テレビ台の家具処分方法!お得に手放したいなら家具買取もおすすめ!

不用品記事

サービスカテゴリー

テレビ台には、大きな物から小さな物まで様々なサイズがあります。
ただ、いくら小さいテレビ台であっても家庭ゴミ用の袋には入りません。
そのため、処分に困っている人も多いでしょう。
そこで今回は、テレビ台を処分する方法やお得な処分方法、家具買取が出来ない可能性があるテレビ台の特徴、高額で家具買取・家具回収を行う業者に買い取ってもらうためのポイントについてご紹介します。
テレビ台を捨てたい、新しい物へ買い換えたいと考える人はぜひ参考にしてみてください。

テレビ台はどうやって処分する?

テレビ台を捨てるためには、テレビ台がどのゴミに分類されるのか、回収業者を利用する場合はどうすればいいのか知っておく必要があります。
まずは、テレビ台を捨てる方法から見ていきましょう。

小さいテレビ台の捨てる方法

テレビ台はいくら小さい物であっても、可燃ゴミや不燃ゴミを捨てる時に使うゴミ袋に入れて捨てる事は出来ません。
しかし、ゴミ袋に入るサイズまで解体出来れば、家庭ゴミとして捨てられます。
テレビ台には様々な素材が使われているため、素材ごとに可燃ゴミや不燃ゴミに分別するという作業が必要になります。
木製のテレビ台であれば、小さく解体して可燃ゴミとして捨てられるのです。
金属の部分は、不燃ゴミもしくは金属類に分別して捨てる事になります。
それぞれの自治体でゴミ回収のルールは異なるため、自治体のルールに則った分別をしましょう。

テレビ台は素材によって簡単に解体出来る物もありますが、そうではない物もあります。
中にはのこぎりなどを使わなければいけないケースもありますが、作業に慣れていないと危険を伴ってしまうため、解体しないようにしてください。
簡単に解体出来る場合でも、軍手を着用して怪我をしないように気を付ける必要があります。

大きいテレビ台の捨てる方法

大きいテレビ台は小さいテレビ台のように解体出来ない物が多くあります。
そのため、粗大ゴミとして捨てる事になるでしょう。
粗大ゴミにする際には、自治体のゴミ分別をしっかりと確認しなければいけません。
地域によって粗大ゴミを出す際の条件が異なり、「1辺が50cm以上は粗大ゴミになる」など指定されている場合もあります。

基本的に大きいテレビ台の場合は、粗大ゴミとして扱われる事が多くなっています。
粗大ゴミとしてテレビ台を出そうと考えているのであれば、粗大ゴミ受付に電話で問い合わせ、処分費用などを確認してみてください。
そして、必要分の粗大ゴミ処理券をコンビニやスーパーなどで購入します。
粗大ゴミ処理券をテレビ台に貼り付けたら、指定された日に指定された場所に運んでおきましょう。
粗大ゴミで出す事で使わなくなったテレビ台を処分出来ますが、指定された場所まで運ぶのが難しいという場合は、他の方法を考えなければいけません。

家具買取・家具回収を行う業者に依頼する

小さいテレビ台は比較的捨てやすいですが、大きいテレビ台は簡単に捨てられません
そのような場合は、家具買取・家具回収を行う業者に依頼する事をおすすめします。
処分費用は粗大ゴミに出すよりも掛かってしまいますが、自宅まで回収に来てくれるためとても簡単に捨てられます。
また、業者によっては家具買取をしているケースもあるので、買取してもらえるか相談してみても良いでしょう。

お得にテレビ台を処分するには?

テレビ台を捨てる時、粗大ゴミに出しても費用が掛かってきます。
しかし、テレビ台をお得に処分出来る方法も存在しているのです。

買い替えする時に引き取ってくれる店を探す

テレビ台などの家具を販売している店の中には買い換える際に不要となったテレビ台を引き取ってくれるというサービスを行っている場所もあります。
しかし、引き取りサービスを行っている店はそこまで数が多いわけではないため、有料の引き取りサービスしか行っていない店の方が多くなっています。
無料の引き取りサービスを行っている店は簡単に見つけられないかもしれませんが、キャンペーンを行っている場合もあるため、小まめなチェックが重要だと言えるでしょう。
引き取りサービスは、指定された種類の商品を購入しなければいけないケースもあるため、利用する場合はきちんと確認する事も忘れてはいけません。

