家具を手放す前に!高価買取のポイントと格安回収の方法とは?

不用品記事

サービスカテゴリー

引っ越しや片付け、家具の買い替えのタイミングで不要になった家具を手放す方法は様々です。
誰か必要な知人に家具を譲ったり、とりあえず保管できる場所に移動しておくという人もいるでしょう。
しかし、もう使わない家具は手放してお金に変えるという方法もあります。
今回は、家具を手放す際のおすすめの選択肢である家具の高価買取のポイントと格安回収の方法をご紹介します。

家具の高価買取のポイントは?

愛着のある家具や、購入時に高かった家具を買取に出す場合、なるべく高値で買い取ってほしいと思うのではないでしょうか?
実は、家具買取の査定では高価買取のポイントがあります。

・家具に合った買取店を選ぶ

まずは、どこで家具を売るかが高価買取のポイントです。
家具は実用品なので、買う側の立場から見れば8年~10年前位までの家具が購入の対象となります。
もちろん、10年以上前の家具でも買い取ってもらえるケースはあるものの、新しい家具と比較すると高価買取は難しいでしょう。
ただし、アンティークとしての価値がある家具、レトロな味わいが魅力の家具などは、骨董的な価値を評価してくれる買取店を選べば、高価買取の可能性もあります。
家具に合った買取店を選ぶことが高価買取のポイントの1つ目です。

・家具はきれいに掃除しておく

家具の買取査定を良くするために、家具の掃除は徹底することをおすすめします。
店頭に並べる前にお店側がクリーニングをするからと、掃除の手を抜いてしまうと査定で不利です。
特に、長年愛用してきた家具の場合は、見慣れていて汚れに気づきにくいこともあるでしょう。
目につきやすい部分はもちろん、見落としがちな部分も含めてきれいに掃除をしておくことが、高価買取のポイント2つ目です。

・家具の中は空っぽにしておく

当たり前のこととはいえ、意外と見落としがちなのが家具の中身を忘れずに全部出すことです。
食器が入ったままの食器棚や、洋服が入ったままのタンスなどは査定が下がる傾向があります。
査定してもらう際に家具の内部までしっかりチェックしてもらうためにも、必ず家具の中は空っぽにすることが高価買取のポイント3つ目です。

・大手の業者からチェックする

安心して高価買取をしてもらうためには、大手の家具買取・回収業者を選ぶことも重要となります。
特に、新しい家具、きれいな家具、需要度の高い家具を買取に出したい場合は、大手業者を活用することが高価買取のポイント4つめです。

査定の実態からみる高価買取のポイント

では、実際の買取現場で査定をする側のお店の人は、どのような視点で査定を行っているのでしょうか。
家具の高価買取のポイントについて、お店の人の本音をアンケートから調べてみました。

・きれいに掃除してある家具は高額査定

家具の掃除が行き届いていると買取価格を高くつけるという人は86%でした。
やはり、高価買取のポイントは家具の掃除です。
少しでも買取価格を上げたいなら、ぜひ掃除を徹底しましょう。

・店頭持ち込みの家具は高額査定

出張査定と持ち込み査定では、査定額が違うことも多いようです。
アンケートでは、店頭持ち込みの家具の査定額が高くなると答えた人が67%となっています。
やはり、出張鑑定には人件費や交通費などがかかる分、家具を持ち込んだ方が高額買取になりやすいと言えるでしょう。

・家具の補修については意見が分かれる

補修が必要な家具について、査定依頼の前に傷などの補修をすべきかどうかは意見が分かれました。
自分できちんと補修できる場合のみ補修をしておくと良いでしょう。
補修に失敗してしまえば査定額がかえって下がる可能性もあるため、自信がない場合は現状のままで家具買取の査定をしてもらってください。

・色も査定額に影響する

同じタイプの家具でも、色によって査定が異なると答えた人が90%以上いました。
買い取った家具が売れるかどうかを考えれば、人気のある色や無難な色の方が買取価格が高くなることも頷けます。
黄色や赤などの家具は、置き場所のインテリアを選んでしまい需要が高くないため、買取価格も低めになりやすいです。

・ブランド家具は高価買取が期待できる

家具のブランドによっても、買取価格は大きく変わります。
高価買取が期待できる家具は、カリモクやカッシーニ、マルニやアルフレックス、そしてハーマンミラーなどです。
その他、イタリア家具やコルビジェ、イームズなどの海外ブランド家具、日本の伝統民芸家具なども高価買取が期待できます。

・粗大ごみに出すような家具は?

