本棚の処分で悩んだ時の解決法は?お得に処分するコツをご紹介!

不用品記事

サービスカテゴリー

使わない本棚の処分方法で悩み、戸惑っている人は意外と多くいます。
いざ本棚を処分するという場面になって、「処分手順や必要な費用はいくらか」、「ゴミとして捨てるしかないのか」、「実は家具買取に出せるのではないか」、「家具回収サービスを利用できるかも」など、様々な疑問が沸いてきて何を選択するのが正解か分からなくなる人もいるでしょう。
今回は、本棚の処分で悩んでいる人のために処分方法を3つご紹介しながら、本棚の処分費用の目安やお得に処分するコツなど本棚の処分について詳しくご紹介します。

本棚を処分する3つの方法

本棚の処分をしたい場合、以下の3つの処分方法があります。

・自力で処分する
・家具回収の業者に依頼する
・家具買取の業者を活用する

処分方法によって作業の手間や必要な費用などが異なるので、自分に合った本棚の処分方法を知って、無理なくお得に本棚を処分しましょう。
それぞれの処分分方法について詳しくご紹介します。

①自力で処分する

本棚をゴミとして捨てて自力で処分する方法で、解体する場合と粗大ごみ扱いで捨てる場合で手順と費用が異なります。

・解体する場合

費用を抑えて捨てたい場合は、本棚を解体して可燃ごみとして処分します。
可燃ごみは多くの自治体で長さは30cm程度、太さは6~8cm角までなどサイズが決められているので確認しましょう。
解体処分のメリットは指定袋の料金だけで安く本棚が処分できる点です。
ただし、家具の解体をしたことがない人にとって、自力で大きな本棚を解体することは困難と言えます。
解体に使う本格的な工具が必要なだけでなく、大きな本棚を解体する体力と技術力、解体作業を行うための広いスペースも必要です。
技術と経験がなければ解体作業でケガをするリスクもあるでしょう。
さらに本棚によっては、指定袋に入れられるサイズまでは解体できない可能性もあるため、解体をする自信がない場合は他の方法で本棚を処分してください。

②自治体のごみ処理場まで持ち込む

解体をする自信はないものの、できるだけ費用をかけずに本棚を処分したいなら、自治体に持ち込んで処分する方法もあります。
自治体が指定する収集所に自分で本棚を運んで処分してもらいます。
あらかじめ自治体の粗大ごみ搬入日時を確認して電話などで持ち込みを予約してください。
指定の収集所までは、トラックなどを使って本棚を搬入することになります。
トラックの荷台に大型の本棚を載せて運ぶためには、力仕事ができるメンバーが必要です。
自力でトラックなどを使った搬入が難しい場合は他の方法で本棚を処分しましょう。

③戸別収集

粗大ごみ券を購入して自宅前などに本棚を出し、戸別収集してもらう方法です。
家の中から本棚を運び、自宅前や集合住宅の玄関前などまで運び出せるなら戸別収集で本棚を処分できます。
予め処分に必要な金額を確認し、金額分の粗大ごみ券を購入して収集予約をしてから、家の外に本棚を運び出しましょう。
収集日は予約から約1週間後の指定された日となり、処分に必要となる費用は自治体によって異なります。
詳細は住んでいる自治体に問い合わせ、確認してみてください。

基本的に自力処分の場合は解体や運び出しなどの手間をかけて本棚をゴミに捨てることになるだけでなく、捨てるための処分費用が必要です。
処分費用は大型家具になるほど高額となり、200~2,500円程度かかります。
まだ使える大きな本棚をゴミとして処分するという気分的な後ろめたさを感じながら、頑張って家の外まで運んでも、処分費用を支払わなければなりません。
自分では解体できない本棚、自分では運び出せない本棚、手軽に早く処分したい本棚、状態の良い本棚の場合は自力処分以外の方法を選択するべきでしょう。

