パソコンは自治体で廃棄できない?捨てる方法とは

パソコンを廃棄する際は法に則って処分する必要があります。
どのようなルート、方法が必要なのか詳しく解説します!

パソコンはどこに捨てるの?

パソコンは、他の家電と同じように自治体に捨てることができません。

これはどの地域であっても一緒。
資源有効利用促進法、小型家電リサイクル法が施行され、いらなくなったパソコンは製造元や販売店などに返却することになっています。

パソコン 捨て場所

パソコンに含まれる貴金属やレアメタルなどの資源を再利用しようという動きから、日本ではこのような対応が必要です。

デスクトップ型パソコン、ノートパソコン、液晶ディスプレイなどすべてのパソコンはすべて返却対象。

尚、付属するスキャナやプリンターなどは各自治体で回収を行っています。

不用品回収業者に捨ててはいけないの?

不用品回収業者に捨てる場合は産業廃棄物収集運搬業許可、および古物商許可が得られている業者に渡すようにしましょう。

そういった業者でしたら正規ルートでの回収、および処分が可能です。

パソコンを廃棄

無許可の業者に依頼してしまうと、不法投棄や破損による有害物質流出などのリスクがあります。

そうなると、パソコンを回収してもらった方への責任問題に発展しかねません。

また、データ移行やバックアップを取って悪用される危険性が高まります。

基本的にパソコンを廃棄する際は、どのような廃棄を選択するにせよパソコンを初期状態に戻しておきましょう。

パソコンは不用品回収業者選びが大切

パソコンを不用品回収業者に回収してもらう場合、下記のような業者はやめましょう。

・ホームページがない
・古物商許可番号が記載されていない
・産業廃棄物収集運搬業許可証がない
・運営歴が浅い
・見積もりが無い
・高額請求
・事業の実態が明らかではない
・住所不定
・無料回収を行っている

特に注意が必要なのが無料回収。
無料回収は中古品の違法転売目的で回収されている可能性があります。
街中を徘徊している不用品回収業者や、空き地で無認可で行っている不用品回収業者は特にリスクが高いです。

パソコンはモデルやサイズ、状態などによってまちまちですが、1,000円から3,000円程度で回収されるのが一般的です。

また、パソコン以外の回収物がどれぐらいあるのかによって料金が変わることもあります。

パソコンを回収してもらう際は、許可を得て不用品回収を行っている業者なのか確認しましょう。

出張専門のリサイクルショップ エコスマイリー 出張買取&不用品回収はパソコンを回収する際、適正な対応を行っていますのでお気軽にご相談ください。

タイトルとURLをコピーしました