出張買取を使うメリットとデメリット!売れない場合は回収がおすすめ

不用品記事

サービスカテゴリー

家の片付けで要らないものが出た場合、粗大ゴミで出したり、ネットオークションなどで売ったりと、様々な手段で処分されます。
手っ取り早くお得に捨てるのであれば、おすすめは出張買取の依頼です。
しかし、出張買取を試したことがない人の中には、どのようなメリットとデメリットがあるのか分からない人が多いでしょう
そこで今回は、出張買取のメリットやデメリット、注意点などについてご紹介します。

出張買取で不用品を処分するメリット

不用品を出張買取してもらうにあたって、どのようなメリットがあるのでしょうか?
まずは出張買取ならではのメリットからご紹介します。

・持ち運びがいらない

部屋の片付けで出てきた要らなくなったものの中には、大型で持ち運びが難しいものもあります。
そんな時は、出張買取が便利です。
出張買取はわざわざ店舗に行く必要がなく、自宅で買取査定を行ってもらえます。
そのため、買い取ってもらいたい品を持ち運ぶ必要がなく、大きくて重い品物を売りたい時も安心です。
また、移動するためのガソリン代や交通費が掛かる心配もないのが魅力です。

・その場で現金化してくれる

出張買取では、査定と同時にその場で現金で支払ってくれるメリットもあります。
後払いのイメージがありますが、ほとんどの業者が現金での即日払いを基本としているので安心です。
ただし、品物の数や高価なものを売った場合は、現金が不足する場合もあり、その場合は振り込みという形で支払われます。
その方法でも比較的に早く振り込まれるので、安心して待ちましょう。

・待ち時間がいらない

店頭買取では待ち時間が発生しますが、出張買取には待ち時間がありません。
なぜなら、自宅での買取がほとんどなので、自宅で家事や子育てをしているうちに査定は終わります。
店頭での買取は暇を持て余しますが、出張買取の査定中は家事など他のことにも目を向けられる余裕を確保できます。

・追加査定をしてくれる

店頭に持ち込んで査定をしてもらうと、思ったよりも査定が低くてもう少し持ってくればよかったと思うこともあるでしょう。
しかし、出張買取であれば、自宅なので追加査定をお願いすることも可能です。
手放そうか迷っている品でも、査定に出してみると高値が付く場合もあります。
まとめて売ることで金額がアップする場合も多いです。
もし後から売りたいと思ったものが出てきたら、査定員に相談してみてください。

出張買取に生じるデメリット

出張買取には、メリットだけでなくデメリットもあります。
安心して利用するためにも、出張買取のデメリットも確認していきましょう。

・18歳未満からの買取ができない

出張買取を行っている業者は、古物営業法により18歳未満からの買取に対応できません。
もし業者側が親に内緒で18歳未満と取引をした場合は、親にバレると取引が無効になります。
業者側の利益が発生するとは言えないので、基本的に18歳未満の未成年者からは買取をしていない業者が多いのです。

・事前予約が必要

出張買取は、基本的に事前予約が必要です。
なぜなら、業者側がお金や車を手配するための準備が必要だからです。
そのため、お客側とお店側との日時の調節が必要になります。
今すぐに買い取ることができないのは、デメリットと言えるでしょう。

・エリアが限られる

出張買取は、買い取り業者が動けるエリアが限られています。
1つの店舗で全国どこでも駆けつけられるわけではないので、注意が必要です。

出張買取を依頼する時の注意点

出張買取は不用品を買い取ってくれるため便利なサービスですが、依頼の際にいくつか注意点があります。

・依頼をする時は大きな家具家電の有無を伝える

出張買取を依頼する際には、大きな家具・家電があるか伝えておきましょう。
大きな家具家電を運搬するためには、大型の車両もしくはトラックが必要です。
有無を伝えておかないと、買取用の車両を持って来なかったために二度手間になってしまいます。
そのため依頼をする際は、買い取ってもらいたいものの中に、大型家具・家電があるのかきちんと伝えておきましょう。

