不用品を正しく捨てる方法とは?家の片付けとゴミ回収は業者にお任せ!

不用品記事

サービスカテゴリー

引っ越しや遺品整理を行う際は多くのゴミや不用品が見つかります。
不用品の中には、簡単に捨てられるゴミもあれば、大きくて重たい不用品もあることでしょう。
単にゴミとして処分するにも、捨て方には住んでいる地域によって定めがあるため、きちんと守ることが最低限のマナーです。
今回は、ゴミのきちんとした捨て方やより簡単に処分できる方法、さらに家の片付けとゴミ回収を同時に行える不用品回収についてご紹介します。

ゴミは決まりを守って捨てなければならない

自治体が行うゴミ回収では、それぞれルールが決まっています。
曜日によって回収できるゴミが大きく違っており、ルールを守らないとトラブルに発展するので注意が必要です。
特に分別が細かい地域となると、自分自身ではきちんと分別しているつもりであっても、自治体から分別できていないとみなされず、回収されない場合があります。
その場合は町内の班長さんやゴミを持ってきた人が再度分別し、出さなければなりません。
回収されなかったゴミを放置すると臭いが発生したり、カラスが集まったり、さらにはルール違反の犯人探しなど大騒ぎになってしまう可能性もゼロではありません。

・夜間のゴミ出しは基本的にはNG

生活スタイルが多様化している現在では予感にゴミ出しを行う人が増えています。
家の片付けを行う際も明るいうちにできるだけ家を片付けて、夜にはゴミ出しを行うというケースもよく見られます。
しかし、夜間にゴミを吐き出す行為は、不法投棄を増やす危険性を持っています。
ゴミステーションの傍を通る人が、「ここは常にゴミが置いてあるから勝手にゴミを捨てても構わない」と勘違いし、不法投棄する可能性が高まります。
不法投棄の数が多くなると、その分周辺は汚れていき、どんどん住み心地の悪い町へと変わっていってしまうでしょう。
また、ゴミは放火の原因にもなりかねません。
ゴミがある状態でタバコが投げ捨てられてしまえば、最悪の事態を引き起こします。
ゴミ集積所の近くに住んでいる人の安全を守るためには、ゴミ出しの分別ルールや時間帯をきちんと守りましょう。

・ひどい場合には管理費が値上げする可能性も

ゴミ出しのマナー違反が多い地域では、管理費を高く設定されてしまう可能性もあります。
事実、特に最近の都市部では夜間のゴミ出しが多いことから、物件の管理費を高くする傾向があります。
夜間に出してもいいという感覚で地方に移り住むと、ゴミ出しに関して知識がないことでトラブルを生んでしまうケースもしばしばです。
引っ越し先にて荷物を仕分ける際には、一度ゴミの処分方法をよく確かめてみましょう。

大型のゴミは粗大ゴミとして捨てる必要がある

一辺が30cmや50cm以上となるような大型のゴミは、粗大ゴミで回収するルールになっています。
ただ粗大ゴミの処分に関しても、住んでいる場所ごとにルールが定められており、あらかじめ処分を依頼し、処分に必要な券を購入しなければなりません。
粗大ゴミの処分は基本的にはゴミステーションへと不用品を運ばずに、自宅の玄関やマンションの1階入り口辺りに置くことで自治体が回収してくれます。
処分の際に立ち合いが必要で、その際に処分費用がかかる場合もあるので、きちんとルールに従うようにあらかじめ確認してから処分を進めていきましょう。

・家電については処分に決まりがある

いくら一辺が大きい物とはいえども家電は簡単に処分できないようになっています。
家電の中にはリサイクルを推進されているものが多く、家電4品目にあたるエアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機、衣類乾燥機に関しては、どの地域でも粗大ゴミとして処分できません。
家電4品目を処分したい場合には、購入した店舗に持っていき回収してもらうか、リサイクルショップで引き取ってもらう、又は指定引取場所に持ち込む必要があります。

