冷蔵庫買取を依頼するなら家具買取・回収業者に依頼しよう!

不用品記事

サービスカテゴリー

不要になった冷蔵庫の処分に悩んでいる人はいませんか?
冷蔵庫によって大きさも異なるので、自力では処分できないと考える人もいるでしょう。
実は、家電リサイクル法により冷蔵庫は自治体で処分できません。
粗大ゴミと同じように処分できないため、適切な方法で処分する必要があります。
トラブルを防ぐためにも覚えておくと安心です。
そこで、冷蔵庫の捨て方や処分の費用を抑えるポイントなどを解説します。
冷蔵庫の処分法で悩んでいるのなら参考にしてみてください。

家電リサイクル法対象の冷蔵庫の処分方法とは?

まずは、故障した冷蔵庫や古い冷蔵庫の捨て方からご紹介しましょう。

・家電量販店に引き取りを依頼する

冷蔵庫が壊れた場合、新品の冷蔵庫を買うことになります。
冷蔵庫を買い替えるのであれば、冷蔵庫の購入と同時に家電量販店で今まで使っていたものは引き取ってもらいましょう。
処分するためのリサイクル料金や冷蔵庫を運んでもらう搬送費が掛かりますが、自分で運び出す手間がないので、女性でも安心です。

・冷蔵庫を購入したお店に引き取りを依頼する

冷蔵庫の処分のみをしたい場合には、冷蔵庫を購入したお店に引き取ってもらうことが可能です。
そのお店で未購入だと引き取りを断られるのではないかと考える人もいますが、家電リサイクル法により依頼は必ず受け付けるよう決められているので問題ありません。
運搬も行ってくれるので、大きい冷蔵庫も処分可能です。

・指定引取所に自分で持ち込む

捨てたい冷蔵庫は、自分で指定引取所まで持っていくことも可能です。
処分方法は以下の通りです。

①メーカーやサイズの確認

冷蔵庫の処分にはリサイクル料金の支払いが必要なので、その前に冷蔵庫のメーカー名とサイズを確認してください。
サイズは、冷蔵庫の内容積のことです。

②リサイクル券の受け取り

郵便局に行き、家電リサイクル券(振込用紙)に必要事項を記入します。
その後、リサイクル料金を窓口で支払ってください。

③指定引取所に持ち込む

冷蔵庫と家電リサイクル券の綴りを持ち、引取所まで自分で冷蔵庫を運びます。
引取所に関しては、一般財団法人家電製品協会のホームページで確認できます。
自分で運び出すので搬送費が掛からない点がメリットです。

・市区町村に問い合わせを行う

冷蔵庫の処分方法で悩んでいるのなら、一度住んでいる市区町村に問い合わせて相談するのもおすすめです。
適切な処分方法を教えてくれるので、間違った方法で捨てる心配がなくなります。
市区町村によっては、自治体が代行し、冷蔵庫を引き取ってくれる可能性もあります。

・ネットオークションやフリマアプリに出品する

まだ使える冷蔵庫であれば、出品することで買い手がつく可能性もあります。
ただし、配送料が掛かるので負担について購入希望者と相談する必要があるでしょう。
買い手を見つけるために時間が掛かる可能性もあるので、早めの準備が肝心です。
万が一、買い手がつかない場合は、処分方法を考え直す必要があります。

正しい方法で処分すればトラブルを防げる

上記の方法が冷蔵庫の正しい処分方法です。
場合によっては大きな手間も掛かるので、処分に面倒に感じる場合もあるでしょう。
しかし、間違った方法で処分してしまうとトラブルに発展するケースも少なくありません。
冷蔵庫の処分を検討した際に、不用品を回収してくれる業者に依頼をして引取を考える人もいます。
郵便受けにチラシが入っていたり、町中を巡回して不用品回収を行っていたりする業者を見たことがある人もいるでしょう。
しかし、そういった回収業者の中には悪質な詐欺行為や問題行為をする業者も存在します。
もちろん、きちんと正しい方法で処分をしている業者もいますが、「無料」をアピールする業者の場合、無許可で回収作業を行っている業者も多いので注意が必要です。
廃棄物の処分や収集を行うには、「一般廃棄物処理業」の許可を持っている必要があります。
万が一無許可だった場合、不適正な処理を行う可能性もあるため、トラブルに発展することも考えられます。