SNSやネットの掲示板で欲しい人を探す

最近は、不要な家具をFacebookやtwitterといったSNS、ジモティーなどのサイトを活用して誰かにあげるという人も増えています。
テレビ台はサイズが大きいため、フリマアプリやネットオークションで売ると送料が高くなってしまうので、出来れば避けた方が良いでしょう。
そのため、SNSやネットの掲示板で欲しい人を探し、取りに来てもらうか自分自身が届けに行ける距離に住んでいる人へ譲った方が効率的だと言えます。
SNSやネットの掲示板を利用するのが怖いと感じる場合は、親せきや友人、知人など身近な人の中から譲り受けてくれる人を探してみるというのも1つの手段です。

買取業者に問い合わせる

使わなくなったテレビ台でも、状態が良ければ業者に買取・回収してもらえる場合もあります。
特に、ブランド家具は高値で売れる可能性がとても高いです。
リサイクル店で売れる場合もあるので、持ち込んでみる価値はあります。
買い取りが不可でも無料で家具回収してもらえるので、利用も検討してみると良いでしょう。
ただし、あらかじめ買い取り対象になっているか事前に確認する必要があります。
まずは会社や店舗に問い合わせて、買い取りをしてもらえるか相談しましょう。
相談する際にブランド家具かどうかも伝えておくとよりスムーズに話が進むので、どのようなテレビ台なのか、サイズはどのくらいなのか、どこのブランドなのかといった事は、問い合わせ前にチェックしておいてください。

家具買取が出来ないかもしれないテレビ台の特徴

どの家具でも買取可能だと考える方がいますが、テレビ台の場合買い取れない種類もあります。
どのような特徴のあるテレビ台は、家具買取不可になってしまうのでしょうか?

ひどく変色している場合

購入時にはきれいな色だったテレビ台も、年数を重ねる毎に色褪せていくと思います。
しかし元の色が分からないくらい変色している場合や、一部分だけ色が抜けたように変色している場合、家具買取出来ないと断られるケースが多くなるでしょう。

汚れがひどい場合

使用と共に汚れがテレビ台に付着する事がありますが、落とせない程の汚れやたばこのヤニ、カビによって外観や収納部分まで汚れがひどく付いている場合は買取不可になる事がほとんどでしょう。

故障している場合

テレビ台に限らず、故障している家具の場合は買取そのものが難しいケースが多いでしょう。
収納部分が壊れて開かない、扉がない、天板が割れているなどの場合は買い取れないと考えた方が良いでしょう。

配線の穴を加工している場合

電化製品を収納する家具の場合、配線のために最初から穴が開いています。
しかし、他の箇所に自分で配線穴を開けて加工してしまった場合、買取も難しくなります。

通販やホームセンターの格安商品の場合

実際に店舗でテレビ台を購入しなくても、ネット通販やホームセンターなどでは安価なテレビ台が多く販売されています。
安価な商品であるため購入しやすい反面、売る際には買取対象になる商品が少ない事が多く、買い取ってもらったとしても数百円程度にしかならないでしょう。

テレビ台の高額買取を目指すには?

テレビ台を処分せずに高額買取してもらうためには、どのような基準があるのでしょうか?
また、高額買取のコツもご紹介します。

大きさ

買取価格を決める基準として重要なのが、テレビ台の大きさです。
大型テレビが主流になりつつあるため、テレビ台も大きめでなければ役割を果たせません。
そのためデザイン性に優れていたテレビ台であっても、小さければ大きいテレビを置く事が出来ず、買い手も限られてしまいます。
多少大きめのテレビ台であれば、大きいテレビに限らず小さなテレビが置けるだけでなく飾り棚としても使用可能です。
しかしサイズ感がダイナミックな場合、部屋に入りきらない場合もあるため、一概にどのサイズが高額買取になるとは言い切れませんが、大きさやデザイン性、流行のモデルなどが高価買取のポイントになるでしょう。

汚れや傷

元の購入価格やブランドに限らず、汚れや傷がある場合は買取価格が低くなるだけでなく、買取不可になってしまうケースもあります。
傷に関しては落とす事は出来ませんが、汚れに関してはある程度落としてから査定を依頼すると評価も変わってくるでしょう。
汚れは表面の部分だけでなくキャビネットや引き出しなどの収納部分の内側、天板部分なども確認しましょう。
引き出しは奥の部分にホコリが溜まりやすく、カビが付着している場合はきれいに拭き取ります。
拭き掃除に関しても、テレビ台の素材によって変色してしまう恐れもあるため洗剤は使用せず、固く絞った布などで拭き取ると良いでしょう。

