バイクの出張買取&回収専門。自転車の高価買取&格安回収はお任せ下さい。

ここではバイクの処分方法を詳しくお伝えしていきます。
バイクの正しい処分は種類によって少々異なります。
便利に処分できる方法をお伝えしているので、気になる方はぜひご覧ください。

まずはバイクの廃車の手続きを

バイクを処分するためにはまず廃車手続きを行わなくてはなりません。
廃車手続きとはバイクのナンバープレートの返納を行う手続きになっており、これをしないとバイク自体の処分ができないようになっています。
ただバイクは排気量に応じて種類が異なり、それに応じて廃車手続きにも違いがあるのです。

125cc未満の原付バイク

原付バイクでは自治体で廃車手続きを行います。
車検証、印鑑、本人確認書類、廃車申告書、ナンバープレート、標識交付証明書が必要となるので用意しましょう。
標識交付証明書とはナンバープレートを交付した時に受け取る書類で、万が一なくした場合でもお住まいの市区町村に再発行を依頼することができます。

125cc~250cc未満の軽二輪自動車

軽二輪自動車は陸運局で手続きを行います。
必要な書類は車検証、印鑑、軽自動車税申告書、軽自動車届出済証返納届、
軽自動車届出済証返納証明書交付申請書、ナンバープレート、標識交付証明書です。
軽自動車届出済証返納届や軽自動車届出済証返納証明書交付申請書は陸運局で入手できる書類になっているので、その場で発行してもらいましょう。

250cc以上の小型二輪自動車

小型二輪自動車も軽二輪自動車と同じように陸運局に書類を提示して手続きを進めていきます。
車検証、印鑑、軽自動車税申告書、軽自動車届出済証、軽自動車届出済証返納証明書交付申請書、ナンバープレート、標識交付証明書が必要です。
この際、自賠責保険の還付申請や軽自動車税の手続きをしなければ、保険料や税金を支払い続けることになってしまうので、忘れずにやっておきましょう。

バイクの処分は不用品回収・買取業者に依頼しよう

廃車手続きが完了したらいよいよバイクを本格的に手放す段階です。
処分方法には様々ありますが特におすすめなのが不用品回収・買取業者への依頼です。
不用品回収・買取業者は日常で使用するあらゆるものを回収しています。
バイクもその一つであり、どんな種類であっても回収してくれるのが特徴です。
対象品目が多岐にわたるため、バイク以外にも処分品があればまとめて処分可能になっています。
買取を行ってくれる業者もあり、お得な処分にもつながるのでぜひ試してみましょう。

まとめ

バイクの処分には廃車手続きが必要になり、バイクの排気量の種類ごとに手続きが少々異なりますので注意してください。
また、処分する際は不用品回収・買取業者の利用がおすすめです。
地域密着の回収業者出張買取専門のリサイクルショップ エコスマイリーならば即日対応可能で、すぐに出向かいます。
素早い回収・買取を希望される方はぜひエコスマイリーをご活用ください。

【メーカー】
ホンダ、ヤマハ、スズキ、カワサキ、ハーレーダビットソン、インディアン、ビューエル、ドゥカティ、アプリリア、BMW、KTM、ハスクバーナなど

 

 

タイトルとURLをコピーしました