車のタイヤは不用品買取回収業者に依頼できる家財?タイヤのリサイクルまとめ

不用品買取回収業者の多くは、買取回収可能なものを家財と表記しているところが多いです。ではタイヤは家財に分類されるのでしょうか。ここではタイヤのリサイクルについての情報を詳しくまとめていきます。

 

 

タイヤは不用品回収業者に回収依頼できる家財に分類されるか?

タイヤは家庭で使用していた車に利用していた場合でも分類上、産業廃棄物となります。そのため不燃ごみとしてそのままゴミ捨て場に捨ててしまうことはできません。仮にゴミ捨て場に不燃ごみとして捨てた場合も、不法投棄とみなされ刑事処罰を受ける対象になってしまいます。

 

ではタイヤは不用品買取回収業者へ買取または回収を依頼することができるのでしょうか。結論から言えば、不用品買取業者へ買取や回収を行ってもらうことができる場合が多いです。基本的に不用品買取回収業者はタイヤを家財として取り扱っており、法に則った適切な処分を行ってくれます。

 

タイヤは一般的にイメージする家財には含まれないような気がしますが、分類上家財として捨てることができる仕組みになっているようです。しっかりと許可を得ている不用品買取回収業者に依頼するようにしましょう。

 

タイヤをリサイクルする方法一覧

車の買い替えやタイヤの買い替えで、まだ利用できる状態のタイヤである場合には、タイヤを売却することができます。まだ利用できるかどうかの明確な基準はなく、買取査定を依頼したところの基準に従うことになります。

 

タイヤをリサイクルする方法は次の通りです。

 

・タイヤショップへ持ち込み

・カー用品店へ持ち込み

・車を購入した販売店への持ち込み

・オークションサイトを活用

・自動車修理業者への持ち込み

・不用品買取業者へ依頼

 

基本的には自動車関連のお店へタイヤの買取査定を依頼することになります。これら自動車関連のお店が必ず買取査定を実施しているわけではないため、事前に問合せを行った上で査定を依頼してください。

 

中古タイヤは製造年月日やタイヤの状態である程度相場価格は決まっています。自分自身で持ち込みを行う必要がありますので、複数社に買取査定を依頼するのは大変です。より良い条件で売却したいと考えている方は複数業者へ依頼することをおすすめしますが、相場価格がある程度決まっているものであるため、それほど買取価格に差がないと言われています。

 

1点異なるのは不用品買取業者へ査定を依頼する際です。この場合持ち込みだけではなく自宅にて買取査定を行ってもらうことができることも多いですので、タイヤを自分自身で運び出す手間がいりません。

 

またインターネットオークションサイトにて中古のタイヤを出品することも可能です。専門的知識がなくても出品することはできますが、状態に嘘偽りのないよう注意が必要です。この場合では持ち込みに比べて買取額が高まる可能性が高いですが、自分自身で発送等を行う必要があります。

 

 

タイヤを処分する方法一覧

タイヤが古くなり買い替えた場合など、タイヤの状態が良くない場合にはタイヤを処分する必要があります。タイヤは基本的にゴミ捨て場にそのまま捨てることのできないゴミになりますので、タイヤを処分する方法を理解しておく必要があります。

 

タイヤを処分する方法は次の通りです。

 

・タイヤショップへ持ち込み

・カー用品店へ持ち込み

・車を購入した販売店への持ち込み

・自動車修理業者への持ち込み

・不用品回収業者へ依頼

 

基本的にはタイヤをリサイクルする場合と同じです。買取査定同様、必ずタイヤを処分してくれるわけではありませんので持ち込みを行う前にタイヤを処分してもらうことができるかどうか問合せを行っておくと良いでしょう。

 

タイヤは1本あたり500円程度で回収してもらうことができるようです。タイヤのサイズ等や地域により回収費用は異なるようですが、回収する場所による費用差はほとんどないと言われています。

 

ただし不用品回収業者へ依頼する際は別で、持ち込みではなく回収に来てもらうことになるため回収費用は他に比べて高くなりがちです。しかし自分自身でタイヤを運ぶ手間がありませんので、すぐにでも簡単に処分してしまいたいと考えている方には不用品回収業者へ依頼することがおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました