遺品整理は買取でお得!大切な人が残した遺品の整理方法とは?

不用品記事

サービスカテゴリー

大切な家族が亡くなってしまった時、遺品整理を行う必要が出てきます。
一生のうちに、何度も行うことではないため、どのような方法で整理をしていけば良いのか分からないことも多いでしょう。
そこで、遺品整理を自分でする場合の流れや注意点の他に、プロに頼むメリットをご紹介していきます。

遺品整理の下準備

故人の部屋や家には様々なものが置いてあります。
家具や家電の他にも洋服や食器、本や人形など、多くのものがあるでしょう。
短期間で終わらせたいからと、すぐに取りかかれば尚更時間がかかる可能性もあります。
スムーズに遺品整理を行うためにも、下準備を入念に行いましょう。

・現場の確認

まずは、遺品整理を行う部屋や家の確認をしましょう。
どれくらいの量の家具や家電が置いてあるのか、部屋はいくつあるのか、汚れは多いのか、といったことを確認し、自分でも遺品整理ができるかチェックします。

・時期の決定

次に、遺品整理を行う時期を決めます。
自分だけの判断で遺品整理を行えば、親族から批判される可能性もあります。
親族間でトラブルに発展することも多いため、遺品整理を行うことはあらかじめ伝えておきましょう。
できる限り、親族が全て揃った状態で行うことでトラブルを防げますが、参加できない人がいる際には、処分方法は作業する人に任せるといった事項を承諾してもらいましょう。

・契約解除

故人が生前に契約していたものは解約する必要があります。
賃貸物件であれば、退去の手続きや電気やガスの契約解除も行います。
不要な費用を払わないためにも、スムーズな手続きが必要です。

・道具の用意

遺品整理を行う際には様々な道具が必要です。
段ボールやゴミ袋、ほうきや雑巾、掃除機など、掃除道具は必要となります。
故人が所有していた荷物によって用意する量にも違いがあるので、あらかじめ確認しておきましょう。
また、マスクや軍手も必須です。
服装は汚れても良い動きやすい服装にしましょう。

遺品整理の手順

次に、遺品整理の手順を解説していきます。

①残すものと処分するものに分ける

まずは、部屋にあるもの全てを残すもの・処分するものに分けていきます。
あらかじめ、どういった荷物を残しておくか相談しておくとスムーズに進めるでしょう。
現金や通帳、書類の他、売却可能な資産価値のあるもの、個人が大切にしていたもの、思い出のあるものなどは、残しておくものとなります。

②不用品の処分

分類ごとに分けたら、不用品の処分をしていきます。
可燃ゴミや不燃ゴミ、粗大ゴミなどに分けていき、自治体ごとにあるルールで処分します。
粗大ゴミは回収してもらう他、自分で処理施設まで持ち込む方法があります。
事前に方法を調べて正しく捨てることが肝心です。

③資産価値のあるものの処分

骨董品や美術品など、資産価値のあるものに関しては、遺言状があればその内容に従う必要があります。
遺言状がなければ、親族間で話し合いを行い、処分方法を決定します。
もし、全てをゴミとして処分するのであればリサイクルショップに買取を依頼することも可能です。
ネットオークションやフリマアプリなども活用できるので、自身に合った方法で売却を検討してみましょう。

遺品整理にはトラブルも!?注意点とは

上記の方法で遺品整理を進めていきますが、遺品整理にはトラブルが付き物です。
注意点をあらかじめ知り、スムーズに遺品整理ができるよう取り組んでください。

・時間がかかる

部屋が広い、部屋数が多い、荷物が多い、などの時は、遺品整理にも時間がかかります。
仕事をしている場合には、仕事が終わってから整理を始めるため、考えているよりも多くの時間を要するでしょう。
場合によっては1ヶ月近くかかる可能性もあるため、余裕を持って整理をしていきましょう。

・ストレスが溜まる

遺品整理は、初めのうちは様々な荷物が出てくるため、故人のことを思い懐かしい気持ちや余裕があります。
しかし、長い時間していると片付かない現状に戸惑い、心も体も疲れてしまうでしょう。
負担を与えないためにも、少しずつ遺品整理をしてください。
時にはリフレッシュをして気分を変えることも重要でしょう。

