自動車を売る時に必要な手続きと書類とは?売却時の注意点もご紹介!

不用品記事

サービスカテゴリー

今乗っている自動車を売りたいという方はいませんか?
乗らなくなったから、新しい自動車に買い替えたいからなど様々な理由があるでしょう。
しかし自動車を売却するためには、多くの手続きが必要なことをご存じですか?
自動車の売却は財産を手放すようなものなので、書類や手続きが多いです。
そこで今回は、自動車を売るために必要な手続きと書類についてをご紹介します。
また後半では、売却の際の注意点や個人間で売買をした場合についてもご紹介していきます。
これから自動車を売りたい方は、ぜひ参考にしてください。

中古車を売るためにはどんな書類が必要?

自動車を売るためには、まず書類が必要になります。
どんな書類を準備すればいいのでしょうか?
ここでは、売却時に必要な書類についてご紹介します。

・自動車検査証

自動車検査証とは、車検証のことを指します。
自動車検査証は車検が切れている自動車でも必要なので、きちんと保管してあるか今一度確認してみましょう。
紛失した場合は、陸運局に連絡すれば再発行ができます。
再発行をする場合は手数料が掛かるので注意が必要です。

・自動車税納税証明書

自動車納税証明書は、毎年の春に自動車税が納められているか確認するための証明書です。
自動車税納税通知書に付いてくる紙で、公共料金と同じような形式をしています。
自動車税が納税されていない場合は自動車の売却はできないので、売却をする前に納税しておきましょう。

・印鑑登録証明書

印鑑登録証明書は、住民票がある自治体の役所で発行できる書類です。
登録された自分の実印を証明するために使用します。
自動車を売却する時には、譲渡証明書に実印を押さなければなりません。
譲渡証明書があることで名義変更ができるので、売却をするためには実印が必要です。
その実印の有効性を証明するための書類が、印鑑登録証明書です。
しかし、実印の登録がされていないと印鑑登録証明書も発行できないので、先に実印を登録しておきましょう。

・自賠責保険証明書

自賠責保険証明書とは、自動車・バイクなどの持ち主が強制加入しなければいけない保険の証明書です。

自賠責保険証明書とは、自動車やバイクなどの持ち主が義務付けられている自賠責保険の加入を証明するための書類です。
車検を行うたびに更新されているので、自動車検査証と一緒に保管されていることが多いです。
紛失した場合は、売却した車を購入したディーラーに問い合わせをして再発行をしてもらいましょう。

・自動車検査証記入申請書(軽自動車の場合)

軽自動車を売却する時は、買い取り業者から自動車検査証記入申請書に記入を求められます。
所有者や名義変更をするために必要になるので、買い取り業者スタッフの指示通りに記入しましょう。

中古車を売るための手続きとは?

中古の自動車を売るためには、どのような手続きが必要になるのでしょうか?
ここでは、売る時の手続きについてご紹介します。

1.自動車の査定を受ける

売却する買い取り業者が決まっている場合は、早速査定をしてもらいましょう。
自動車の査定は、出張査定を行っている買い取り業者に依頼するとあちこち移動しなくて済みます。

2.申し込みの手続きをする

査定額が決まったら、売却をするための手続きを行います。
手続きをする前に、査定額に納得がいかなかった部分を確認してみましょう。
もし納得がいかないままでの売却では不満が残ってしまうため、ここできちんと解消しておきましょう。

3.書類と売却の準備

手続きに必要な書類を準備して、売却の準備をしましょう。
必要な書類は、先ほど紹介した書類です。
必要な書類が用意されていると、査定額が上がる可能性もあります。

4.売却車両の引き渡し

手続きが完了したら、売却車両を買い取り業者に引き渡しましょう。
この時点で契約が終了になるため、キャンセルはできません。

自動車を売る際の注意点

自動車を売る時には、いくつか注意点があります。

・売却先はきちんと見極める

ディーラーで下取りをしてもらう場合は気にする必要はありませんが、買い取り業者に買い取ってもらう場合は業者をきちんと見極める必要があります。
買い取り業者の中には、悪徳業者もいるかもしれません。
営業マンが帰ってくれなかったり再査定をしたりと不自然な点が多い場合は、悪徳業者の可能性が高いです。
中には、査定額が低いのに高額なキャンセル料を払うように強要してくるところもあります。
そのため、査定をした場所に即決するのではなく、売却先を見極めましょう。

