。
そこで今回は、壊れた・破れてる古いブランド品高価買取になる理由や高く売るポイントをご紹介しましょう。

壊れた・破れてる古いブランド品でも買取対象になる

いくらブランド品でも壊れた・破れてる古いものだと売れないというイメージを抱かれがちです。
しかし、ブランド品は中古市場でも需要があるため、多少壊れたものや破れてるもの、古い代物でも高価買取で取引する業者は多いです。
まずは、壊れた・破れてる古いブランド品が買取の対象となる理由からご紹介しましょう。

・古かったり壊れたり、破れてる中古品でも欲しい人は多い

ブランド品は一つ一つが高品質で、その分新品は高価な値段が付けられています。
その値段に手を付けられる人が一方、手を出しにくい人が多い現状です。
しかし、古い中古となると新品よりも価格が抑えられて販売されるので、手が届く人は多くみられます。
知名度の高いブランド品は性別を問わず世界中に人々に愛されており、中古でもいいから欲しいと求める人は非常に多いです。
そのため、中古市場では新品も中古品も需要が高く、壊れた・破れてる古いものでも値が付きやすい品物となっています。

・破れてるものや壊れたものでも修理や手入れで長く使える

ブランド品は元々長く使える仕様となっているのも特徴の1つです。
各メーカーではリペアやお手入れのサービスを行っており、スナップボタンや持ち手、内袋の交換などに対応してくれます。
リペアを施せば、壊れた・破れてる古いブランド品も引き続き使うことが可能です。
中古ブランド品もリペアや手入れが可能であればまた流通できるので、ジャンクと扱われる古いブランド品も買取できるというわけです。

・古いからこそ生まれる価値がある

ブランド品は毎シーズン新作が登場し、マイナーチェンジも多いです。
しかし、古いラインやシリーズもブランド品を愛用する人達には人気があります。
古いブランド品は新品が出回っている可能性が低く、特に人気商品は中古でも手に入りづらい状況になっていることが多いです。
手に入りづらい古いものだからこそ、新品とはまた違った価値が生まれるので、使い古されたブランド品も買取需要があります。

壊れた・破れてる古いブランド品を売るには?

壊れた・破れてる古いブランド品を売る方法は色々あります。
具体的にどのような手段で売れるのか、またどの方法が高価買取につながるのかご紹介しましょう。

・総合リサイクルショップ

壊れた・破れてる古いブランド品を買取可能としているのは、基本的に商品のリサイクルを行っているお店になります。
そのため、生活の身近にあるリサイクルショップで売れる場合があります。
ただし、リサイクルできることが前提であるため、「古いものでもOK」、「ボロボロでもOK」と提示があるお店でないと買取対象とならないケースがほとんどです。
また、家具や家電、ゲーム機など様々な品を対象にする総合リサイクルショップはブランド品高価買取につながりにくい傾向があります。
なぜなら、総合リサイクルショップでは必ずしもブランド品買取の知識があるとは限らず、一般の品物と同じく大まかな相場から買取額を提示しているケースが多いからです。
そのため、壊れた・破れてる古いもので売れたとしても高価買取につながらない可能性が高いので注意です。

・オークションやフリマアプリ

個人で出品できるオークションやフリマアプリでは、壊れた・破れてる古いと状態をきちんと明記してあれば、それを理解した上で買ってくれる人はいます。
また、オークションやフリマアプリでは、最低限売れて欲しい価格を自ら設定できる点も利点でしょう。
ただし、手間がかかることや売れない可能性が出てきやすいところが、オークションとフリマアプリのデメリットです。
自由に価格を設定できますが、中古なのに欲張って新品並みの価格を付けても、もっと安いものを購入しようと別の出品者に集中されるので、売れない可能性があります。
逆に安く設定すれば本来の相場よりも大きく下げて売ってしまっていたとなりかねず、後で後悔するでしょう。
壊れた・破れてる古いブランド品にどれだけの価値があるのか、相場が分からないと適正な価格を付けることは難しいと言えます。
また、オークションとフリマアプリは自分で梱包や発送などを行わなければならず、手間と時間がかかります。
梱包や対応が雑だと取引相手からマイナス評価を貰う可能性があり、それが今後の出品にも影響を与えるリスクがあるので、その点の注意も必要です。
手間なく壊れた・破れてる古いものを手放したい人やブランド品高価買取を狙う人には不向きな売り方と言えます。

・ブランド品高価買取の実績がある専門業者

ブランド品高価買取を狙うなら、その実績が多い買取業者がおすすめです。
ブランド高価買取の実績が多い業者は総合リサイクルショップとは違い、ブランド品買取の知識を持つスタッフがおり、一点一点丁寧に査定を行っています。
ジャンク品だと壊れた・破れてる古いというハンデがありますが、ブランド品そのものの価値を見て、適正価格で評価をしてくれます。
この理由から総合リサイクルショップに比べて、壊れた・破れてる古いものでもブランド品高価買取につながりやすいのです。

