着物の買取は種類とブランドが重要!高価買取の秘訣

不用品記事

サービスカテゴリー

着物を処分したいけど、どうやって処分すべきかで悩んでいませんか?
もう着ない着物があるなら、買取サービスを活用しましょう。
着物は、種類やブランドなどによって買取価格に差が出ます。
そこで今回は、着物の価値を高価買取をしてもらう秘訣をご紹介します。

着物は種類やブランドによって買取価格が違う

一口に着物と言っても、種類やブランドは様々です。
着物に詳しい人ならグレードや希少性が判断できるものの、知識がない人にとっては自宅のタンスに眠っている着物について、正確な種類すら判断できないという場合もあるでしょう。
着物を買取に出す場合、種類によって買取額が付きやすいものとそうでないものがあります。
もちろん、保存状態にもよるので一概には言えませんが、まずは売りたい着物の種類やブランドをチェックしてみましょう。
特に高額買取になりやすい着物は、以下の着物です。

・有名作家や人間国宝の手による着物
・色留袖や黒留袖
・京友禅、加賀友禅、十日町友禅などの友禅
・大島紬・塩沢紬・結城紬などの紬
・振袖
・訪問着
・小紋
・付け下げ
・色無地

格式が高いもの、品質が良いもの、着用シーンが多いものは高価買取が期待できます。
結婚式や卒・入学式、七五三などのセレモニーに着用できる着物は買取市場でも人気です。
また、華やかで美しい友禅など、元々の品質が高い着物は高価買取が期待できるでしょう。

伝統工芸品の着物は希少性で高額査定

有名な産地の着物も希少性があり買取市場で人気です。
伝統工芸品に指定された着物なら、高額買取が期待できます。
人気がある紬や上布は、生産者が減り希少性が高く需要もあります。
希少性のある着物の買取金額(上限)の相場は次の通りです。

大島紬:200,000円
黄八丈:180,000円
郡上紬:150,000円
久留米絣:130,000円
宮古上布:100,000円
越後上布:80,000円
塩沢紬:20,000円

上記の金額はあくまでも買取上限価格の目安となるため、状態によっては値段が前後します。

着物の買取相場は種類別で傾向が違う

着物には様々な種類があり、それぞれ価値が異なるので、価格はケースバイケースです。
しかし、高額買取が期待できるかどうかが気になる人にとって、査定に出す前に相場感を把握しておきたい人も多いでしょう。
ここからは、種類別の買取相場について、傾向をご紹介します。

・訪問着

買取市場では、訪問着は高く買い取ってもらえるケースが多いです。
既婚者も未婚者も着用できる訪問着は、着用シーンも多く人気があります。
着物の中でも特に高額買取されているのが訪問着です。
一般的に胸の部分から裾にかけて華やかな柄が入っています。
正絹なら最低価格8,000円~、高級品で状態の良いものなら最高価格200,000万円までと、品質により買取価格に差があります。

・振袖

未婚女性が着用する格式の高い着物で、買取市場では高値で取引されます。
袖が長いほど高額になり、最低価格で10,000円~となるケースが多いです。

・留袖

既婚女性向けの格式高い着物です。
留袖は品質の高い着物であることが多く、高値買取につながりやすいと言えるでしょう。
最低価格で5,000円~、品質や状態によっては70,000円ほどで取引されることもあります。
色留袖の格式は、地の色が黒い黒留袖と訪問着の中間の位置付けで、お祝い事にも使われるため着用シーンが多い着物です。
有名作家の着物も多いので、思わぬ高値が付くこともあります。

・付け下げ

付け下げは、訪問着よりもカジュアルな着物です。
訪問着を簡略化した着物なので、生産が容易で手頃な価格で手に入ります。
元々の購入価格が低い分、買取価格も安めで相場としては3,000~12,000円程度となります。

・紬

格式的にカジュアルな紬は、本来は普段着として着用される着物です。
普段着としての着物なので日本各地に紬の産地があり、今は伝統工芸としての価値が高まっています。
鹿児島県奄美地方の大島紬や、茨城県と栃木県の結城紬、新潟県魚沼地方の塩沢紬などが特に有名です。
紬の着物は独特の美しさがあり買取市場でも人気で、3,000~10,000円が相場となっています。
品質や状態、伝統工芸品としての価値によって買取額がさらにアップする可能性も高いです。

