不用品回収・買取では何が捨てられる?回収に対応できるものとは

不用品記事

サービスカテゴリー

不用品を一気に処分したい時は、不用品回収・買取業者に依頼してみると良いでしょう。
不用品回収・買取業者では、幅広い家具・家電・日用品の処分に対応してもらいます。
ゴミ出しには自治体ごとにルールがあり、分類や捨て方を確認して処分しなければなりません。
しかし、不用品回収・買取業者ならその手間を省いて処分できるので便利です。
ただし、業者でも回収できないゴミがあることも事前に知っておく必要があります。
今回は不用品回収・買取に対応できないもの、実は回収してもらえるものについてご紹介します。

不用品回収や買取に対応できないゴミ

一般ゴミ

不用品回収・買取では、ゴミ屋敷の掃除や遺品整理を兼業するところも多いです。
そのような整理では家具や家電、日用品以外にも生ごみや燃えないゴミなど一般ゴミも出てくることがあります。
しかし、不用品回収・買取では一般ゴミの回収は行っていません。
家を丸ごと掃除・整理してもらうプランでも一般ゴミは対応できないので、不用品の回収が終わった後に個人で捨てるようにしてください。

危険物

薬品や注射器などの医療器具は危険物と扱われ、不用品回収・買取では対応できません。
医療器具に関しては専門業者に回収してもらってください。
なお、体重計やマッサージ器、血圧計などウイルスの感染といったリスクがないものであれば、回収してもらえます。
回収の対象になるか分からない時は、まず業者に問い合わせて確認してもらいましょう。
その他にも、銃器や弾丸、武器として使われるものも危険物となるので、回収できません。

液体状のもの

中身の入ったペン缶やガソリン、洗剤といった液体状のゴミは回収できません。
ペンキやガソリンは有害性や引火性があるため、個人で適切に処分する必要があります。
少量のペンキであれば新聞紙や布に染み込ませ、缶の汚れをふき取ってから捨てましょう。
大量にペンキが残っている場合は固化材を使い、容器と分けて捨ててください。
使わなくなったガソリンはガソリンスタンドに相談すると、廃棄処分してくれる可能性があります。
使わず放置していた古い洗剤も少量であれば、シンクや洗面台に流すか紙や布に染み込ませれば普通のゴミとして出せます。
しかし、大量の洗剤は排水溝に捨てると環境的にあまり良くなく、泡立つものは詰まりの原因になってしまいます。
水を大量に使って希釈しながら少しずつ流すか、袋に紙や布を入れて洗剤を流し込み、吸収させてからゴミとして捨てましょう。
排水溝に洗剤を捨てる場合、酸性とアルカリ性の洗剤は混ざると有害なガスが発生するので、日を空けて別々の日に捨ててください。

他人の権利を侵害するもの

知的財産権には、工業所得権や著作権、肖像権、名誉権などがあります。
他人の権利を侵害するような品物も不用品回収・買取はできないので注意しましょう。
例えば、著作権が下りていないキャラクター画像を使ったオリジナルグッズなどが該当します。
不用品回収・買取は法律を遵守して行われるので、盗品と疑われるものの回収も行いません。

不用品回収・買取ができるもの

不用品回収・買取では、予想外のものも回収対象になっていることがあります。
業者によって回収対象はやや異なりますが、主に次のものも回収可能です。

家電リサイクル法の4品目

エアコン・テレビ・冷蔵庫・洗濯機はリサイクルできるものとして定められているので、他の家電のように粗大ゴミや燃えないゴミで処分はできません。
基本的に家電を購入したお店や買い替えの際に回収を依頼してもらう必要があります。
家具と家電の両方を処分したい場合、わざわざ分けて捨てなければいけないのは面倒でしょう。
不用品回収・買取では、家電リサイクル法に該当する家電もまとめて回収に対応してくれます。
そのため、手間をかけずにまとめて処分できます。

ピアノ

グランドピアノやアップライトピアノの場合、自治体のほとんどが回収に対応していません。
捨てるにはピアノの処分を請け負っている業者に回収してもらうか、買い取ってもらわなければなりません。
不用品回収・買取ではピアノの回収・買取に対応している場合があります。
他にも捨てたい大型ゴミがあれば、不用品回収・買取業者に相談してみましょう。

観葉植物

小さな観葉植物は植物と土、鉢に分けて処分します。
植物と少量の土は燃えるゴミで出せますが、土が多い場合は自治体で回収できない可能性があります。
鉢は容器の素材に合わせて捨てなければなりません。
大きな観葉植物は粗大ゴミで回収してくれる場合もあれば、細かく切り刻んで小さな観葉植物と同じ方法で処分することになります。
このように観葉植物は普通のゴミとして出せますが、意外に処分まで手間がかかります。
不用品回収・買取業者の中には観葉植物の回収にも対応している場合があるので、分けて処分するのが面倒、土が多くて処分に困っているという方は活用してみましょう。

この他にも不用品回収・買取業者では幅広い品目に対応しているので、確認してみてください。

不用品を捨てて家をすっきりさせたい、引っ越しなどの目的で粗大ゴミを捨てたい時などは不用品回収が便利です。
エコスマイリーでは買取も対応しているので、価値が付くものは買取により利益を得ることができます。
一般ゴミや危険物、権利を侵害するものは回収できませんが、家具や家電、ピアノ、観葉植物など幅広い品目の回収が可能です。
何が捨てられるのか知りたい方は、東京・埼玉で対応できるエコスマイリーへお問い合わせください。

・エコスマイリーでは、遺品整理にて出た不用品は法令を遵守し、回収・処分のお手伝いを行なっております。

・不用品は全てをゴミとして扱うのではなく各リサイクル品や資源(有価物)、一般ゴミと分別して、全て廃棄処分するより地球環境にとっても、お客様がお支払いするトータルコストの面においても最良の方法にて回収処理させていただきます。資源項目:木類・衣類・金属類・家電類・プラスチック類ガラス類・陶器類・その他輸出可能品類※上記項目以外は一般ゴミとしての委託処理しております。

不用品記事
エコスマイリー
タイトルとURLをコピーしました