・本人確認書類を準備しておく

出張買取を依頼する際の取引に必要となるのが、本人確認書類です。
古物営業法により、本人確認書類に記載されている住所以外では買取ができないとされています。
その確認のために、重要となるので必ず準備しておきましょう。
取引がスムーズになるように、顔写真付きの身分証明書を準備しておくと安心です。

出張買取の流れ

出張買取は便利なサービスですが、どんな流れで交渉が進んでいくのか分からないと不安に感じるものです。
そのため、出張買取の流れを大まかでもいいので頭に入れておくと良いでしょう。
ここでは、出張買取の流れをご紹介します。

・ホームページもしくは電話から申し込みをする

サイトのホームページから申し込みフォームに商品名や状態などを記載していきます。
商品の情報を細かく記入すると、査定額も正確になるので、商品のメーカーや型番などを確認しておくと良いでしょう。
中には、申込フォームがない店舗もあります。
その場合は、ホームページに記載されている電話番号からの申し込んでみてください。

・数日後業者訪問

申し込みから数日後、訪問日時を知らせる内容で電話もしくはメールが届きます。
そして、当日になると業者が訪問し、商品の査定が始まります。
業者が訪問する前に、査定額が言い渡されてからの訪問もあるので、金額に満足できない場合は注意しましょう。

・本人確認

訪問から査定が終わるまでの間に本人確認が行われるので、確認用の書類を準備しておきましょう。
本人確認は訪問と同時に行われることが多いので、最初に準備しておくと安心です。

・査定結果と査定額に了承してもらう

査定が終了すると、業者から査定結果と査定額がお客側に知らされます。
それに了承のサインをもらってから商品が運び出されるので、この時点でもう少し売りたいものがあれば追加査定してもらいましょう。

・査定額支払い

査定が終わって了承を得ると、その場で現金での支払いで終了します。
しかし品数が多いと、運び出しが終了しない場合があります。
その際は、後日に連絡が来て運び出しが行われる場合が多いようです。
悪徳業者の場合は、支払い前に商品を運び出して査定額を後日連絡すると言って帰っていきます。
悪徳業者に騙されないためにも、最初の訪問の時点で見極めておきましょう。

買取に対応してくれない場合は回収の選択

出張買取で不用品を査定してもらう時、中には価値が付かない品物が出てくる場合があります。
価値がつかない品物は買取業者では回収の対象外です。
そのため、もし引き取ってもらえない場合は一般ゴミや粗大ゴミで個人的に出さなければなりません。
また、不用品回収を行う業者に頼むのも良いでしょう。
不良品回収業者では、処分に手間がかかるものや自治体では回収できない家電などをまるごと引き取ってくれます。
一気に要らないものを捨てたいという時にピッタリなサービスです。
不用品回収業者の中には、買取を行うところもあるので、両方のサービスを利用できる業者だと損をせずに処分できます。

出張買取はとても便利なサービスですが、メリットだけでなくデメリットもあります。
デメリットをきちんと把握した上で、出張買取を利用しましょう。
また、注意点や買取の流れについても把握しておくと安心です。
しかし、業者の中には、電子機器やパソコン周辺機器などの壊れやすいものを取り扱っていない場合があるので注意しましょう。
出張買取を行っているエコスマイリーでは、パソコンなどの壊れやすい電子機器や楽器類の買取・回収が可能なので、捨てたいものがある際は問い合わせてみてください。

・エコスマイリーでは、遺品整理にて出た不用品は法令を遵守し、回収・処分のお手伝いを行なっております。

・不用品は全てをゴミとして扱うのではなく各リサイクル品や資源(有価物)、一般ゴミと分別して、全て廃棄処分するより地球環境にとっても、お客様がお支払いするトータルコストの面においても最良の方法にて回収処理させていただきます。資源項目:木類・衣類・金属類・家電類・プラスチック類ガラス類・陶器類・その他輸出可能品類※上記項目以外は一般ゴミとしての委託処理しております。

不用品記事
エコスマイリー
タイトルとURLをコピーしました