学習机はどう処分する?高額買取の可能性は?

不用品回収・買取を依頼する人の中で、学習机の処分に悩んでいる人は多いです。
ピカピカの1年生が憧れる学習机は簡単に壊れる家具ではないものの、多くの人は高校卒業のタイミングで使わなくなるというデータもあります。
使わなくなった学習机が、いつまでも実家の部屋にあるという人も多いでしょう。
今回は、実は処分に困っている人が多い学習机の回収・買取についてご紹介していきます。

学習机は買取難易度が高め

一般的なデスクと比較して、学習机は大きくて重い家具です。
収納に便利な棚がついていたり、成長に応じて高さを変える天板昇降機能などがついていたりする学習机は大きさも重さもあるため、リサイクルショップなどが扱いたくないアイテムでもあります。
店頭の限られたスペースに大きな学習机を置くことになるため、そもそも買取不可としているお店も多いです。
また、学習机には流行があるため、今の高校生が小学1年生だった頃の学習机を買いたいというニーズはほとんどないと言って良いでしょう。
「ピカピカの1年生にはピカピカの学習机を」という親御さんの思いは強く、残念ながら中古品の学習机は売れにくい商品となります。

不用品の学習机は粗大ゴミに分類される?

不用品となった学習机はゴミとして捨てるのも、なかなか大変です。

燃えるゴミなら分解が必要

自治体のごみ回収ルールで「燃えるゴミ」として捨てる場合は、学習机を分解する必要があります。
パーツで組み立てるタイプの学習机で、自治体の「燃えるゴミ」袋のサイズに入るパーツサイズなら、燃えるゴミの日に回収してもらえます。
燃えるゴミの袋代のみで捨てられるので料金的には安く済むでしょう。
ただし、燃えるゴミ袋に入らない大きさの場合は、粗大ごみ扱いとなります。

粗大ゴミなら搬出が大変

購入した時に組み立てた学習机でも、ネジなどで組み立てて年数が経過していると分解は簡単ではありません。
手間と時間と労力を使って分解にチャレンジしても、燃えるゴミのサイズまで小さくならない場合は多いです。
学習机を粗大ごみとして出す場合は、自治体のごみ処理券を購入して指定の日時に自宅前など指定の場所に出しておきます。
学習机の処分に必要な粗大ごみ券の金額は自治体によって違い、勉強机のサイズや形によっても違います。
処分費用の目安は1,000~2,000円で、詳しくは住んでいるエリアを管轄する粗大ごみ受付センターに確認してください。
基本的に自宅からの運び出しが必要です。
粗大ごみ受付センターに直接持ち込むか、自宅前などに指定の日に出しておくかのいずれかになります。
学習机はサイズが大きく、しかも持ちにくいため、大人2人以上での運び出し作業となるでしょう。
もし、2階の部屋などに学習机を置いている場合は、壁にぶつけないよう、自分たちがけがをしないよう、慎重な作業が必要です。

不用品買取で学習机が高額査定になるケース

家具の扱いに慣れていない人にとって、家具の分解や重い学習机を動かすことは簡単ではありません。
学習机を処分するなら、不用品買取・回収の専門業者に問い合わせることをおすすめします。
実は、長く愛用した学習机を高額買取につなげている人はいます。
ここからは、学習机で高額査定が出るケースについてご紹介するので参考にしてみてください。

木製の定番学習机

流行のキャラクターデザインなどトレンド学習机は時代遅れとなり買取が難しくなります。
対して、質の良い木製デスクなど、長く愛される定番の学習机は高額査定につながる可能性が高いです。

新しい学習机

不用品の買取では新しく状態の良いものは高額査定が出やすくなります。
学習机は窓際に設置することが多いので、日焼けなど状態が悪化しているケースが良くあります。
経年劣化は査定に響くため、売り時を見極めて早めに売りに出すと高額査定につながりやすいです。

12~2月に売りに出す

学習机は季節商品としての側面があるので、買い手が付きやすい時期を見て査定に出すと高額査定の可能性が高まります。
多くのリサイクルショップでは12~2月頃に学習机の高価買取を行うので、タイミングよく査定に出すのもコツです。

ブランド別学習机の買取価格傾向

学習机もブランド品・メーカー品なら高額査定が出やすくなります。
もし、処分したい学習机が有名ブランド・メーカーのものなら、不用品買取・回収業者に査定を依頼しましょう。
ブランド・メーカーごとに目安となる学習机の査定額をご紹介するので、査定額を判断する参考にしてみてください。

カリモクの学習机

落ち着いた木のデスクが長く愛されるカリモクの学習机は、小学校低学年から中高生・大学生まで使える大人向けのデザインが魅力です。
状態によるものの、幅100㎝の学習机が50,000~60,000円で買取成立しています。
天板が昇降するタイプの学習机シリーズも、55,000~60,000円位が買取目安です。

イトーキの学習机

学習机市場でトップクラスのシェアを誇るイトーキは、人気が高いため高額査定が出やすい傾向があります。
子供の生活スタイルに合った学習机を開発しているので、状態とモデルによっては60,000円以上の高額査定が出るケースも少なくありません。

小島工業の学習机

子供の成長に応じて形を変えられる小島工業の学習机も中古市場で根強い人気です。
アパートなどで使いやすいコンパクトな学習机なら、30,000円前後、上棚とのセットで50,000円位の高額査定も出ています。

イケアの学習机

ノーブランドの扱いとなるイケアの学習机は、状態が良い場合でも買取価格は3,000円が限界でしょう。
粗大ごみに出すよりも、無料引き取りが得というレベルで考えてください。

ニトリの学習机

イケア同様ニトリの学習机もノーブランド扱いとなるため、高額買取は期待できないでしょう。
処分費用が必要となる可能性が高く、状態が極めて良い場合でも査定額は500~2,000円程度となるのが一般的です。

学習机は家具の中でも処分が難しいアイテムです。
大きくて重い学習机を処分するなら、不用品買取・回収の専門業者を利用することをおすすめします。
エコスマイリーでは1点からの見積もりが可能なので、学習机の処分に迷っているならお気軽にお問い合わせください。

タイトルとURLをコピーしました