・一度にたくさんは処分できない

粗大ゴミは一度に出せる量が決まっていることが多いです。
自宅の前に不用品を置くわけですから、道路を狭めてしまうような数を一気に捨てることはできないのです。
しかし、家の片づけを行う際は、たくさんの要らない物が出てきてしまうはずです。
そんな時は別の方法で処分を進めていきましょう。

処分に困ったのならば不用品回収業者に依頼するのがおすすめ

お金もかかれば一度に捨てる数が限られている粗大ゴミを処分する際は、不用品回収業者の利用もおすすめです。
不用品回収業者は依頼すれば一度にたくさんの不用品を回収してもらえます。
回収する物に関してはルールが厳しいわけではなく、動物や盗品、銃器、中身の入ったスプレー缶などでなければ大抵引き取りが可能です。
そのため、片付ける際に出てしまった多くのゴミと一緒にあらゆる不用品を処分できるので、効率よくゴミの処分を進めていくことが可能です。
家電4品目となる家電の回収も可能であり、引っ越してきたばかりなどの理由でゴミ出しのルールをいまいち分からない人にとっては、うってつけの処分方法となるでしょう。

・家の片付けとゴミ回収の両方をしてくれることも

不用品回収業者の優れた点は家の片付けも行ってくれる部分にもあります。
散らばった部屋にある細かい雑貨を仕分けながらどんどん片付けが進んでいくため、自分や手伝ってもらう人だけではできないスピードで片付けが行えます。
特に遺品整理となると、自分自身が使っていた部屋ではない場合が多く、物の一つ一つの捨て方や、捨てるべきかどうかで悩まされることでしょう。
そんな悩みで時間をロスすることなく片付けが行える不用品回収業者によって、物を整理してもらいながら不用品であるかどうかをきちんと確かめることも可能です。
片付けからあまり時間をかけたくないのであれば、利用に料金はかかりますが不用品回収業者の力を借りることをおすすめします。
引っ越しで時間に猶予がないとなれば、なおさら利用価値があると言えます。

・査定や買取でさらにお得に!

不用品回収によって不用品をまとめて一気に処分できるだけでもありがたいと感じますが、まだ使用できそうなものを捨てるのは何だかもったいないと思うことでしょう。
不用品回収の中には査定業務や買取業務を行っているところもあり、リサイクルショップのように価値を付けて売却可能です。
中には想像もしなかった金額で売れる場合があり、粗大ゴミで出すよりもお得に捨てられます。
リサイクルショップのように売れる物も限定されてはいないので、様々なものに価値は付けられれば、その場で現金化も可能なため、大変便利に感じるでしょう。
自宅にいながらもリサイクルとできる回収業者で、スムーズかつお得にできる片付けを進めていくのが、どんな片付けよりも優れています。

様々な理由から家の片付けは定期的に行われますが、必ずと言っていいほど不要なものが出てきます。
個人で処分しきれないほど大量のゴミが出た場合は、不用品回収を活用してみましょう。
不用品回収業者の中には、家の片付けとゴミ回収の両方を担当してくれるところもあるので、忙しくて片付けができない人や物が多くて一人では限界がある時などの利用に便利です。
また、まだ使えるものや状態が良いものだと、処分ではなく買取で手放す手段があります。
エコスマイリーは首都圏で不用品回収をはじめ、家の片付けや遺品整理、さらには不用品買取にも対応可能です。
家の片付けを考えている方は、依頼を検討してみてください。

・エコスマイリーでは、遺品整理にて出た不用品は法令を遵守し、回収・処分のお手伝いを行なっております。

・不用品は全てをゴミとして扱うのではなく各リサイクル品や資源(有価物)、一般ゴミと分別して、全て廃棄処分するより地球環境にとっても、お客様がお支払いするトータルコストの面においても最良の方法にて回収処理させていただきます。資源項目:木類・衣類・金属類・家電類・プラスチック類ガラス類・陶器類・その他輸出可能品類※上記項目以外は一般ゴミとしての委託処理しております。

不用品記事
エコスマイリー
タイトルとURLをコピーしました