要らなくなった椅子はどうする?家具処分・家具買取方法まとめ

不用品記事

サービスカテゴリー

引っ越しやライフスタイルの変化などで椅子を処分しなければいけない事もあります。
しかし、椅子をどのように処分したら良いのか分からないという人も多いのではないでしょうか?
そこで今回は、椅子の正しい処分方法やお得に処分する方法などについてご紹介していきます。
椅子の処分でどうしたらいいか悩んでいる人はぜひ参考にしてみてください。

椅子を家具処分するには?

使わなくなった椅子は、ずっと家に置いておくわけにはいかないため、処分しなければいけません。
まずは、椅子の正しい処分方法からご紹介しましょう。

自治体で廃棄処分してもらう

椅子は粗大ごみとして廃棄処分してもらえます。
粗大ごみとして出す場合は、通常のごみとは出し方が異なるので注意しなければいけません。
粗大ごみを出す場合は基本的に自治体の粗大ごみ受付窓口に問い合わせ、指定の集荷場所や回収日時を確認します。
1脚もしくは1セットで数百円の手数料がかかる自治体が多くなっています。
不燃ごみとして出すのであれば、自治体が定めた不燃ごみの回収日時に合わせて集荷場所へ持っていくようにしましょう。
自治体で廃棄処分してもらうメリットは、処分費用を抑えられるという点です。
しかし、回収日時や場所が決められていたり、自分で集荷場所に運ばなければいけなかったりするといったデメリットもあります。
また、ごみとして出すため使えるものであってもリサイクルはされません。

廃棄物処理に出す

使わなくなった椅子の数がかなりたくさんある場合は、廃棄物処理に出した方が良いでしょう。
廃棄物処理は、1kgあたり55円ほどが処分費用の相場になっています。
しかし、依頼する業者や椅子のサイズ、素材などの条件によって費用は変わってくるため、見積もりを出してもらわないと比較が難しいという特徴があります。
事務所などで使うような椅子は解体する事も難しいため、廃棄物処理業者に依頼した方がスピーディに対応してもらえる可能性が高くなります。
廃棄物処理業者に依頼をする場合は、出張してくれる業者か、出張は無料かといったポイントをチェックしておくとお得に家具回収してもらえるでしょう。

家具回収や家具買取を行っている業者に依頼する

使わなくなった椅子は、家具回収や家具買取を行っている業者に依頼して回収もしくは買取をしてもらえます。
家具回収や家具買取をしてもらう場合は、まず見積もりを出してもらいましょう。
そして、回収日時や回収費用・買取額に納得出来たら、正式に依頼をします。
業者にもよりますが、場所や日時を指定すると追加料金がかかってしまう可能性があるため、いつでも無料で回収してくれるような業者を探す事をおすすめします。
家具回収や家具買取を行っている業者に依頼する場合は、これまでの実績があるか、回収した椅子をきちんとリサイクルしてくれるか、料金形態は分かりやすいか、古物商許可を取得しているかなどを確認してください。
信頼できる業者であれば、実績や家具回収後の行先、料金形態などをホームページにきちんと掲載しています。

椅子はごみに出すより家具買取がおすすめ

椅子は、粗大ごみや不燃ごみとしても出せます。
しかし、程度が良い椅子を捨てるのはもったいないと感じる人もいるでしょう。
そのような場合は、捨てるのではなく家具買取がおすすめです。
続いては、椅子を買い取ってもらえる場所についてご紹介していきます。

ネットオークションやフリマサイトを活用する

最近、ネットオークションやフリマサイトを活用して不用品を処分する人も増えています。
ネットオークションやフリマサイトは利用している人も多いため、売却出来る可能性がかなり高いです。
人気が高い椅子の場合は、かなり高額で落札してもらえる事もあります。
ハーマンミラーのアーロンチェアBタイプは1脚59,000円ほど、アルフレックスのPFKアームチェアは3脚セットで25,000円ほど、カッシーナのジンジャーチェアは4脚セットで55,000円ほどが落札の相場となっています。

