遺品整理に必要な時間はどれくらい?スムーズに済ませる方法

サービスカテゴリー

遺品整理をすることが決まって、どのくらいの時間を確保すべきかが心配になる人は多いです。
特に、遠方に住む親族が亡くなった場合や、賃貸物件に住んていた親族が亡くなった場合などは、自分の日常生活に支障が出ないように遺品整理を行わなければなりません。
今回は、遺品整理にかかる時間と期間の目安をご紹介します。
スムーズに遺品整理を済ませる方法もご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

遺品整理に必要な期間はケースバイケース

遺品整理に必要となる時間と期間は、遺品の量や作業できる人数、家との距離によって大きく異なってきます。

遺品整理が1年以上かかることも

整理する遺品の量が多ければそれだけ時間がかかるでしょう。
また、作業にあたれる人数が少ないと遺品整理の進捗が遅くなり、期間が長くなっていきます。
さらに、家が遠ければ何度も通うことになり、期間が長引く傾向です。
ワンルームなどで遺品整理の作業量が少ないケースなら1週間程度で終わることもあるものの、条件によっては遺品整理に1年以上の期間を要することもあります。

遺品整理のプロが作業すると

遺品整理のプロが作業した場合、ワンルームなら作業員1名で2~3時間、2LDKなら作業員3名で4時間程度、3LDKなら作業員5名で6~8時間程度が作業時間の目安となります。
もちろん、床が見えないほど散らかっていたり、遺品の量が多かったり、エレベーター無しの高層階だったりすると作業時間は増えていきます。

遺品整理ではやることが意外とある

供養

遺品整理は単純な部屋の片づけというわけではありません。
そのため、遺品整理には意外と時間がかかるので計画的に動くことが大切です。
まずは、遺品整理でやらなければならないことを確認してみましょう。

遺品の分別と処分

遺品の中には取っておくものもあれば、処分が必要なものもあります。
家具や家電など大きな遺品についてだけでなく、衣類や本、手紙、愛用の品など、それぞれについて処分するかしないかの仕分けが必要です。
さらに、処分するものについては燃えるゴミなのか、燃えないゴミなのか、あるいは粗大ゴミなのか分別していきます。
遺品のすべてについて整理するため、扱う遺品に応じた作業量、作業時間が必要です。

遺品の供養

故人が残したものの中には供養が必要な遺品もあるでしょう。
愛用の品や想い出の品などは、安易にゴミとして扱いにくいものです。
また、処分する遺品の中に仏壇などがあれば、閉眼供養が必要となります。
どの遺品を供養するかを決めるのも遺品整理では大切です。

各種手続き

生命保険や健康保険などの手続きも遺品整理と同時に行います。
健康保険の手続きについては役所に行けばスムーズに終わる内容です。
しかし、年金の手続きについては相談会まで待たなければならないこともあり、意外と時間がかかってしまいます。
また、賃貸物件に入居していた場合は、退去の手続きなども必要です。
期限が決まっている手続きも多く、期限通りに手続きを進めながら遺品整理を行うことになるので、計画性が大切でしょう。

このように、遺品整理はやるべきことが多いので多忙な人や、人手が少ない、遺品の量が多い場合などはかなりの時間・期間がかかると言えます。
しかも、遺品整理がスムーズに進まないと時間ばかりが過ぎて気持ち的にも追い詰められてしまいがちです。
期限がある場合だけに限らず、遺品整理は一定の期間で終えることを目指すことをおすすめします。

早めの遺品整理が必要なケース

具体的に、どんなケースで遺品整理のスピードが求められるのでしょうか。

故人が賃貸物件に住んでいた

賃貸物件に住んでいた人が亡くなった場合、物件を一定期間のうちに明け渡すことになります。
だいたい、亡くなってから2週間から亡くなった月の月末までに退去手続きが必要です。
退去期限までに遺品整理を終えなければならないため、遺品整理のスピードが求められます。

四十九日までに済ませたい

遺品整理は四十九日の法要を済ませてから始めるのが一般的です。
しかし、家庭の事情や地域の風習などで、四十九日までに遺品整理を行う場合もあります。
特に喪主の立場であれば、四十九日までに準備すべきことが多いので、遺品整理を早めに済ませたいと希望する事例は多いです。
時間的な余裕があり、親族の人手もある程度の余裕がある四十九日までの喪中期間に、遺品整理をしたいと希望する人もいます。

相続税を考慮

多くの資産がある場合、相続税の関係で遺品整理を急ぐケースもあります。
相続税には「被相続者が死亡したことを知った日の翌日から10ヶ月以内」という申告期限が設けられているので、早めに遺品整理を済ませなければなりません。
遺品整理をして、預金や不動産などを含む遺品の価値を確認します。

スムーズに遺品整理をするなら

自分たちだけではスムーズに進みにくいのが遺品整理です。
スムーズに遺品整理をしたい人はもちろん、遺品整理を早く終えなければならない事情がある人なら、遺品整理業者を頼りましょう。
家具・家電の回収・買取をする専門業者の中には遺品整理サービスを行っている業者もあります。
遺品整理に慣れているプロのスタッフに全て任せれば短期間で済みます。
しかも、遺品整理のプロは故人の想いも遺族の願いも大切に作業をしてくれるので、精神的な負担も少ないです。

遺品整理の時間を短縮し、短い期間で終わらせるためには、遺品の扱い方を熟知し、豊富な経験があることが必要となります。
どんなに計画的に遺品整理を進めているつもりでも、慣れていない人や故人への思い入れが強い遺族にとっては、なかなか遺品整理の作業は進みにくいものです。
もし、遺品整理を短期間でスムーズに行いたいならエコスマイリーがおすすめです。
専門スタッフが丁寧に遺品整理に対応いたしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

タイトルとURLをコピーしました