不要な家電の処分はどうする?家電買取や回収をしてもらうには?

不用品記事

サービスカテゴリー

引越しやライフスタイルの変化などによって、必要となる家電も変わります。

特に結婚をした場合は、一人暮らし時代に使っていた家電が不要となるケースが多いです。

不用になった家電でも壊れていなければ、継続して使えるものも少なくありません。

壊れていなくて継続して使えそうな家電が不用になった場合はどうすれば良いのでしょうか?

今回は、家電買取や家電回収はどのようなタイミングで考えるケースが多いのか、家電買取の相場を左右するものとは何か、自分ではもう使わないけど使い続けられる家電を高値で売る方法、家電処分の数ある方法の中で家電買取がおすすめの理由についてご紹介していきます。

不要だがまだ使える家電を買取に出すべきか迷っている人は、ぜひ参考にしてください。

 

 

■家電買取や家電回収はどの時期に行うべき?

まだ使い続けられる家電が不要となるのは、結婚を機に結婚するタイミングが多いと考えられます。

しかし、もちろんそれは大きなきっかけなのですが、その他にもまだ使える家電を処分する時期はあります。

まずは、まだ使い続けられる家電を家電買取・回収に出そうとするきっかけにはどのような理由があるのか見ていきましょう。

 

・結婚などを機に新居へ引っ越す時

引越しは、家の中を片付けるため、不要なものを処分できるチャンスでもあります。

家電の場合は、使えるものだと不要とは言えませんが、結婚する場合や恋人と同棲するために新居へ引っ越す場合は、家電を処分しなければいけないケースもあるものです。

冷蔵庫やテレビなどはどちらかが持っているものを新居へ持ち込めば良いため、片方は不要となるためです。

そのため、結婚などを機に新居へ引っ越す時に、まだ使い続けられる家電でも家電買取・回収に出そうと考える人が多く見られます。

 

・新しいモデルを購入する時

家電は定期的に新モデルが発表されます。

古いモデルでも使い続けられますが、新しいモデルには新機能が搭載されます。

古いモデルだと買取の価格は少し下がってしまいますが、1世代前もしくは2世代前くらいのモデルであればそこまで値段は下がりません。

特に丁寧に使用していて、状態が良ければ高値で買い取ってもらえる可能性もあります。

そのような理由から、新しいモデルを購入するために古いモデルを買取に出し、購入費用の足しにするという人もいます。

 

・省エネ家電の導入を検討する時

最新の家電は、省エネが意識されています。

古いモデルであっても省エネを意識した製品はありますが、新しいモデルの方が電気代を節約できるのです。

省エネ家電の導入を検討する人は、これまで使っていた家電を買取に出し、新しいモデルを買おうと考えるケースが多いです。

 

家電買取や家電回収を行う時期は人によって違いますが、上記を参考にどの時期に行った方がより効率的なのかを考えてみましょう。

せっかくのチャンスを逃してしまわないように気を付けてください。

 

 

■家電買取の相場を左右する要素

 

家電は、リサイクル店や不用品買取業者に依頼して買い取ってもらおうと考える人が多いです。

しかし、家電買取の相場を決めるのにどんな要素が関係しているか、いまいち分からないという人も少なくないでしょう。

続いては、家電買取の相場を左右する要素についてご紹介します。

 

・大きな傷や汚れがないか

傷や汚れは、買取の相場に大きな影響を与えます。

使っている中でつく小さな傷の場合は、仕方ないことなので相場に影響を与えることは少ないです。

しかし、大きな傷や落とすのに時間がかかってしまうような汚れは、買取価格をかなり下げてしまいます。

特に、見てすぐ分かる場所にある傷や汚れ、日焼け、たばこのヤニ汚れ、色あせ、きつい臭い(ペットやたばこ、食べ物など)は、査定額を大幅に下げてしまう可能性が高いです。

傷の修復は難しいかもしれませんが、臭いはなるべく取り除く工夫をすると良いでしょう。

 

・人気のブランドは高く買い取ってもらいやすい

家電の人気ブランドは、服や家具などでもそうですが、比較的高値が付きやすいです。

日本国内のメーカーが手掛けている家具であれば、基本的に高値で買い取ってもらいやすいので、不要なら家電買取に出しましょう。

 