・色無地

単色で染められた黒以外の着物で、普段着として着用されます。
紋を入れて略式の正装としても着用でき使いやすい着物です。
紋入りの色無地も買取可能で、相場は3,000~5,000円となります。

・小紋 小紋は細かい柄が全体に施された普段着です。 柄によって人気に差があり、江戸小紋・加賀小紋・京小紋なら高額査定が期待できるでしょう。

手間がかかる着物ほど値段が高い

値段が高い着物は、非常に多くの手間がかかっています。
ほぼ全ての行程を1人の職人が行っている着物なら、芸術作品としての価値もあると言えるでしょう。
手間がかかる芸術作品と考えれば、査定額が跳ね上がるもの頷けます。
色を染めた生地を使うのではなく、染められた絹糸を使って模様を織る着物など、独特の技法から生み出される着物には、数十万の査定額がつくケースが多いです。
プリントものなど大量生産された着物ではなく、人の手で生み出された手間のかかる着物ほど買取価格は高くなります。

高価買取の秘訣

着物を買い取ってもらう場合、できるだけ高額買取してほしいと思うのではないでしょうか。
高価買取の秘訣を知っておくと、大切な着物を安く買い叩かれることもありません。

・証書を提示する

着物を購入した際の証書は、産地や作家を保証する証明書です。
有名作家が手掛けた着物は高額で取引されるので、証書は必ず提示してください。
証書の有無によって数万円の査定差が生まれることもあります。
着物を買ったときには、必ず着物と一緒に証書を保管するようにしましょう。

・必要がないなら早めに売る

「何となくもったいないから」と、着ない着物を取っておくのは査定価格を下げる原因です。
アンティークの価値があるもの以外は、新しい着物の方が高価買取されます。
つまり、着物も古くなればなるほど価格が下がるので、手放すなら早いに越したことはありません。
特に、振袖は色や柄に流行があるので、一昔前の流行デザインは価格が下がりがちです。
伝統的な柄を選んでいても、古い着物は査定額が下がるので必要がないなら早めに売りましょう。

・保管は丁寧に

丁寧に保管した着物は状態が良く査定価格も高くなる可能性があります。
反対に、着用後のクリーニングが適切でなかったり、しまい込んだまま放置していたりすると、シミやシワだけでなく色あせや黄ばみ、虫食いなどが発生して買取価格が下がってしまうでしょう。
もちろん、多少のシワや汚れ程度なら買取可能という業者も多いので、自己判断せずに査定に出すことをおすすめします。

 

最近は、日本の伝統的な着物が世界的にも注目を集めています。
着物を着用してみたいという外国人も増え、着物の需要が高まっているので、自宅のタンスに眠っている着物を売るチャンスと言えるでしょう。
着物の価値は素人目には判断がつきにくく、査定に出してみて初めて価値に気付くこともあります。
古びた着物が実は有名作家の作品だったり、伝統工芸品としての価値があるものだったりと、思わぬ高額査定が付くかもしれません。
実家の片付け、遺品整理などで着物を処分する場合は、古びているからとリサイクルを諦める前に、ぜひ買取業者に査定を依頼してみましょう。
もちろん、数多くの不用品を片付けながら、着物の買取手配までするのは手間がかかります。
もし面倒で片付けられないなら、即日作業のエコスマイリーにお任せください。
処分に迷う様々な品をスムーズに査定して作業いたします。
適切な価格で着物を売りたい人は、ぜひお問い合わせください。

・エコスマイリーでは、遺品整理にて出た不用品は法令を遵守し、回収・処分のお手伝いを行なっております。

・不用品は全てをゴミとして扱うのではなく各リサイクル品や資源(有価物)、一般ゴミと分別して、全て廃棄処分するより地球環境にとっても、お客様がお支払いするトータルコストの面においても最良の方法にて回収処理させていただきます。資源項目:木類・衣類・金属類・家電類・プラスチック類ガラス類・陶器類・その他輸出可能品類※上記項目以外は一般ゴミとしての委託処理しております。

不用品記事
エコスマイリー
タイトルとURLをコピーしました