ソファを買い替えたい時の処分方法は?困ったら不用品回収業者へ!

サービスカテゴリー

自宅のリビングなどにソファを置いている方も多いかもしれませんが、そろそろ買い替えたいと思ったものの処分方法に悩んでいる方もいらっしゃるでしょう。
実際、ソファを処分するにはそれなりに手間がかかってしまうものです。
そこで今回は、ソファを買い替えたい時の処分方法についてご紹介していきます。
できるだけ手間と費用をかけずにソファを処分したい方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

ソファを処分する最適なタイミングは?

ソファを処分するのに最適なタイミングは状態によっても異なりますが、大体5年~10年が寿命だと言われています。
また、表面の生地に傷や汚れが目立つようになってきたり、匂いが気になったりするようなら買い替えた方が良いでしょう。
体重をかけてギシギシと音が鳴る場合もいずれ耐久が利かなくなり、突然壊れてしまう可能性も出てきます。
そうなる前にできるだけ買い替えを検討するのがおすすめです。

ソファの素材ごとに処分のタイミングを見極める

ソファと一口に言っても様々な種類があります。
素材ごとに処分のタイミングが異なるので、見極めるポイントをご紹介していきましょう。

合皮ソファ

合皮ソファはお得に購入できる分、使い続けていくと革の表面が剥がれてしまい、ボロボロになってしまう可能性があります。
日光にも弱いため、明るいリビングに置いておくと劣化スピードが早まる恐れもあるでしょう。
丁寧に水拭きしたり、丁寧に使ったりすれば8年ほど使えますが、そうでなければ5年前後で寿命を迎えます。

本革ソファ

本革ソファは年数が経てば経つほど味わい深くなり、使っていて体にもフィットしやすくなります。
ケアなどをしなくても10年以上はもつので、長く愛用したい方にもおすすめです。
そんな本革ソファを買い替えるタイミングは、傷や汚れが目立ってきた時になります。
表面にひび割れが生じ、ボロボロになってきたら買い替えるようにしましょう。

ファブリックソファ

布素材で作られたファブリックソファは、比較的丈夫で簡単に壊れてしまうことは少ないです。
その代わり、シミや汚れがついてしまうと落ちにくく、目立つようなら買い替えた方が良いでしょう。
環境によっても異なりますが、寿命は大体7~10年程度と言われています。
なお、布カバーを剥がせば洗濯できるものも多いため、できるだけ長くもたせたい場合はこまめにカバーを洗いましょう。

ソファを処分するには?

ソファを買い替える場合、購入したお店で引き取ってもらうこともできますが、中には引き取りサービスに対応していない場合もあります。
ソファを別途処分するためにはどうすれば良いのでしょうか?

粗大ゴミ回収に出す

自治体の粗大ゴミ回収を利用する場合、まずは自治体へ粗大ゴミ回収の連絡を入れてから当日指定された場所へソファを出して処分します。
粗大ゴミは回収する際には事前に粗大ゴミ処理券を購入し、ソファに貼り付けておかなくてはなりません。
粗大ゴミ処理券は各スーパーやコンビニ、商店などでも販売されており、自治体へ連絡した際にどれくらいの費用分の粗大ゴミ処理券を購入すれば良いのかが分かります。
ソファを粗大ゴミとして出す方法のデメリットとしては、指定された場所へソファを運ぶのは自分で行わなくてはならないこと、すぐに処分してもらえないことなどが挙げられます。
できるだけ処分したい場合は、直接回収を担っているゴミ処理施設への持ち込みがおすすめです。
連絡を入れてから持ち込めば費用も安く抑えられ、その場で引き取ってもらえます。
ただし、持ち込まなくてはならないため、大型のソファを処分したい場合は軽トラなどを準備しなくてはならないでしょう。

リサイクルショップやフリマアプリを利用する

粗大ゴミとして出す方法以外に、リサイクルショップやフリマアプリを使う方法もあります。
この方法のメリットは何と言っても利益が出るという点です。
粗大ゴミとして出す場合、費用がかかってしまいますがリサイクルショップやフリマアプリで売れれば逆に利益が出ます。
しかし、傷や汚れが目立つソファはリサイクルショップでも買い取ってもらえなかったり、フリマアプリで出品してもなかなか買い手が付かなかったりします。

不用品回収業者を利用する

不用品回収業者に依頼し、ソファを引き取ってもらうこともできます。
電話やネットから依頼すれば、自宅までソファを引き取りに来てくれるため、こちらの手間がかかることもありません。
また、不用品回収業者ならソファ以外にも様々な家具・家電の回収にも対応してくれます。
例えばソファ以外にテーブルやテレビ台などもまとめて処分したい場合には、不用品回収業者がおすすめです。
デメリットとしては、不用品回収業者でありながら古物商許可証や産業廃棄物収集運搬業許可証などを取得していない、悪質な業者が存在することです。
不用品回収業者に依頼する際には、必ずきちんと認可されている業者を選ぶようにしましょう。

ソファを処分する方法はいくつかありますが、中でも不用品回収業者への依頼が一番手間も掛からずおすすめです。
特に3~4人用以上の大きいソファを処分したい場合は、自宅まで回収しに来てくれる不用品回収業者を選ぶと良いでしょう。
関東エリアを中心に対応するエコスマイリーでは、ソファも含めて家具・家電・日用品の不用品回収に対応しています。
エリアによっては即日対応も可能ですので、お気軽にご相談ください。

タイトルとURLをコピーしました