・製造年数は買取価格に直結する

製造年数は、家電買取の重要なファクターです。

製造年数が古い家電は、寿命が迫っていると考えられ、買取価格が安くなるでしょう。

製造から何年以内の家電を買取に出すのがベストだというはっきりとした基準は決まっていませんが、製造から5年以内の家電は価値があると思われやすいです。

しかし、家電の種類によっては製造から3年以内などかなり新しい場合でも、高値で買い取ってもらえない可能性もあります。

これは、家電の種類によって使用できる寿命が違ったり、中古品としてのニーズが違ったりするためです。

 

・故障でも買取できるケースもある

壊れている家電は買取が難しいと思ってしまいますが、壊れ具合によっては買取できるケースもあります。

壊れていない家電と比べると買取価格は下がってしまいますが、簡単に壊れた部品を交換でき、リサイクル店や買取業者側が大きな損をしないのであれば、買い取ってもらえる可能性は高いです。

特に、まだ比較的新しいモデルで使っている期間が短い場合も諦めずリサイクル店や買取業者に相談してみましょう。

 

業者ごとに買取対象に含まれるもの・含まれないものに分けられます。

改めてどのようなものが家電回収できるのか、上記を参考にチェックしておきましょう。

 

 

■家電を高値で売るには?

 

まだ使える家電を買取に出すなら、なるべく高値で買い取ってもらいたいと思うでしょう。

高値で売るためには、いくつか押さえておきたいポイントがあります。

続いては高値を付きやすくするポイントをご紹介しましょう。

 

・付属品を揃える

家電には、購入時についてきた付属品があります。

付属品を揃えておくことは、高値で買い取ってもらえる可能性を高めるので、とても重要なポイントになります。

取扱説明書もしくはCD-ROMやメーカーの保証書、購入した店の保証書、電源アダプタとコード、充電アダプタ、接続ケーブル、リモコン、消耗部品は必要な付属品です。

付属品が揃っていなくても買取はできますが、基本的な使い方が書かれている取扱説明書や家電を動かすために必要な電源アダプタとコード、充電アダプタは特に重要です。

見た目が綺麗でも電源を入れられない状態だとジャンク扱いになってしまう可能性もあります。

また、保証期間内の製品であれば万が一の時に修理に出せるので、メーカーの保証書と購入した店の保証書も一緒にしておきましょう。

 

・需要があるシーズンに買取に出す

家電は、需要があるシーズンに買取に出すと高値が付きやすいです。

需要があるシーズンで最も大きいのは、3月~4月の引越しシーズンでしょう。

進学や就職、転勤などの関係で新しい生活をスタートする人が多いため、中古家電の需要が高くなります。

可能であれば、引越しシーズンに合わせて買取に出すことをおすすめします。

しかし、自分自身の引越しがその時期と被っていない場合は、次の年まで待つと型落ちで買取価格が下がってしまうこともあるので、早い時期に買取依頼をしましょう。

引越しシーズンではない時に買取へ出すのであれば、それぞれの家電で新しいモデルが発売する時期を狙うと良いでしょう。

大型冷蔵庫は8月~9月、小型冷蔵庫は2月~3月、エアコンは11月~4月、空気清浄機は8月~9月など、時期は様々です。

買取に出そうと考えている家電が型替えする前までであれば、比較的高値で買い取ってもらいやすいです。

 

・綺麗な状態にしておく

家電に限ったことではありませんが、なるべく綺麗な状態にしておいた方が高値で買い取ってもらいやすくなります。

まだ新しいモデルであっても、ひどく汚れていると買取価格はかなり低くなります。

汚れている部分はしっかりと掃除し、高値で買い取ってもらえるように工夫しましょう。

リサイクル店や不用品買取業者に依頼する前の掃除は当たり前のことでもあるので、きちんと綺麗にしておいてください。

普段の生活の中でなるべく汚れないように意識していれば、買取に出す際も労力が不要になります。

また、家電の故障を防ぐことにもつながるため、こまめな掃除はとても大切です。

 

・型番を伝える

家電の買取をしてもらう際に、型番を伝えることも重要なポイントになります。

型番は、本体の背面や側面に貼られているラベルに書かれています。

そのラベルには、メーカーの名前であったり、製造された年も書かれたりしているので、査定時に必要となる情報が詰まっているのです。

買取に出すモデルの相場を事前に調べる際にも必要なので、型番はしっかりと確認しておきましょう。

 