家具回収の業者に依頼する

本棚を早急に処分したい場合や、自治体での自力処分ができない場合などは、家具回収業者を活用します。
部屋の中まで作業スタッフが来てくれて、一切の手間をかけずに本棚を処分してもらえます。
家具回収の日程も希望に沿ってもらえ即日対応が可能なケースもあり、楽にスピーディに本棚を処分したい人におすすめです。
多少の費用はかかってしまうものの、作業自体は本棚なら30分程度と早くで安心して任せられます。
集合住宅で幅120cm高さ200cmの本棚を作業員2人で家具回収するケースなら料金は約10,000円から、幅120cm高さ180cmの本棚2台を作業員2人で家具回収するケースなら料金は約16,000円程度となります。
家具を運ぶにはコツが必要なので、夫婦二人で本棚を持ち出すことが難しい場合などは、無理をせず家具回収サービスを業者に依頼し、安全に本棚を処分してもらいましょう。
ただし、家具回収のみを扱う業者の場合は、中古家具としての価値がある本棚でも回収して処分してしまうため、1円でも売れる可能性がある本棚なら家具買取も検討してください。

家具買取の業者を活用する

不要になったものを手放す時、真っ先にインターネットのオークションサイトやフリマアプリなどが思い浮かべた方も多いかと思います。
相場より高く本棚を売りたい人は、インターネットで売ることにメリットはあります。
しかし、集荷依頼で売ることは可能なものの、大型の本棚などは送料が高額となるため、高い送料を支払ってでも欲しいという人は少なく売ることは難しいと言えるでしょう。
早めに処分したい場合は、売れるまで待てないという可能性もあります。
本棚を売って処分したい場合は、家具買取の業者を活用してください。
処分費用をかけたくない、少しでもお金になるなら売りたい、早く処分したい場合は、家具買取が便利です。
家具買取なら、愛用してきた本棚をゴミ扱いするという罪悪感もなく、処分費用がかからないうえ、臨時収入を手にできます。
訪問査定してもらえば査定した日に引き取ってもらえるので、早めに処分してスッキリしたい人にもおすすめです。

家具買取してもらえる本棚とは

処分したい本棚が買い取ってもらえるかどうかは不安でしょう。
せっかく訪問査定してもらっても値段がつかなければ、気まずい雰囲気になる可能性もあります。
基本的に、本棚の家具買取で買い取ってもらえるか、高く売れるかはメーカーやブランドによっても異なります。
処分したい本棚が、家具買取で高額査定が期待できるメーカーやブランドなら、自力処分や家具回収ではなく家具買取を選択すべきです。
高額査定が期待できるメーカー・ブランドを3つご紹介します。

・カッシーナ

イタリアの有名ブランドであるカッシーナの家具は世界的に人気です。
使用する木材の質が高くデザインも秀逸なカッシーナの本棚は、メンテナンスをしながら長く愛用できる家具で手放す人が少ないこともあり、家具買取市場でも高値で取引されます。
代表作ヌーヴォラロッサブックシェルフは、イタリアの有名デザイナーが手掛けた作品です。
機能的でモダン、そして上質なカッシーナの本棚は本を入れても、パーテーションとして活用しても美しいので高額買取りが期待できます。

・ウニコ

シンプルでカスタマイズしやすいウニコの本棚は、インテリアのバランスを大切にする人に人気です。
ウニコの本棚なら中古でも欲しいという人がたくさんいるので、家具買取で高額査定が期待できます。
北欧風のヴィンテージ感を楽しむインテリアスタイルが特徴的なウニコには、使い勝手の良い本棚が揃っています。
ウニコのトールシェルフやオープンシェルフは家具買取市場でも定番人気商品です。

・アクメファニチャー

アメリカンなヴィンテージ家具を扱うアクメファニチャーの本棚は、遊び心の感じられるデザインと実用的な使いやすさで定評があります。
ブルックスシリーズのキャビネット本棚や、トロイのオープンシェルフ、グランドビューのシェルフなどが人気です。
木材やアイアンを使ったアクメファニチャーの本棚は、お手頃なタイプから高級なシリーズまで揃い、家具買取では高額査定が期待できます。

以上3つのブランドの他にも、アスプルンドやイデー、ジャーナルスタンダードファニチャーやマスターウォール、モモナチュラルなど、人気ブランドや一流メーカーの本棚は、元々の販売価格が高く中古で買いたいというニーズがあるため、高額査定が期待できると言って良いでしょう。

デザイン的には、重厚なタイプよりもシンプルでモダンな本棚の方が、人気が高い傾向にあります。
棚板が薄いタイプで、しっかりと上質な木材を使っている本棚なら査定額も高めです。
壁取り付けタイプや、立てかけタイプ、珍しい形などデザインに癖のある本棚よりは、一般的なデザインでどんな部屋にも馴染みやすいシンプルな本棚が人気を集めています。
最近はオープンシェルフタイプの本棚も高額査定が出やすくなっています。
いずれにせよ、需要があり状態がよい本棚は家具買取してもらえる可能性があるので、まずは問い合わせてみましょう。

本棚を家具買取で高額査定してもらうためには?

