状態の良いドレッサーは家具買取で処分!高く売れるドレッサーの特徴

サービスカテゴリー

コスメの収納やメイクをするために使っているドレッサーを買い替えたい、使わなくなったなどの理由で、処分を検討される方もいるでしょう。
ただ、なかなか捨てる機会のないものなので、捨て方に悩む人は多いようです。
実はドレッサーは中古市場でもそれなりに需要があるため、家具買取という形で捨てる方法もおすすめです。
そこで今回はドレッサーを中古で売る時のコツや、売れなかった場合の対応についてご紹介しましょう。

中古でも売れるドレッサーの特徴

家具買取では全てのドレッサーが買取の対象となるわけではありません。
まだまだ現役で使えるものに限られるので、その点に注意しましょう。
また、ドレッサーの状態や機能性次第では高額買取にも期待できるので、中古でも売れやすいドレッサーの特徴をご紹介します。

新品に近いものは高く売れる

ドレッサーに限らず、家具買取では状態が良いほど高額の買取価格が付きやすいです。
買ってからあまり使っておらず、破損や大きな傷が見られない場合は評価額が高めです。
それなりに長く使っているもので、大切に使っていたので劣化がほとんどなければ良い価格で売れます。

デザイン性にこだわったものは高く売れる

ドレッサーにはアンティーク調や可愛らしいデザインのものも多いです。
デザインにこだわったドレッサーは女性人気が高いため、中古市場での需要もそれなりにあり、高く売れる傾向があります。

装飾が少ないシンプルデザインもニーズは高め

逆に装飾が少ないシンプルなデザインも人気があるので、ドレッサーによっては良い価格が付く可能性があります。
シンプルなデザインはどんな部屋やインテリアとも調和するので、配置しやすいというのが人気の理由です。
特にホワイトやウッド系のデザインはおしゃれさがあるので人気です。
また、狭い部屋でも置ける理由でコンパクトタイプのドレッサーも需要は高めです。

高機能なドレッサーは中古でも人気

ドレッサーによっては女優ライトやコンセント、収納力が高い、三面鏡や姿見がついているなど色々な機能が備わっています。
高機能なものは新品だと高く、中古で買おうとするニーズがあるので、高額買取になりやすいのです。

ドレッサーを高く売るためのコツ

少しでもドレッサーを高く売りたい時は、どうすればいいのでしょうか?
ここからはドレッサーを高く売るためにやっておきたいことをご紹介します。

見た目を綺麗にしておく

ほぼ毎日使用するドレッサーには、化粧品、ヘアワックス、スキンケア用のクリームなどの汚れが台や鏡といったパーツに付着している場合があります。
汚れが目立つと状態が良いものでも価格が下がったり、そもそも買い取ってもらえなかったりする場合があるので、汚れを拭き取っておきましょう。
ただし、洗剤やクリーナー、油性ワックスなどの使用は本体を傷つけたり、塗装面に傷やシミができたりする可能性があるので注意しましょう。
柔らかい布で乾拭きするか、硬く絞った布巾で軽く水拭きする程度にしましょう。
鏡は窓・ガラス専用のクロスで拭いたり、重曹を溶かした水を使って拭き掃除したりすると、新品に近いピカピカの状態になります。
こちらも傷にならないように、優しく丁寧に拭くようにしましょう。

複数の業者に査定してもらう

査定額は家具買取業者によって違うので、少しでも高く売れる場所を見つけたい時は複数の業者に査定してもらいましょう。
ただ、査定を受けるためには業者に持ち込まなければなりません。
最近は出張査定や写真を送るだけで簡易的に査定してもらえる業者もあるので、それを活用して相見積もりを取り、比較してみてください。

ドレッサーの家具買取に対応してもらえない場合

ドレッサーが古く劣化も激しいのであれば、家具買取での処分は難しいです。
その場合はゴミとして処分しなければなりません。
ドレッサーの処分方法には粗大ゴミで捨てるか、家具回収業者を利用するかという方法があります。

粗大ゴミの場合

ドレッサーは一般ゴミとしては出せないので、自治体に回収を依頼して粗大ゴミで捨ててください。
粗大ゴミで出す場合、サイズによって異なる処分手数料が発生するので、自治体のホームページで料金を確認した上で必要な枚数の粗大ゴミ処理券を買いましょう。
指定された回収日時にドレッサーを玄関先やエントランスに出し、見える位置に粗大ゴミ処理券を貼り付ければ完了です。

家具回収業者

ドレッサーが大きくて重い、集合住宅の上階に住んでいるなどの理由で持ち出しが難しい場合は、家具回収業者に引き取ってもらいましょう。
運び出しから運搬まで対応しているので、ドレッサーを持ち出せない人も安心です。
家具買取をやっている業者の場合はリサイクルショップとは違い、回収にも対応できる場合があります。
売れるかどうか判断が難しく、売れなかった場合の処分に悩んでいる時は家具買取と回収の両方に対応した業者を利用すると便利です。

ご紹介した特徴に当てはまるドレッサーを持っていれば、家具買取で利益を得ながら処分できるので一石二鳥です。
売る前にドレッサーは綺麗な状態にしておきましょう。
東京や埼玉など首都圏で活動するエコスマイリーもドレッサーなど家具の買取と回収を行っています。
査定は無料なのでドレッサーを売りたい時はぜひご相談ください。

タイトルとURLをコピーしました