・自動車の相場を調べておく

自動車を売却する前に、自分が乗っている自動車の買取相場を調べておきましょう。
相場を知っておくと、低い査定額の時に気づけます。
また相場を知っていれば、交渉によって査定額が上がる可能性もあります。
相場の調べ方は、インターネットで調べると大体は分かりますが、実際に査定をしてもらった方が良いでしょう。

・キャンセル時の規定を確認しておく

売主と業者側とのトラブルを避けるために、契約後のキャンセルはしないようにしてください。
契約後のキャンセルは、キャンセル料が掛かる場合もあります。
しかし、急に自動車が必要になったなどの理由で、どうしてもキャンセルしなけれならない場合もあります。
その場合は、キャンセル時の規定をきちんと確認しておくと良いでしょう。
キャンセル時の規定を把握しておくと、高額なキャンセル料を払わずに済む可能性があります。

個人間で売買をした場合は?

個人間で自動車の売買をした場合は、どのようなことが重要になるのでしょうか?
個人間での売買は、不安を持つ人も多いでしょう。
不安を持たないためにも、きちんと理解しておくことが大切です。
ここでは、個人間で売買をした時の重要な点についてご紹介します。

・各種手続きをきちんと行う

個人での売買は、業者がしていた手続きをじぶんで 行う必要があります。
特に名義変更をする時には、全ての書類が揃っていないと手続きを進められません。
またコミュニケーションをきちんと取っておかないと、トラブルの原因にもなります。

・必要な書類を準備しておく

売主か買主で用意する書類が異なります。
買主は車庫証明と実印、印鑑証明書が必要です。
名義変更に必要な書類なので、必ず用意しましょう。
売主は、印鑑証明書や自動車検査証など様々な書類が必要です。
中には再発行をしなければならないものもあるかもしれないので、きちんと確認しておきましょう。

・名義変更に費用が掛かる

名義変更には、移転登録費用や検査登録手数料など様々な費用が掛かります。
金額は自治体によって異なるかもしれないので、役所に聞いておくと安心です。

 

自動車を売却する時に必要な手続きと書類について紹介してきました。
自動車の売却は財産を手放すことと同じようなものなので、たくさんの書類が必要です。
中には、元々自動車の収納ボックスの中に入っている物もあります。
自動車を売却する時は、きちんと細かいところまで確認しておきましょう。
また、売却をする業者はきちんと選ぶことが重要です。
自動車専門の買い取り業者の中には、高額なキャンセル料を要求してくる業者もいます。
そんな悪徳業者に引っかからないように、買い取り業者を見極めるところから始めましょう。
自動車の買い取りであれば、不用品の買い取り業者も買い取ってくれます。
もし個人間での売買や業者との契約に不安がある方は、不用品買い取りに依頼してみてはいかがでしょうか?

・エコスマイリーでは、遺品整理にて出た不用品は法令を遵守し、回収・処分のお手伝いを行なっております。

・不用品は全てをゴミとして扱うのではなく各リサイクル品や資源(有価物)、一般ゴミと分別して、全て廃棄処分するより地球環境にとっても、お客様がお支払いするトータルコストの面においても最良の方法にて回収処理させていただきます。資源項目:木類・衣類・金属類・家電類・プラスチック類ガラス類・陶器類・その他輸出可能品類※上記項目以外は一般ゴミとしての委託処理しております。

不用品記事
エコスマイリー
タイトルとURLをコピーしました