大切に使ってきた本棚や、元々の値段が高かった本棚なら、家具買取で可能な限り高値で買い取って欲しいと思うでしょう。
家具買取の査定ポイントについて予め知っておけば、高い査定額での家具買取が実現します。
高額査定を引き出すためのコツをご紹介しましょう。

・備品が揃っているか

家具買取では備品が揃っているかどうかが必ずチェックされます。
本棚の棚ダボや扉の鍵など、購入時に一緒についてきた備品がきちんと残っているなら一緒に家具買取の査定に出しましょう。
保証書や本棚の組み立て説明書、予備のネジなども揃っているなら一緒に準備しておきます。
査定前には可能な限り購入時の状態に近づけて査定額アップを狙いましょう。

・普段から丁寧に扱っているか

本棚を日頃から大切に使って、丁寧に扱っているかも査定に響きます。
ものをぶつけた傷跡や、こすった痕、塗装のハゲなどがなければ査定額アップです。
キズがある場合は、ホームセンターなどのキズ直しグッズなどを使って補修するのもおすすめです。
ただし、無理に補修をしようとして逆に傷付けてしまったり、塗装が剥がれてしまったりすることもあるので、自信がない場合は補修せずにそのまま査定を受けましょう。

・メンテナンスしているか

定期的にメンテナンスをしている本棚かどうかも査定額を左右します。
本棚の扉部分がスムーズに開かなかったり、棚板にぐらつきがあったりするなど、メンテナンスされていない本棚は査定額が下がってしまいます。
ネジを締め直すだけで改善するような不具合は、ひと手間かけて直しておくだけで査定額が良くなる場合があります。

・掃除が行き届いているか

家具買取を依頼する場合、1円でも高く売りたいなら本棚が綺麗かどうかにはこだわりましょう。
同じ本棚でも埃まみれの本棚より、綺麗に掃除された本棚のほうが査定する人の印象も良くなります。
棚板の奥のほうには意外と埃がたまっているので隅まできっちり掃除し、背の高い本棚なら一番上の段も忘れずに綺麗に拭きあげてください。
ガラス扉付きの本棚なら、ガラスの曇りも磨いてピカピカにしましょう。
手垢やべたつきも拭き取って、できるだけ綺麗にしてから家具買取を依頼すれば査定額アップが期待できます。

・他の家具・家電と一緒に売る

本棚の家具買取と同時に、他にも手放したい家具・家電があるなら一緒に売ると査定額が上がるケースもあります。
特に大型の本棚を出張で家具回収・家具買取依頼する場合、同時に買い取れる品があれば家具買取の業者にもメリットとなり査定に影響します。
本棚を処分したいなら、他にも処分できる家具・家電がないか確認してみましょう。

引越しやリフォームなどのタイミングで今まで愛用していた本棚を手放す際には、上手に家具回収・家具買取のサービスを利用すれば、無駄な処分費用を節約できたり、思わぬ金額で売れたりしてお得です。
一流メーカー、人気ブランドの本棚はもちろん、本棚のタイプやデザインによっては家具買取で高額査定が期待できます。
中古本棚として売れるか売れないか自分で判断できない場合でも、まずはエコスマイリーなどの家具買取・家具回収業者を試してみましょう。
エコスマイリーの場合はリサイクル専門の回収業者なので、回収も買取も可能で安心です。
本棚の処分をするならエコスマイリーの無料見積もりなどを活用しながら、少しでもお得な処分方法を選んでください。

・エコスマイリーでは、遺品整理にて出た不用品は法令を遵守し、回収・処分のお手伝いを行なっております。

・不用品は全てをゴミとして扱うのではなく各リサイクル品や資源(有価物)、一般ゴミと分別して、全て廃棄処分するより地球環境にとっても、お客様がお支払いするトータルコストの面においても最良の方法にて回収処理させていただきます。資源項目:木類・衣類・金属類・家電類・プラスチック類ガラス類・陶器類・その他輸出可能品類※上記項目以外は一般ゴミとしての委託処理しております。

不用品記事
エコスマイリー
タイトルとURLをコピーしました