ネットオークションやフリマサイトを利用するメリットは、売りたい金額で出品可能な事や業者では買い取ってもらえなかった椅子も売却出来る可能性がある事です。
また、ネットオークションの場合は、出品するタイミング次第で予想以上の高額落札もあり得ます。
しかし、出品からは意匠が完了するまでに時間や手間がかかってしまう、個人間トラブル(商品に対するクレームや支払いの遅延など)が起こりやすいなどのデメリットもあります。
フリマサイトの場合は、しつこく値切られる事もあるため、値切る際の限度もあらかじめ決めておいてください。

リサイクルショップや家具買取業者に依頼する

使わなくなった椅子の家具買取を検討しているのであれば、リサイクルショップや家具買取業者への依頼もおすすめです。
リサイクルショップや家具買取業者の場合は、どのくらいで買取になるか見積もってもらい、納得出来たら売却するという流れになります。
自分自身で直接持ち込む店頭持ち込み、リサイクルショップや家具買取業者に宅配便で送る宅配回収、日時や場所を指定して回収に来てもらう出張回収から回収方法を選べるケースが多くなっています。
ただし、個人で経営しているリサイクルショップだと、店頭持ち込みのみ対応している場合もあるので事前に確認しておきましょう。

リサイクルショップや家具買取業者に依頼するメリットは、買い取れないものでも回収してもらえる、宅配回収や出張回収を利用すれば都合の良いタイミングで家具買取・家具回収をしてもらえる、他の不用品もまとめて買い取ってもらえるといったものが挙げられます。
しかし、買い取れないものを引き取ってもらえないリサイクルショップもある、椅子のブランドに関する知識がないと査定額が低くなってしまう、買い取れない椅子の回収費用が掛かってしまう可能性があるなどのデメリットもあります。
リサイクルショップや家具買取業者に依頼する場合は、個人経営かどうか、店頭に置かれている商品の金額はどのくらいに設定されているのかなどを確認し、極端に安い買取額で妥協しないようにしましょう。

椅子を高く買い取ってもらうためのポイント

買取を依頼するのであれば、高く買い取ってもらいたいと誰もが思うでしょう。
そこで、査定額をアップしてもらうためのポイントをご紹介していきましょう。
少しでも高く売りたいとお考えであれば参考にしてみてください。

付属品は揃えておく

椅子の場合は少ない可能性もありますが、家具には付属品が付いている事もあります。
椅子であれば、クッションやヘッドレストなどが考えられます。
家具買取をしてもらう際には付属品がない場合、業者によっては買取不可能となる可能性もあるので注意が必要です。
取扱説明書や組み立て方法、パーツの種類など、椅子を購入した際に付いてきた紙類も付属品にあたるので揃えておくと良いでしょう。

ブランド品は高価買取になる可能性

ハーマンミラーやアルフレックス、カッシーナなどのブランド物は高値での買取が期待出来ます。
ベビーチェアも需要があるため、高値買取になりやすいです。
また、オフィス用の椅子はまとまった数で依頼すると、高値になりやすいです。

大きな損傷が無ければ買取可能

大きな傷がある椅子は買取不可能になる事が多いです。
自分でリメイクした椅子についても、査定額が大幅にダウンする危険があります。
しかし、目立った傷がない椅子であれば、多少の使用感があっても買取してもらえる可能性があります。
買取出来ないのではないかと不安を感じている場合には、業者に相談しましょう。

組み立て式の椅子はパーツに注意

組み立て式の椅子の場合、購入した際にドライバーや六角レンチが付属されています。
予備用のネジがあった場合も全て揃えておくと、査定金額もアップするでしょう。
細かなパーツも多いですが、買取を考えて大切に保管しておく事が大切です。

高価買取なら早く売る事が大切

椅子の種類やブランドに関わらず、椅子のデザインにも流行があります。
カラーの組み合わせがトレンドのものであるなど、時期によって流行があるので、高価買取を狙うのであればなるべく早く売る事が大切です。

汚れは落としておこう

家具買取を依頼する際には、業者に査定をしてもらう前に出来る範囲で汚れを落としておきましょう。
しかし、椅子と言っても素材には違いがあります。
間違った方法でしてしまうと、椅子を逆に傷付けてしまう原因となるため注意が必要です。
そこで、素材別の掃除方法をご紹介していきます。

