仏壇の処分方法とは?仏壇の処分方法一覧

遺品の供養 不用品記事

サービスカテゴリー

さまざまな要因から仏壇を手放したいと考えている方がいるでしょう。仏壇は捨てることができないものと考えている方もいます。仏壇を処分する方法にはどのようなものがあるのか詳しく紹介していきます。

 

仏壇の処分方法一覧

遺品整理費用 練馬区

 

・菩提寺に依頼する

菩薩時とはお墓のある寺のことです。仏壇があるということはお墓があるはずですから、そのお墓を管理しているお寺に仏壇の処分を依頼する方法があります。仏壇はただの家具として捉えることもできますが、一般的に仏教では魂が宿っていると考えられています。

 

そのため仏教の手続き上、仏壇を処分する前には【魂抜き】を行うことが多いです。【魂抜き】は閉眼供養とも呼ばれ、仏壇から先祖の魂を抜くことによって処分すると言う方法です。この方法では仏壇そのものを処分してくれる菩提寺もあれば、もう魂抜きをしたのであとは自分自身で仏壇を破棄してくださいと言われる場合もあります。

 

魂抜きは5万円前後で行われることが多いようです。

 

・仏具店に引き取りを依頼する

仏具店のすべてが仏壇の引き取りを行っているわけではありませんが、仏壇の引き取りを行っている仏具店は少なくありません。仏具店により供養を行うかどうかについても異なり、供養の有無により料金が異なるようです。

 

・不用品回収業者へ依頼する

仏壇は必ず魂抜きをしなければならないものではありません。法律的にも魂抜きを行う必要がある等と決まりがあるわけではありませんので、不要であればそのまま不用品回収業者へ回収してもらうことができます。取り扱いは家具と同じです。この場合では供養は行われませんので、供養をどうするかによって処分方法が変わると言っても過言ではないでしょう。また菩提寺により魂抜きをしてもらい、その後の処分を自分自身で行うように言われた仏壇の場合でも不用品回収業者へ依頼することができます。

 

・各地自体の指示に従い粗大ごみとして処分する

仏壇は分類上、家具と同じ取り扱いになります。そのためそのまま粗大ごみとして処分してしまうこともできます。仏壇を粗大ごみとして処分する場合には各自治体の粗大ごみの取り扱いに従いましょう。基本的には事前にリサイクルセンター等に連絡、粗大ごみ処理にかかるリサイクルシール、処理シールを購入し貼り付け、指定された日時に指定された場所においておく必要があります。

 

・専門業者へ依頼する

仏壇や仏具の処分を専門に取り扱っている業者もあります。菩提寺が近くにないもののしっかりと供養して処分したいという方におすすめの方法です。専門業者では魂抜きの供養から処分までをすべて引き受けてくれているところが多いです。仏壇の大きさ等により費用は異なりますが、菩薩時に依頼するのと同程度、またはそれより少し安い金額ではあるもののただ粗大ごみとして処分するよりは費用がかかります。

 

 

このように仏壇の処分は供養するかどうかも大きなポイントとなります。仏壇は家具のようなものですが、家具とは違った思い入れがある方が多いでしょう。その場合はやはり供養を実施しているところを利用しなければなりません。

 

仏壇を処分できること=供養してもらえることではありませんので、供養と処分は別に考えておくことをおすすめします。仏壇の処分を請け負っている業者だから供養してから処分するのだと思っていたら、ただ捨てられてしまっていたというトラブルを防ぐためにも、供養を行うかどうかについては家族全員で相談した上で決定すると良いでしょう。

 

・エコスマイリーでは、遺品整理にて出た不用品は法令を遵守し、回収・処分のお手伝いを行なっております。

・不用品は全てをゴミとして扱うのではなく各リサイクル品や資源(有価物)、一般ゴミと分別して、全て廃棄処分するより地球環境にとっても、お客様がお支払いするトータルコストの面においても最良の方法にて回収処理させていただきます。資源項目:木類・衣類・金属類・家電類・プラスチック類ガラス類・陶器類・その他輸出可能品類※上記項目以外は一般ゴミとしての委託処理しております。

不用品記事
エコスマイリー
タイトルとURLをコピーしました