・不法投棄

無許可の回収業者の中には、回収した家電や粗大ゴミを不法投棄する人もいます。
中には必要な部品だけを回収して、そのほかを捨てる業者もいるのです。

・処理方法が不適切

環境対策をせずに家電を破壊すると、鉛やフロンガスなどの有害物質が放出されてしまいます。
また、管理が不十分なために発火し火災が発生する事例もあるのです。
実際に起こっていることなので注意が必要です。

・高額請求

無料を謳う回収業者の中には、高額請求をしてくれる悪質な業者も存在します。
荷物を積み込んだ後に「有料になる」などと請求し、膨大な回収費用を求める場合もあるのです。
こうしたトラブルに合わないためにも、無料回収業者には依頼しないようにしましょう。

冷蔵庫の処分に掛かる費用について

冷蔵庫を処分する際に掛かる費用については、冷蔵庫のメーカーごとに違いがあります。
例えば、パナソニックの冷蔵庫であれば

・170リットル以下:3,740円
・171リットル以上:4,730円

となります。

上記のリサイクル料金に加えて、家電量販店で引き取りを依頼する場合には、搬送費が掛かります。
搬送費は家電量販店によって違いがあるので、こちらもあらかじめ問い合わせておいてください。

費用を掛けずに処分する方法はある?

冷蔵庫を捨てるとなると費用が掛かってしまうので、不便だと感じてしまう人もいます。
しかし、正しい方法で捨てればトラブルを防げるほか、部品がリサイクルされるので地球環境の悪化を食い止めることにもつながるのです。
どうしても、費用を抑えて処分したい方は、家具買取業者に冷蔵庫買取をお願いしましょう。
家具買取業者は、家電や家具の買取専門店やリサイクルショップなどが該当します。
使用済みの冷蔵庫でも現金化でき、お金を支払わずに冷蔵庫を回収してもらうことが可能です。
費用を支払ってまで処分したくないと考えていた人にとっては有効な手段と言えます。
また、家具買取業者の中でも出張買取を行っている業者に依頼すれば、さらに便利に冷蔵庫を捨てられます。
また、メリットは以下の通りです。

・自宅まで査定しに来てくれる

出張買取サービスを実施する家具買取業者に依頼した場合、ショップに足を運ぶことなく自宅まで来て査定をしてくれます。
冷蔵庫であれば大きさによっては自家用車に積み込むことは不可能です。
トラックをレンタルするとなると、費用が大きく掛かるので手間となります。
しかし、出張買取を行ってくれるのであれば、自宅で待っているだけで買取を行うことが可能です。
もちろん、運搬も業者が行うので冷蔵庫を運び出す手間がありません。

・部屋の破損トラブルを防げる

冷蔵庫の処分時に起こりうるトラブルの中に、運搬時に家を傷つけてしまうことが挙げられます。
大きい冷蔵庫であれば、一人で持つのは難しく複数人で運び出す必要があります。
しかし、運び出す際に壁や天井、床に擦り付けたことで目立つ傷ができてしまう可能性があるのです。
壁紙や床の陥没で修理を依頼するとなると、修繕費も多く掛かってしまいます。
無駄な費用を省くためにも出張買取サービスを行っている業者に依頼する方が安心です。

・冷蔵庫以外の家電や家具も買い取ってもらえる

家具買取業者なので、自宅にある様々なものの買取を依頼できます。
洗濯機や掃除機などの家電のほか、机やタンス、テレビ台などの家具も全部まとめて買い取ってもらえるでしょう。
家具買取だけではなく家具回収も行う業者であれば、冷蔵庫買取だけではなく買取不可な家具や家電の回収も行ってくれるので、新たな処分方法を考えずに済みます。

・希望する日程に合わせて処分できる

冷蔵庫を捨てる場合、指定引取所に持っていく必要があります。
1人で持ち出せない場合は、知人や家族を頼りに都合のいい日時に合わせて持って行かなければなりません。
また、家電量販店に引き取ってもらう場合も、家電量販店の都合に合わせて日時が決められてしまうケースがあります。
しかし、家具買取業者の多くは、希望の日時や時間帯を伝えれば、その時間帯に自宅まで来てくれるのです。
仕事で忙しい人や、子育てをしている人、引越し日時が決まっている人でも便利なサービスと言えます。

高価買取可能な冷蔵庫の特徴とは?

