不用品買取査定前にすべきこと5選

不用品の買取査定を依頼する方なら誰でも少しでも高く売りたいと考えるのではないでしょうか。ここでは少しでも不用品を高く売りたいと考えている方に向けて、不用品買取査定前に行っておくべきことを5つのポイントに絞り詳しく紹介していきます。

 

不用品買取査定前にすべきこと5選を徹底解説

不用品を少しでも高く売るために必要な5つのポイントを詳しく紹介してきます。どれも単純で誰でも行うことができるものですので、すでに知っていると感じる方も多いかもしれません。しかしこの単純なことを実践するかしないかでは、実際に査定額に違いが出るものです。

 

それでは1つずつポイントをチェックしていきましょう。

 

  1. メンテナンスの徹底

不用品買取査定を依頼する前には不用品のメンテナンスが徹底されているか確認しましょう。どんなものであっても普段から傷がつかないよう大切に取り扱うことが大切です。傷は査定額に大きな影響を及ぼします。傷があるだけで相場の半額になってしまうということも珍しいことではありません。基本的にどんな不用品であっても、見た目が美しいかどうかは重要な査定ポイントになるのです。

 

出来てしまった傷は仕方ありませんが、不用品買取査定依頼前に綺麗な状態にしておくことは大切です。たとえ同じ状態の不用品であっても汚れが多く付着しているものより、しっかりと掃除された後のものの方が査定額が高くなる傾向にあります。落とせる汚れであればそのままでも良いのではないか?と思うかもしれません。

 

不用品買取業者は基本的には売却する目的で買い取るわけです。落とせる汚れを落とすという手間がかかる分、査定額が低く見積もられてしまうことが多いです。特に多いのは不用品に貼られたシールやマジックでの落書き等です。今はシール剥がし剤や落書き消しスプレーなど清掃用品が気軽に購入できますので、そのままの状態で査定を依頼するのではなく、メンテナンスを徹底し査定を依頼しましょう。

 

 

  1. 取り扱い説明書や付属品を取り揃える

取り扱い説明書や付属品の有無は査定額に大きな影響を与えます。誰でも使い方が分かるような不用品であっても、取り扱い説明書があるに越したことはありません。購入時に取り扱い説明書があったものの場合、できる限り取り扱い説明書を揃えて査定を依頼しましょう。付属品についても同様です。取り扱い説明書や付属品と聞くと電化製品を想像してしまいがちですが、電化製品に限らずすべての不用品買取査定で重要なポイントです。

 

  1. 売却時期を考える

売却時期を考えて査定を依頼することは大切です。多くの不用品はその価値が低くならないうちに早く売却する方が高値での取り引きが期待できるものです。

 

しかし、真夏に冬服を買い取って貰いたいと考えていても、需要が低い時期ではどうしても査定額は低くなりがちです。夏にストーブやウィンタースポーツ用品、冬に扇風機やサーフボードを売却してしまいたいと感じても、時間が許すのであれば不用品の需要が高まる時期を見極めて査定を依頼することがおすすめです。

 

 

  1. 他社と見積もり比較を行う

不用品買取は無料で査定を依頼できるケースが多いです。不用品の買取価格はインターネットで検索すると、およそ〇〇円ほどと具体的な金額が記されていることも多いですが、やはり実際の状態を確認し査定したものとは内容が異なることがあります。

 

複数の不用品買取業者に査定を依頼することで、納得のいく売却を行いましょう。紙面で査定額を受け取っておくことが大切です。不用品の数が多く、売却した場合の額が高くなると予想される場合にはできるだけ3社以上のお見積もりをおすすめします。

 

2社ではどちらかが極端に安すぎる査定を行っていた際に相場価格の判断が難しいためです。不用品の買取価格にはもちろん相場価格はありますが、不用品買取業者により求めている不用品が異なるため、査定額にも差が生じるのです。

 

無料で査定を行っている不用品買取業者が多いですが、中には有料査定を行っている業者や、出張料が必要になる業者もありますので、査定を行う前に十分に確認しておくようにしてください。またWEB査定はあくまで簡易査定であり、実際に査定してもらうとWEB査定額より買取価格が下がってしまうことがあるということも頭に入れておくと良いでしょう。

 

 

  1. 不備がある場合は事前に伝えておこう

不用品に不具合がある場合、事前にその不具合について伝えておくと査定がスムーズに行われます。不具合がある場合には査定額は減少するものですが、事実を正確に伝えることでその減少額が低下する可能性があります。

 

特に多いのは電化製品の不具合を隠したまま正常に作動することを主張し、査定を依頼することです。短時間の使用であれば問題ないものの使用時間により異音がするもの、電源が落ちてしまうものなど不具合はさまざまです。本来であれば不具合があっても買取可能であった不用品に関しても、他の不具合が見つかる可能性が高いことから買取不可となる危険性もありますので注意しましょう。

タイトルとURLをコピーしました