遺品の供養はどうする?遺品整理のタイミングとお焚き上げについて

不用品記事

サービスカテゴリー

遺品整理が初めての人は、亡くなった人が大切にしていた遺品をどのように供養するかで悩みがちです。
大切な人が残した遺品だからこそ、いつ整理するのかどう供養するのかきちんと知りたい方も多いでしょう。
今回は、遺品整理のタイミングと遺品の供養、気になる仏壇の処分についてご紹介します。

遺品整理はいつから?

大切な人が亡くなってすぐに遺品整理を始めるのは、なんとなくタブーだと感じる人も多いでしょう。
確かに亡くなってすぐに故人の愛用品を処分したら、故人に対する冒とくというイメージがあります。
一般的に遺品整理は49日が過ぎてからスタートするケースが多いです。
ただし、地域や家庭の風習などで遺品整理のタイミングが決まっていることもあります。
また、賃貸物件などの場合には退去のタイミングに合わせて遺品整理をスタートすることになるでしょう。
このように遺品整理のタイミングはケースバイケースなので、親族と相談しながら開始の時期を決めることをおすすめします。

遺品整理で供養が必要なアイテムは?

故人が愛用していた遺品は供養をすることをおすすめします。
遺品の中で供養が必要なアイテムと、なぜ供養という風習があるのかをご紹介しましょう。

遺品整理で供養が必要なもの

故人が愛用していたものは遺品整理の際に仕分けをして供養を行います。
例えば、長年愛用していた眼鏡、愛読していた本、大切にしていた人形やぬいぐるみ、寝具、お守りなどはお焚き上げする遺品です。
また、仏壇や神棚、お札など宗教に関係する道具類も供養が必要となります。
参考までに、供養の依頼が多い遺品をリストアップしておきましょう。

仏壇・神棚
位牌・遺影・仏具
婚礼品
おもちゃ
ぬいぐるみ
手紙
鏡台
寝具
ミシン
衣類
時計
ペットのアイテム
先祖のもの

なぜ遺品供養をするのか

亡くなった人が大切にしていたアイテムは、なんとなく「このままゴミとして処分したら、ばちが当たりそう」と感じる人が多いでしょう。
人が愛着を持って大切にしていたアイテムには念や魂が宿っていると考えるのが古くからの日本の風習です。
そのため、お焚き上げをして遺品に宿る念や魂を抜いてあげるのが遺品の供養となりあす。
もちろん、遺品供養は必ず行う必要はありません。
しかし、故人が大切にしていた遺品を無下にすれば残された家族の精神的ストレスになるでしょう。
そのため、遺品供養は残された家族の心が穏やかであるように行うという意味合いが強いです。
遺品供養は故人の冥福を祈り、残された家族が故人と別れる儀式として行うと言えます。

遺品供養の方法は2つ

お焚き上げでの遺品供養の方法は、現地供養と合同供養の2つがあります。
もし故人が信仰している宗派などがあれば、そこで遺品供養について相談しましょう。

現地供養とは

遺品が残っている住まいに神職や僧侶が出向いて供養する方法が現地供養です。
現地供養を手配して、遺品のお焚き上げや仏壇の魂抜きなどに対応してもらいます。
現地供養が必要となるケースは、賃貸物件などでの孤独死や突然死、自殺・殺人などで不動産オーナーに対する礼儀として行う場合の他、先祖代々受け継がれきたアイテムを自分の代で処分する場合、自宅和室などに設置された遺影を処分する場合などが該当するでしょう。

合同供養とは

供養してほしい遺品を神社やお寺に持ち込む方法が合同供養です。
現地供養とは違い、他の人の遺品と一緒に読経・お焚き上げなどが行われます。
また、供養してもらう遺品を箱に詰めて送ると供養してくれる業者もあります。
不用品回収業者や遺品整理業者の中には、合同供養を無料で手配しているケースもあるので確認してみましょう。

仏壇の処分方法は?

仏壇の処分にあたっては、魂抜きと呼ばれる閉眼供養を行いましょう。
閉眼供養を行わずに仏壇を処分すれば、先祖の魂を収めたまま処分することになってしまいます。
仏壇に宿っている魂を抜いた後は、次のいずれかの方法で仏壇を処分します。

粗大ゴミとして自治体に回収してもらう

自治体のルールに従って、回収可能なサイズに分解するなどの手順を踏み、回収日に指定の場所まで運びます。

仏具店で処分してもらう

新しい仏壇を買う予定があるなら、仏具店に処分を依頼します。
ただし処分する仏壇のサイズによって処分費用が高額になるケースは多いです。

フリマなどで売る

フリマアプリなどを活用して売るという処分方法もあります。
ただし、訳アリ商品という取り扱いとなるため、あまり現実的ではありません。

不用品回収業者に処分を依頼する

家具や家電などの不用品回収業者の中には、遺品整理サービスの一環で仏壇の供養と処分をしてくれる業者があります。
仏壇を粗大ゴミに出すのも、フリマアプリで売るのも後ろめたい、新しい仏壇を買う予定はないなどの場合は不用品回収業者がおすすめです。

遺品整理を始める前に、遺品の供養をどうするかは考えておきましょう。
もし、遺品整理で悩んだら遺品供養まで対応しているエコスマイリーに全て任せることをおすすめします。
エコスマイリーでは大切な想い出が残る遺品を真心を持って供養しているので、ぜひ遺品整理を依頼してみましょう。

・エコスマイリーでは、遺品整理にて出た不用品は法令を遵守し、回収・処分のお手伝いを行なっております。

・不用品は全てをゴミとして扱うのではなく各リサイクル品や資源(有価物)、一般ゴミと分別して、全て廃棄処分するより地球環境にとっても、お客様がお支払いするトータルコストの面においても最良の方法にて回収処理させていただきます。資源項目:木類・衣類・金属類・家電類・プラスチック類ガラス類・陶器類・その他輸出可能品類※上記項目以外は一般ゴミとしての委託処理しております。

不用品記事
エコスマイリー
タイトルとURLをコピーしました