・処分に迷うものも

遺品整理では、不用品や残しておくものの他に、処分に迷ってしまうものも多くあります。
大切な人をなくした不安から、判断力が欠けていることもあります。
そういった場合には、一旦処分方法を決めることをやめ、保留にしてください。
間違った判断をしないためにも有効な方法でしょう。

・近所迷惑になる可能性も

遺品整理では、家具を運び出す作業や掃除をする作業もあり、音の問題も出てきます。
特に、マンションやアパートといった集合住宅では近隣の部屋に音が響きやすく苦情がくる可能性もあります。
遅い時間帯まで整理をしていると、迷惑になるので夕方には一旦終了し、残りは次の日に行うようにしましょう。

業者に頼むメリット…買取を依頼すればお得に整理可能!

自分の手で遺品整理を行うことはできますが遺品整理を行う業者も存在します。
第三者が介入することで相続関係に問題が出てくる可能性もありますが、事前に依頼することを了承してもらえばトラブルを防ぐことが可能です。
業者に頼むメリットを伝えることも有効でしょう。

・作業する手間がない

いらないものを捨てるだけだと思われがちですが、遺品整理は時間と労力を使います。
想像しているよりも膨大な時間がかかる可能性もあり、体だけではなく心にもストレスを抱えやすいです。
こうした問題を防ぐためにも業者に依頼するメリットはあるでしょう。

・運搬も手間なく実施できる

不要な家具や家電の中には、一人では運べないような大型なものも多いです。
女性のみで遺品整理をしている場合は、荷物が運び出せずに前に進めない場合もあるのです。
しかし、遺品整理を行っている業者に依頼をすれば、大きな家具や家電も運び出してくれます。
傷つけずに丁寧にしてくれるため安心でしょう。

・不用品の分別もしてくれる

可燃ゴミや不燃ゴミ、粗大ゴミやリサイクルなど、処分方法には様々なものがあります。
住んでいる地域が違えば、処分する方法も違うので、わざわざ確認してから捨てることになります。
それでは大きな手間となり時間もかかってしまうため、面倒に感じてしまうでしょう。
業者であれば処分方法も熟知しているため、任せっきりにしていても安心です。

・遺品の買取を行う業者も存在する

遺品整理では、資産価値のあるものやまだ使えるものなど、様々なものが出てきますが、親族で誰も貰い手がいなければ処分しなければいけません。
まだ使えるものであれば捨てることは勿体ないため、リサイクルを検討するでしょう。
リサイクルショップへの持ち込みやネットオークションなど、様々な方法がありますが、買取まで対応している業者もあるため、活用することでスムーズに遺品整理を終わらせることが可能です。
遺品整理では費用がかかる場合もありますが、買取してもらえればお得に処分できるので大きな魅力です。

遺品整理は時間も手間もかかる作業なので1人で行うことは難しいです。
プライベートの時間が削られ、ストレスが溜まることもあるでしょう。
東京や神奈川、埼玉や千葉に対応しているエコスマイリーでは、遺族に代わってスタッフが遺品整理を行います。
お客様と一緒に大切な遺品を分別し、不要なものは処分します。
まだ使えるものは買取もしているので、お気軽にご相談ください。
大切な遺品は丁寧に取扱い、心を込めて整理いたします。

・エコスマイリーでは、遺品整理にて出た不用品は法令を遵守し、回収・処分のお手伝いを行なっております。

・不用品は全てをゴミとして扱うのではなく各リサイクル品や資源(有価物)、一般ゴミと分別して、全て廃棄処分するより地球環境にとっても、お客様がお支払いするトータルコストの面においても最良の方法にて回収処理させていただきます。資源項目:木類・衣類・金属類・家電類・プラスチック類ガラス類・陶器類・その他輸出可能品類※上記項目以外は一般ゴミとしての委託処理しております。

不用品記事
エコスマイリー
タイトルとURLをコピーしました