ジャンクでもブランド品高価買取につなげるポイント

ブランド品高価買取の実績がある業者でも、基本的にリペアが難しいものは、修理に大きなコストがかかるため買い取ってもらえません。
しかし、多少状態が悪い程度なら問題なく買い取ってもらえ、時には高い価格が付けられる場合があります。
それでは、壊れた・破れてる古いものでもブランド品高価買取につながるポイントを見ていきましょう。

・外側が綺麗な状態だと高価買取になりやすい
壊れた・破れてる古いものは内側よりも外側に使用感が見られると、高価買取にならない可能性があります。
持ち手や内袋などは交換しやすいものの、外側はリペアが難しい箇所が多いので、直しても使用感が抜けない場合があります。
そうなると、商品として付けられる値も下がりやすく、リペアのコストを踏まえると高価買取にならない可能性があるのです。
表面に大きな傷や汚れがある場合は注意してください。

・バッグよりも古い小物の方が高価買取になりやすい
人気商品であるためブランド品高価買取になりやすいバッグですが、古い小物の方が高く売れる場合があります。
バッグは普段から使っている人が多く、表面に傷や汚れが付きやすいです。
一方、バッグの中に入っていることが多いポーチやキーケース、財布などの小物は、バッグに比べて良好な状態を保ちやすいです。
また、元々の価格が手頃なものが多く、色々な人が手を出しやすい手軽さは、小売店にとっても回転率が良い商品と言えます。
これらの理由から、古い小物でも需要が高く、高価買取になる傾向があります。

・ハイブランドのものだと高価買取の可能性大
壊れた・破れてる古いものが売れるとはいえ、状態が良好な品と比べると価格は下がります。
また、その価格はブランドの質や知名度も反映されます。
そのため、ジャンク品を売る際はグッチやエルメス、シャネル、ルイヴィトンといったハイブランドだと、高く売れやすいです。
その中でも、特に人気のあるモデルなら古いものでも、壊れた・破れてるものでも高価買取につながります。

・付属品を付ける
商品によっては付属品がセットになっていることがあります。
ブランド品一点よりも、付属品をつけると高価買取になるのはジャンク品も同じです。
可能であれば、ブランド品が入っていたケースや紙袋もあると、さらに高く売れる可能性があります。

・セルフメンテナンスをして売る
壊れた・破れてる古いものでも、ホコリを取り除いておく、落とせる汚れは落としておくなどのセルフメンテナンスをしておくと、買取額が上がることがあります。
少しでも見た目が良い方がお店側もメンテナンスにかけるコストが変わるので高く売れやすいです。
ただし、セルフメンテナンスのやり方を間違えると表面にシミや傷ができたなど、逆に状態が悪くなって安くなる場合もあるので注意しましょう。

修理したブランド品で高価買取を狙う時の注意点

高価買取を狙い、壊れた・破れてるブランド品を事前にセルフメンテナンスやリペアをしてから売ろうと考える人も多いでしょう。
確かに、壊れた・破れてるものは修理で新品に近い状態にしておけば、高価買取の可能性も高まります。
しかし、修理により価値が下がるケースもあるので、ブランド品高価買取では次のポイントに注意してください。

・自分で修理はしない

器用な人は壊れた・破れてるブランド品を自分で直せるかもしれませんが、高級ブランドは精密に作られているので、素人がそれを再現するのはほぼ不可能です。
自分で使うだけなら自己修理では問題ありませんが、売却後のことを考えると修理業者に依頼した方が良いと言えます。

・正規のリペアサービスが望ましい

修理業者の中には正規店と関わりのないところも多いです。
素人が直すよりも確実性がありますが、正規のリペアサービスと質が変わってしまうので、買取額が下がる要因になります。
壊れた・破れてる古いブランド品で高価買取を狙うのであれば、同じ修理でも正規のリペアサービスを利用しましょう。

長く使えるブランド品でも、いずれは壊れたり、破れたりしてしまいます。
しかし、そんな古いブランド品でも需要は高く、買い取ってくれる業者は多いです。
売れるかどうかを自分で判断するのは難しいので、まずは一度査定してもらうことをおすすめします。
エコスマイリーでも壊れた・破れてる古いブランドバッグやポーチ、小物の高価買取に対応しているので、売りたい方はぜひ相談してみてください。

・エコスマイリーでは、遺品整理にて出た不用品は法令を遵守し、回収・処分のお手伝いを行なっております。

・不用品は全てをゴミとして扱うのではなく各リサイクル品や資源(有価物)、一般ゴミと分別して、全て廃棄処分するより地球環境にとっても、お客様がお支払いするトータルコストの面においても最良の方法にて回収処理させていただきます。資源項目:木類・衣類・金属類・家電類・プラスチック類ガラス類・陶器類・その他輸出可能品類※上記項目以外は一般ゴミとしての委託処理しております。

不用品記事
エコスマイリー
タイトルとURLをコピーしました