不要になった家具を、粗大ごみに出す前に念のため家具買取に出してみようかと悩んでいる人もいるでしょう。
査定をしてもらって、買取不可となれば、なんとなく気まずい気持ちになるのではないかと、家具買取に二の足を踏んでいませんか。
実は、家具買取のお店へのアンケートでは、63%のお店が粗大ごみに出そうと思っていた家具でも、可能性は低いもの一部買取できる場合があると答えています。
17%のお店は、買取できる可能性が高いと答えているので、全体で見れば80%が買取の可能性があると答えていることになります。
買取は無理だろうと諦めている家具でも、問い合わせてみる価値はあると言えるでしょう。

格安回収の方法とは

不要となった家具は、格安回収サービスの業者を利用すると手間がなくスピーディです。

・家具処分は買取&回収がお得

買取が難しそうな家具について、処分方法に迷ってしまう人も多いでしょう。
大きな家具も、手ごろなサイズ感の家具も、廃棄処分する場合は自治体の粗大ごみとして処分してもらえます。
ただし、自治体サービスは不要な家具の運び出しを自力でやることになるだけでなく、自治体のスケジュールに沿っての処分となるため、自分のペースでは家具を処分できません。
しかも、自分では価値がないと思っている家具でも、実際に査定をしてもらったら意外な金額で買い取ってもらえる可能性もあります。
やはり、家具をお得に処分するなら、家具買取と格安回収のサービスをセットで利用すべきでしょう。

・格安回収の具体的な方法

価値があるか分からない家具や、捨て方が分からない家具、重くて運べない家具などは、即日作業が可能な家具回収サービスを利用すると便利です。
引っ越し時に不用品を一度に処分したい人にも家具の格安回収はおすすめできます。
具体的には、見積もり依頼をして買取可能な家具と回収となる家具を仕分けしてもらい、納得できれば家の中から運び出してもらう形です。
希望の日時に回収に来てもらえて、素早く不要な家具を回収してもらえます。
家具回収サービスでは引き取り時に料金が発生するため、料金設定は必ずチェックしておきましょう。

・回収してもらえないもの

一般的な家具は基本的に回収してもらえます。
著作権や肖像権を侵害するもの、盗品、医療器具などは回収してもらえません。
家具と一緒に不用品を袋詰め、搬出、片付け、掃除までしてくれる業者もあるので、自分に必要なサービスを上手に活用してみてください。

大きな家具の処分は、慣れていないと難しいものです。
家具の価値も素人判断ではわかりません。
不要となった家具を処分する前には、まず見積もりをしてもらって買取が可能かを調べ、即回収してくれる業者を頼るとスムーズです。
家具買取・回収ができるか気になったら、まずは即日対応が可能なエコスマイリーへお気軽にご相談ください。

・エコスマイリーでは、遺品整理にて出た不用品は法令を遵守し、回収・処分のお手伝いを行なっております。

・不用品は全てをゴミとして扱うのではなく各リサイクル品や資源(有価物)、一般ゴミと分別して、全て廃棄処分するより地球環境にとっても、お客様がお支払いするトータルコストの面においても最良の方法にて回収処理させていただきます。資源項目:木類・衣類・金属類・家電類・プラスチック類ガラス類・陶器類・その他輸出可能品類※上記項目以外は一般ゴミとしての委託処理しております。

不用品記事
エコスマイリー
タイトルとURLをコピーしました