<布製品>

椅子のクッション部分や背もたれ部分に布が使われている場合、ごみやホコリなど、ある程度の汚れを掃除機で吸い取りましょう。
汚れがあれば薄めた中性洗剤を使用して水拭きを行っていきます。
水分が多すぎてしまうと、汚れの範囲が広がってしまう可能性もあるので、絞る事が大切です。
掃除が完了したら、乾きやすいように風通しの良い場所へ置いてしっかりと乾燥させましょう。

<木製品>

木で造られた椅子は多いです。
湿気や乾燥に弱い特徴があるので掃除を行う際には気を付ける部分があります。
まずは、ホコリやごみを柔らかい布で拭き取りましょう。
汚れがある場合には、雑巾を固く絞り水拭きを行います。
水拭きをしたら乾拭きを行う事で水分を残さないため、椅子を傷めません。
また、日頃から使い方に気を付ける事も大切でしょう。
雑菌を取り除くために天日干しを考える方もいますが、椅子を天日干ししてしまうと乾燥を招いてしまいます。
乾燥すると椅子にヒビが入ってしまう可能性があるので天日干しは避けた方が良いでしょう。

<スチール>

スチールが使用された椅子の場合、手垢やホコリが付きやすいです。
こまめに拭き取る事で汚れを目立たなくさせられます。
査定を依頼する前に、固く絞った雑巾で水拭きをして、水が残らないように乾拭きを行いましょう。
落ちない汚れにはクリーナーやコーティング剤を使用する事も出来ます。
しかし、洗剤によっては曇りを助長する働きもあるため、目立たない部分で試し拭きをしてから使用してください。

<バンブー>

優しい雰囲気のバンブーの椅子を査定してもらう前に、水拭きを行いましょう。
油分が付いている場合は、薄めた中性洗剤で汚れを落とせますが、洗剤が残ったままになると変色を招く危険があります。

<ウォーターヒヤシンス>

アジアンな雰囲気を醸し出すウォーターヒヤシンスを使用した椅子は、初めに乾拭きで溜まっているホコリを取り除きましょう。
その後、網目部分に溜まっているごみを取り出していきます。
掃除機のブラシノズルを使うと便利でしょう。

店頭買取・出張買取ならどちらを選ぶべき?

要らなくなった椅子を買取してもらう場合、店舗買取や出張買取と言った種類があります。
どちらを選ぶべきなのか、魅力を解説していきましょう。

店舗買取は、売りたい椅子を店舗に直接持ち込む事で査定をしてもらえます。
メリットとしては、出張費や運搬費用が掛からない事が挙げられます。
しかし、運搬をするのは自分自身です。
椅子といっても大きさは様々で、一人で持ち運べないケースもあるでしょう。
車を利用する場合も、大きな椅子であれば入らない可能性もあります。

出張買取は、家具買取・家具回収業者が自宅まで来てもらい、査定を行う方法です。
自分で運搬する手間が掛からない事が一番のメリットでしょう。
椅子以外にもテーブルやタンスなど、大型家具の買取を依頼したい場合にも便利だと言えます。

どちらの方法もメリットが多いですが、家具買取の場合は出張買取を実施している家具買取業者に依頼する事で、より多くのメリットを得られるでしょう。
全ての作業を専門のスタッフが行ってくれるので手間がありません。

椅子の処分方法でお悩みであれば、家具買取・家具回収業者に買取を依頼しましょう。
状態の良い椅子やブランドの椅子は高値査定が期待出来ます。
汚れがあっても取り除く事で査定額をアップさせられるため、綺麗に掃除すると満足のいく結果となるでしょう。
その際には、出張買取を実施している業者を選択すれば手間を大きく省けます。
エコスマイリーでも出張買取を行っているので、椅子の売却をお考えの場合はご相談ください。

・エコスマイリーでは、遺品整理にて出た不用品は法令を遵守し、回収・処分のお手伝いを行なっております。

・不用品は全てをゴミとして扱うのではなく各リサイクル品や資源(有価物)、一般ゴミと分別して、全て廃棄処分するより地球環境にとっても、お客様がお支払いするトータルコストの面においても最良の方法にて回収処理させていただきます。資源項目:木類・衣類・金属類・家電類・プラスチック類ガラス類・陶器類・その他輸出可能品類※上記項目以外は一般ゴミとしての委託処理しております。

不用品記事
エコスマイリー
タイトルとURLをコピーしました