・動作確認をする

買取に出す直前まで使っていた家電であれば、しっかりと動作することが分かるでしょう。

しかし、少し使わない期間があった場合は動作確認をしておく必要があります。

異音や異臭などがないか、機能は正常か、ボタンに不具合はないかなどを確認しておいてください。

動作するかどうかは査定に大きな影響を与えます。

もしも、何らかの不具合がある場合は、買取に出す際に伝えておくと考慮した査定を出してくれるケースもあります。

 

 

■お得に家電を処分したいなら家電買取がおすすめ!

不要な家電の処分は、粗大ごみとして出す方法や家具・家電の買取業者に売るなどの方法があります。

最後に、家電の処分方法にはどのようなものがあるのかご紹介し、特におすすめの方法はどれなのか見ていきましょう。

 

 

【不要な家電の処分する方法】

 

・買取専門店で売る

不要な家電は、買取専門店で買い取ってもらえます。

買取専門店では、電話やWEBで無料査定ができるサービスを提供していることが多いので、事前にどのくらいの買取金額になるか調べることができます。

また、出張買取も行っているため、引越しの日に合わせて買い取ってもらえるというメリットもあるのでおすすめです。

 

・不用品回収業者に引き取ってもらう

不用品回収業者では不要な家電の回収も行っています。

不用品回収業者の中には回収をするだけではなく、買取を行っている業者もあります。

買取専門店と比べると買取価格は低くなってしまうかもしれませんが、買取費用で回収費用を相殺できる可能性もあるのでおすすめの方法だと言えるでしょう。

不用品回収業者に不要な家電を回収してもらう場合の費用は、3,000円~5,000円程度が相場です。

しかし、業者によって料金設定が異なるため、利用する予定の業者にどのくらい料金がかかるのか確認してみてください。

 

・リサイクル店に売る

リサイクル店では、服や家具、おもちゃなどを取り扱っていますが、家電も買い取ってもらえます。

家電はサイズが大きいため持ち込むのが大変ですが、出張買取をしてくれるリサイクル店もあるので、そのようなサービスをフル活用しましょう。

リサイクル店に買い取ってもらった家電は、リサイクルされるので使えるものを無駄にせずに済みます。

しかし、次に使う人のことを考えて、きれいに掃除しなければいけないので少し手間がかかってしまうかもしれません。

 

 

【家電買取・回収を行っている業者への依頼が特におすすめ】

 

家電の処分方法は、いくつも考えられます。

どの方法にもメリットはありますが、家電買取・回収を行っている業者への依頼が特におすすめです。

どうして家電買取・回収を行っている業者への依頼がおすすめなのかというと、他の方法よりも早く処分ができるからです。

リサイクル店で買い取ってもらえないほど古いモデルであったり、傷や汚れがひどい家電であったりしても、回収してもらえるというメリットもあります。

それだけではなく、家電の搬出もしてくれるので労力も必要ありません。

都合の良い日に合わせて回収してくれる家電買取・回収業者も多いことも、大きなメリットだと言えるでしょう。

家電買取・回収業者に依頼するのであれば、ホームページなどに明確な料金設定が書かれている業者を選ぶと安心です。

 

 

不要になってしまった家電の処分は、サイズの大きさなどの理由から簡単ではありません。

しかし、家電買取・回収業者のように家まで取りに来てくれるサービスもあるので、そのようなサービスをフル活用し、お得に処分できる方法を選びましょう。

もしも、家電の処分で悩んでいるのであれば、ぜひエコスマイリーにご相談ください。

・エコスマイリーでは、遺品整理にて出た不用品は法令を遵守し、回収・処分のお手伝いを行なっております。

・不用品は全てをゴミとして扱うのではなく各リサイクル品や資源(有価物)、一般ゴミと分別して、全て廃棄処分するより地球環境にとっても、お客様がお支払いするトータルコストの面においても最良の方法にて回収処理させていただきます。資源項目:木類・衣類・金属類・家電類・プラスチック類ガラス類・陶器類・その他輸出可能品類※上記項目以外は一般ゴミとしての委託処理しております。

不用品記事
エコスマイリー
タイトルとURLをコピーしました