歪みを直す

テレビ台には収納部分や天板部分などがあり、それぞれの場所が正しく機能するかを確認しましょう。
収納部分の扉が歪んでいる、天板部分がガタガタしているなど、このまま使うには不安だと思う部分があれば、事前に直しておくと高額買取が可能でしょう。

メーカーやブランド

テレビ台の買取価格を左右するのは、メーカーやブランドです。
他の電化製品や家具などの同じように、テレビ台であってもメーカーやブランドによって価格が左右されます。
特に人気のあるメーカーやブランドはアルフレックスやIDC大塚家具、カッシーナです。
また、無印やウニコなども人気の高いブランドなので、買取価格も高い傾向になるでしょう。
テレビ台を販売しているメーカーは複数ありますが、特に人気のメーカーの買取平均価格は以下の通りです。

<アルフレックス>

1951年にイタリアで誕生したアルフレックスは、使い勝手を重視した家具の提案を重点に置き、流行に左右されないシンプルなデザインや耐久性を追求しているのが特徴です。
中古市場でも人気が高く、エアフレームシリーズでは約30,000円程度が平均価格となっています。

<IDC大塚家具>

高級家具専門のイメージが強いIDC大塚家具ですが、コンセプトと幅広いデザインで商品展開を行っています。
そのため空間インテリアによって雰囲気を統一出来る商品が多く、自分の希望を実現出来るのが特徴です。
高級家具のみを取り扱っているイメージがありますが価格や種類、テイストにおいても幅広いIDC大塚家具は人気があり、定番のノーマルシリーズでは25,000円~、大型家具では100,000円以上になる事もあります。

<カッシーナ>

イタリアのトップブランドであるカッシーナは、最高品質の木材や皮などを使用するなど、厳選された素材を伝統技術によって作っているのが特徴です。
先端的なデザインが多くなりますが、使用するごとに生活空間と共に使い心地も馴染んでいくため、長く愛用される家具が多くなっています。
販売後の家具に関してはメンテナンスも受け付けているため、買取前にメンテナンスを依頼するとさらに高額買取となるでしょう。
平均買取価格はエアフレームシリーズで30,000円程度です。

<無印良品>

シンプルで実用性に優れている無印良品は独特な個性や派手さはないものの、生活に馴染むスタイルや使い心地を重点にしているのが特徴です。
ナチュラルな色使いやデザインが多く、高級家具ではないもののファンが多いブランドです。
テレビ台の買取価格は3,000円~30,000円と幅広くなっていますが、人気が高いため買取の可能性も高くなるでしょう。

<ウニコ>

北欧やアンティーク家具がメインのウニコは、ナチュラルで温かみのある家具が特徴のブランドです。
落ち着く雰囲気で優しいデザインが多く、リーズナブルな価格帯も人気の1つでしょう。
ウニコのテレビ台といってもテイストや種類も多くありますが、平均的な買取相場は20,000円~30,000円が多くなっています。

買取専門の業者に依頼する

家具買取専門の業者の場合、専門的に家具の買取を行っているため相場を知っているだけでなく、正しい判断で価値を見極めてくれます。
不用品だから買取は依頼出来ないと感じている方も多くいますが、幅広く買取を行っている業者であれば知識も豊富なので安心です。
地域限定で買取を行っている場合、自分で持ち運ぶ手間も不要なので、手間も掛かりません。

大きくて重いテレビ台などの家具を処分する場合、自治体によっては回収日に決められた場所に運ぶ必要があり、申し込みや処理券の購入が必要になります。
しかし、お得に手放したいという場合は買取サービスの利用がおすすめです。
特に人気のブランドやメーカーのテレビ台であれば買取価格も高くなり、処分費用も掛からないのでお得です。
テレビ台は捨てずに家具買取のエコスマイリーを利用してみましょう。

・エコスマイリーでは、遺品整理にて出た不用品は法令を遵守し、回収・処分のお手伝いを行なっております。

・不用品は全てをゴミとして扱うのではなく各リサイクル品や資源(有価物)、一般ゴミと分別して、全て廃棄処分するより地球環境にとっても、お客様がお支払いするトータルコストの面においても最良の方法にて回収処理させていただきます。資源項目:木類・衣類・金属類・家電類・プラスチック類ガラス類・陶器類・その他輸出可能品類※上記項目以外は一般ゴミとしての委託処理しております。

不用品記事
エコスマイリー
タイトルとURLをコピーしました