冷蔵庫を買い取ってもらうのであれば、高価買取を望むでしょう。
そこで、査定に影響を与える高価買取が期待できる冷蔵庫の特徴をご紹介していきましょう。

・臭いのない冷蔵庫

冷蔵庫には食品を入れるため、どうしても臭いがついてしまいます。
最新の冷蔵庫であっても、冷蔵庫内の臭いがひどければ買取不可になる可能性もあるでしょう。
今後、冷蔵庫の売却を考えているのであれば、臭いを予防できるよう、防臭剤を設置し、こまめな掃除を心掛けましょう。

・製造年数が新しいもの

国内メーカーの冷蔵庫は、1年に1度のペースでモデルチェンジを行っています。
さすがに1年未満で売却を検討する人は少ないでしょうが、新しいモデルであれば高価買取を期待できます。
3~5年以内の製造年数であれば、比較的高額で買取してもらえることが考えられます。

・120~140リットルの小型冷蔵庫

120~140リットルの冷蔵庫は、新生活に向けての家電として需要があります。
これ以上少ない内容積であれば、需要もなくなってしまうので、買取価格も下がってしまうでしょう。

・200~400リットルの冷蔵庫

200~400リットルの冷蔵庫はファミリー向けの冷蔵庫です。
ファミリーだけではなく、新婚カップルが将来のことを考えて購入するケースも多いです。
200リットル以下の冷蔵庫は需要もないため、買取価格も低くなるでしょう。
冷蔵庫を購入する際には、売却時についても考えながら購入してみてください。

冷蔵庫を少しでも高く売る方法とは?

上記で紹介した高価買取が期待できる冷蔵庫じゃない場合でも、少しでも高く売る方法はあるのでしょうか?
査定額をアップさせるための方法をご紹介していきましょう。

・保証書を用意する

冷蔵庫を購入した際には、必ず保証書が付きます。
保管している場合は必ず用意をし、一緒に査定に出しましょう。

・付属品は揃えておくこと

冷蔵庫にも付属品があります。
長年使用していると、使い勝手の悪さから付属品を外す人もいます。
しかし、売却する場合には付属品が付いていないと査定額に影響を与える可能性があります。
例えば、卵を入れるケースや細かいものを入れておくトレイ、棚板などです。
購入した時に付いていた部品が全て揃っていれば査定額のダウンを防げます。

・綺麗に掃除をしておく

冷蔵庫は、野菜や冷凍食品、調味料などの様々な食品を保管する場所です。
衛生面に気を配りながら使っていくでしょうが、長年使用するうちに、汚れや傷は多くなっていきます。
傷は仕方がありませんが、汚れがあれば取り除くことで査定額のアップが期待できるかもしれません。
棚板だけではなく、溝などの細かい部分まで掃除をしていきます。
冷蔵庫の外側上部・下部はホコリが溜まりやすいので、できる限り取り除きましょう。
また、冷蔵庫内の臭いが強い場合には、冷蔵庫用の脱臭剤を使い、家具買取業者が来る日までに臭いを取り除いておくと良いでしょう。

・冷蔵庫以外にも家具や家電をまとめて売却する

買取業者ごとに違いはありますが、業者によってはまとめて売却すると査定額がアップすることもあります。
そのため、冷蔵庫だけではなく自宅の中で眠っている家電や家具を一気に売却してみましょう。
家の整理にもなるのでおすすめです。

冷蔵庫は家電リサイクル法によって処分する際には費用が掛かります。
家電量販店や指定引取所に持ち込むことで処分できますが、手間や時間も掛かり面倒に感じる人もいるでしょう。
そんな時は、家具買取業者に依頼すれば、手間なく捨てられる上に不要になった冷蔵庫を現金化することが可能です。
費用を掛けずに処分できるので大きなメリットがあるでしょう。
古いものは買取額が下がりますが、比較的に最新モデルだと高値で売れる可能性があります。
他にも清潔感や臭いなどにも目を向けて、買取額アップを目指しましょう。
エコスマイリーでは、冷蔵庫買取だけではなく不用品回収も行っています。
幅広い品目に対応しているので、家電・家具買取や回収で何かお困りごとがあれば、ご相談ください。

・エコスマイリーでは、遺品整理にて出た不用品は法令を遵守し、回収・処分のお手伝いを行なっております。

・不用品は全てをゴミとして扱うのではなく各リサイクル品や資源(有価物)、一般ゴミと分別して、全て廃棄処分するより地球環境にとっても、お客様がお支払いするトータルコストの面においても最良の方法にて回収処理させていただきます。資源項目:木類・衣類・金属類・家電類・プラスチック類ガラス類・陶器類・その他輸出可能品類※上記項目以外は一般ゴミとしての委託処理しております。

不用品記事
エコスマイリー
タイトルとURLをコピーしました